*
とじる
*
とじる
*
とじる

車で通り過ぎる際に見つけた中央区保田窪にあるとっても可愛いお家。調べてみるとコーヒー焙煎工房でした。

雑音を遮断された素敵空間の「銀羊・舎」さん。美味しい珈琲とケーキ、そして贅沢な時間を頂いて参りました。


場所は産交バス保田窪入り口バス停前

隣にコインパーキングのある可愛いお家。道沿いなのですぐに見つけられますよ。

珈琲の香ばしい香りが漂ってきます。

初めてのお店に行くときはいつもドキドキワクワク。

店内は広々。優しいオーナーご夫婦が笑顔で迎えて下さいます。

車の騒がしい道沿いにありながら、一歩お店に入るとオーナーさんこだわりの音楽だけが流れ、

ゆったりとくつろげます。

様々なイベントを開催

喫茶店でありながら、展示会、コンサートなど様々なイベントも行われています。

こちらは私が伺った際に展示されていた「Mの時点」の世界展。(現在は終了しております)

オーナーさんが丁寧にお話をしてくださり、少し賢くなった気分。

また新たな展示会がありますのでご期待下さい。

12月3日には「クリスマスライブ」も行われます。イベント等に関しましてはにてご確認下さいませ。

イベントの関係で喫茶が臨時休業になる場合がございます。くれぐれもご確認の上ご来店されてください

優しい音楽を聴きながら柔らかな味の珈琲とふんわりシフォンケーキ

こちらの喫茶点ではむぎほっぺさんのシフォンケーキとオリジナルブレンドの珈琲を出されるという事で

早速注文。

抹茶のシフォンケーキとホットコーヒー。

ドライフルーツ入りパウンドケーキ。ヨーグルト添え。

ほっわほわのケーキと軟水で入れられた珈琲。とろけるようなヨーグルト。そして優しいご夫婦のお話。

全部の感触が優しくて、しばし取材を忘れてぼーーっとしてしまいました。

こちらは水出し珈琲。

かなり濃く入れているので、ご自分で薄めて調節してくださいね、とお水とキャラメルシロップも。

どちらの珈琲も口当たりが柔らかく、お店の雰囲気そのもの。

美術館のような店内で味わう珈琲とケーキは格別なものでした。

ホットサンドやアルコールなどのメニューもあります。

お持ち帰りの品も沢山

珈琲はもちろん、お持ち帰りのパン屋お菓子もありました。

オリジナルブレンドコーヒー「RIKU」「UMI」「SORA」は、好みをお伝えすると選んでくださいますよ。

プレゼントにも人気の品だそうです。ちなみに珈琲の名前の由来は甥っ子さん三兄弟だそうです。

お持ち帰りもしましたが、まろやかでとても美味しかったですよ。

軟水で入れるのがお勧めです。

モバイル会員には様々な特典

取材に伺った日はモバイル会員さんのお誕生日だったようで、お祝いをされていました。

とても素敵な雰囲気でしたので許可を頂き撮影と「おめでとうございまーす!」を一緒に。

譜面の紙を入れて鳴らすオルゴールをオーナーさんが鳴らし、珈琲とケーキでお祝い。

素敵です~。お客様もとても喜んでおられました。

モバイル会員につきましてもHP にてお知らせしてありますので是非!

何から何までアートな店内。

また来ますと、ストレスフリーの笑顔で帰宅しました。

しばし日常を忘れて音楽を聴きながらゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

銀羊・舎では珈琲セミナー、朗読や敬語のセミナー、ライブなど楽しいイベントを不定期に開催されています。

そのため、昼間臨時休業になる事がありますので、ご確認の上ご来店下さい。

「訪れるものに安らぎを。去り行く者に祝福を」をモットーとし、美味しい珈琲をご用意してお待ちしております、とのことでした。

銀羊・舎

住所

中央区保田窪1-1-67

TEL

096-201-4270

営業時間

11:00~19:00

定休日

水曜日

そのほかイベント等の準備で臨時休業になる事がありますのでHPやInstagramにてご確認ください。

Instagram

https://www.instagram.com/teiko_iwamura_ginyosha/

銀羊・舎

駐車場

隣にコインパーキングあり

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ひらの

ひらの

古いもの好きでも新しいもの好きでもない、好きなものが好き!な映画マニアの洋服作り人。 熊本の好き!をガツガツ探します。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal