*
とじる
*
とじる
*
とじる

【熊本市南区】熊本港そばで出会った新築のカフェで、素敵な中庭を眺めながら癒しのランチタイムを過ごしてきた【ふぉれすと】

ライター:次郎 次郎

こんにちは次郎です。

今回は  熊本新港近くにあります カフェ、「ふぉれすと」さんへ行ってきました。

すごく魅力的な店舗だったので紹介していこうと思います。


熊本新港そばにある大人モダンなカフェ

長崎ー熊本間を渡る際、よく熊本フェリーをよく利用するのですが、ある日長崎からの帰りに57号線を走ってた際に「すごくスタイリッシュなお店が出来てるなぁ〜、、、」と気になってたのがこちらのお店「ふぉれすと」さん。

57号線沿い。熊本新港から熊本市街地方面へ向かうと左手に見えてきます。

黒と茶色を基調とした平屋の建物。植物がたくさん生い茂っているのもお店の名前に合ってます。

駐車場は10〜15台くらい停めれそうでしたが、土日祝日等混雑しそうな日は乗り合わせがおすすめです。

開放感のある癒しの店内

どの席も窓が多く、自然光が綺麗に差し込むので素敵な中庭と、店外を眺めることができるもの個人的には推しポイント。

中庭。立派な木と手入れが行き届いていました。

「ふぉれすと」というお店の名前にぴったりな緑あふれる空間です。

小さめの木が多かったので、これからどんどん木が成長するともっと森っぽくなるのかなと想像が膨らみました。

ボックス席のほか、座敷が2つとカウンター席が5つありました。40〜50人くらいは収容出来そうな超広々空間。

座敷席にはカラフルなクッションがたくさんあって、子連れの方も嬉しいですね。

カウンター席。1人での来店時はもちろんだけど友人と来ても座りたくなる場所。

こういった店内デザインや植物の配置を眺めているだけでうっとりします。。

健康思考のメニュー達

こちら、メニュー表。

ランチの注文はセットメニューで、それぞれメインを選ぶというシステム。

僕含め3人で来てたんですが、それぞれ別のメインを注文しました。

じゃーーーん!!!

凄い、、、、広々としたテーブルなんだけど一気に料理達で溢れました!

最初に来たのはセットメニューのサラダ。

色とりどりのサラダの内容は季節によって変わるみたい。こちらの自家製のオニオンドレッシングとの相性はバツグンでした!

次に運ばれてきたのはこちらのプレート。

ご飯と汁物と小鉢とデザートがセットで乗っていました。

品数が多くて、まるで懐石料理のよう!

主食は白米か二十五穀米か手作りパンから選べます(今回は二十五穀米を選びました)。

コーンスープ。これは間違いない。
小鉢は日替わりらしく、今回は茶碗蒸し、豆腐、千草焼、酢もずくでした。
豆腐のこのモッチモッチ感!
茶碗蒸し。お出汁の風味がとても優しかった。
野菜もたくさん入った千草焼。盛り付け方もちょこんとしていてお上品。
そして、待ちに待ったメイン。
僕が選んだのは「白身魚のムニエルトマトソースがけ」。

外はカリカリ、中はフッワフワな白身魚と、さっぱりとしたソースの相性が抜群。カラフルな野菜たちがたくさん入っていて、夏にぴったりなメニューでした。

ちなみに友人が頼んだ和風ハンバーグとビーフライスはこちら!

「自家製ダレの和風ハンバーグ」。

ハンバーグの上に、たまねぎたっぷりのソース、大根おろし、かいわれ、ネギ、大葉、、、野菜もたっぷりで健康的な一品でした。

「Beef with ライス」。

ニンニクのきいたライスにこんがり焼いたお肉が乗っていてガッツリ食べたい人はおすすめかも!

最後にセットドリンクのアイスコーヒーと、トロットロのミルクプリン。

食後の甘いものって嬉しいよね。

品数が多く、そのボリューム感に大満足でした!

こちらのナンバープレートが伝票代わりでした。

まとめ

とても居心地が良くて、ランチタイムが終わる15時まで楽しく過ごすことができました。

ご飯が美味しくて、お店もおしゃれで大満足!

子供からお年寄りまでのんびり過ごせるような空間になっているので、大切な人と共に是非足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

また、カウンター席もあるのでお1人でオトナなカフェタイムを過ごすのもアリですね。

ごちそうさまでした!また来ます!

ふぉれすと

営業時間

ランチタイム 11:00~15:00 (ラストオーダー 14:30)
ディナータイム 18:00~20:30 (ラストオーダー 20:00)

定休日

水曜日

Instagram

https://www.instagram.com/10106.forest/

住所

〒861-5255熊本市南区砂原町289-1

電話番号 096-274-8909

ライター紹介

次郎

次郎

熊本出身。写真撮影が趣味で、カメラマン業もやってます。おしゃれで可愛いカフェや、色んな街を巡り交流することが大好きです。

このライターが書いた他の記事

【熊本菊陽町】本当は教えたくない!オシャレで超濃厚な鶏白湯ラーメンが熊本に初上陸【鶏白湯ラーメン神田。】

2023.11.10

【菊池市】道の駅 旭志から徒歩5分!本格的な洋食コースランチや瓦で焼くステーキをお腹いっぱい堪能してきた【洋食炎陣】

2023.08.24

【阿蘇郡西原村】馬スジが堪能できる地元のスーパーが食の宝庫過ぎて優勝だった【全日食チェーン 高遊原店】

2023.06.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

【熊本市中央区】歩行者専用信号の赤信号が残り半分だった場合、待つか地下に行くかどっちが早いか検証【鶴屋前】

2024.05.06

PUBLIC RELATIONS

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal