*
とじる
*
とじる
*
とじる

新市街の玉屋通り入り口にある「焼鳥・鳥唐 えびす丸」さん。焼き鳥屋なので夜の営業が中心と思いきや、ランチにもかなり力を入れています。昼夜変わらず同じ食事メニューを提供してくれるありがたいお店です。


酒のつまみだけじゃない!丼も定食も昼夜変わらず提供!

最近にわかに注目の「玉屋通り」。この細い道には、「タマヤ」のように飲食店の新規出店も多く、隠れ家的な雰囲気からも人気のエリア。

その玉屋通りの新市街アーケード側入口右にあるのが、焼き鳥の「えびす丸」です。

焼き鳥屋さんだから夜だけのお店かと思いきや、毎日昼の11時半からオープンで、昼食の定食物や丼飯の提供をされています。

しかも、この食事は品切れしない限り、営業終了の23時まで、いつでも注文することができます!

夜も食事メニューだけ頼めるので、「今日は車で飲めないけど…」といった方の夕飯にもぴったり。

15時までのランチタイムには、ご飯が無料で大盛りにできたり、ドリンクが一杯だけ100円というサービスも。それ以外は昼と夜のメニューに違いがないので、いつ訪れても楽しめます。

店内はテーブルがならぶ居酒屋風

店内はテーブル席が並ぶ、普通の居酒屋さん。ランチタイムには昼食で訪れた方から、昼飲みを楽しむ方までさまざま。

メニューはこちら

がっつり食べられるご飯物。昼夜問わず同じお値段!人気はやはり焼き鳥丼!唐揚げ定食や、焼き鳥のカレーというメニューも人気だそうです。

定番の唐揚げ定食!

焼き鳥屋さんの唐揚げ定食ときくと心がおどります!もちろん、メインの唐揚げも美味しいですが、副菜もちゃんとついていて嬉しいです!

塩唐揚げも熱々でジューシー! さすがは鶏肉をよく知る焼き鳥屋の唐揚げですね!

味も濃いめでご飯も進みます。

唐揚げには、タレかカレーパウダーの二種類が選べました。

人気の焼き鳥丼も登場!

お食事メニューでの人気No.1なのが、この「焼き鳥丼」です!

ランチは大盛りが無料なので、大盛り丼にしてみましたが、ボリューム満点!

間違いなく美味い! 焼き鳥好きをうねらせる丁寧な仕事ぶりと絶妙な味付けの焼き鳥がゴロゴロと!

油の具合もちょうどよく。食事としても酒のつまみとしても、どちらでもイケる優秀な食材です。

なにげにこのワンポイントの長ネギも美味い!さすが焼き鳥屋さん…。

ほぼ無休でいつでも食べられる焼き鳥が素敵です!

前を通ると常にお店が開いている印象があるので、お腹が空いたらいつでも入れる安心感があります。

今回はお酒までは飲みませんでしたが、ぜひ次は念願の昼飲みで、昼から赤ら顔で、夢の休日を過ごしてみたいと思います!

焼き鳥・唐揚げはテイクアウトもできますので、お土産にもいいですね!

■焼鳥・鳥唐 えびす丸■

住所:熊本県熊本市中央区新市街6-19  玉屋通り入口

電話:0120-156-105

営業時間:11:30~23:00(ランチサービスは15時までですが、食事は閉店まであります)

定休日:無休

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03