*
とじる
*
とじる
*
とじる

合志市御代志の住宅街に発見!レトロな雰囲気のカフェ「てふてふ」

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター

合志市御代志の菊池電車終点御代志駅より歩いて五分ほどの場所に、小さなおうちがあります。大きな看板もなく、ひっそりと「カフェ」と白い文字があるおうち、それが「てふてふ」です。

店内では雑貨の販売と、子育て真っ最中の主婦目線で作られた食事が提供されています。見て良し食べて良しのお店「てふてふ」に行ってきました。


内装もすべて自分達で手作り!昭和モダンなお部屋

住宅街を少し進むと、すぐにありました。入り口には小さな看板。ここが「てふてふ」です。

一見して普通のお家ですが、安心してドアを開けて入ってください。

内装は長い時間をかけて、経営陣の主婦の方々で完成させたそうです。長い間廃墟になっていたり、地震で傷んでいたりと大変だったようですが…

ご覧のように素敵な空間に変身。

一人一人がゆっくり座れるように、余裕を持った配置になっています。

子供さんたちがハイハイをしたり、寝かせられたりできるように、クッション性のあるお部屋で、スペースも広くとってあります。

絵本やおもちゃ、ベビーチェアなども置いてあります。

メニューは選べる4種類!

メニューは4種類から選べるランチが1000円(税込)。スープ、サラダ、ライス、ドリンク付きで、チキンステーキ、ハンバーグ、チキンカレー、海老とブロッコリーのペペロンチーノからメインを選べます。

手書きのメニューに温かさを感じます。

チキンカレーはトマト仕立てのオリジナルカレー。

ハンバーグは、豆腐入りっていうところが、うれしーヘルシー。

「海老とブロッコリーのペペロンチーノ」はピリ辛のヘルシーメニュー。

そして食後のデザートもあります。

「てふてふ」の手作りケーキ。

ケーキセットや単品もありますが、ランチを頼めばプラス300円でいただけます。

完全予約制のデザートビュフェ

デザートビュッフェという超贅沢企画は予約制(3日前までにお願いします)になりますのでお店にお問い合わせください。

お店自慢のスイーツが、ずらりと並んで食べ放題です。

注文した後は雑貨のスペースでいいもの探し

美味しい料理が楽しめる他にも、ハンドメイド作家さんたちの雑貨が「え?安すぎない?」という値段で所狭しと並べてあります。

リサイクルのお洋服(ほぼ新品)もあります。

お食事が出来上がるまでの間、しばしかわいい~かわいい~と言って眺めてしまいます。

「雑貨だけでもお気軽に見に来られてくださいね。」とお店の方が言われていました。ぜひ。

1000円とは思えないボリュームのお食事!火曜と木曜は玄米を選べる日!

ヘルシーなおかずに加えて「玄米の日」が火曜、木曜に設けてあります。丁寧に炊いてあり「これがあの食べにくいと噂だった玄米なの?」と思うほど柔らかく食べやすいです。そして美味しい。炊き方を工夫されているそうです。教えて欲しい…。

ご飯は玄米。メインのおかずは「海老とブロッコリーのペペロンチーノ」をチョイス。辛くて美味しい!

こちらはパスタ。

お野菜も可愛く盛り付けてあります。美味しくいただきました!

こだわりの手作りケーキ

取材に行った日が、お雛様週間だったということでメニューに載っていないこーんな可愛いケーキが出てきました。

断面がきれいな色合いです。

「ケーキはいろんなイベントに合わせて変えているので、また違ったものが出ると思いますよ」と言われていました。乞うご期待!

ぜひグループでデザートビュッフェのご予約を。夢のような光景が見られると思います。

まとめ

御代志駅近くでひっそりと営むお家カフェ「てふてふ」。玄関をあけると「お邪魔しまーす!」と言ってしまいそう。子育て真っ最中のパワフルな店員さんばかりなので、子育てに関する意見交換もできますよ。

カフェ・ハンドメイドギャラリー てふてふ

住所

合志市御代志1837-6

営業時間

10:00~16:00

定休日

土・日曜日

電話番号 080-2797-5205

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

合志市御代志にオープンした「肥後和菓子処 京櫻(きざくら)」!和菓子はもちろん、内装まで手作りの素敵なお店!

2019.06.28

こちょこちょとくすぐられる可愛さ 全国のハンドメイド作品が集まる雑貨屋「Cocho Cocho(コチョコチョ)」

2019.05.18

最高のおもてなしに何度でも通いたくなる合志市須屋の「ごとう食堂」

2019.05.11

Made in 熊本のファッションブランド!今年1月にデサキ熊本菊陽店にオープンした「gogaku」

2019.04.26

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【勝手に調査してみた!】街中にあるオシャレな看板っていくらぐらいするの??

2019.10.30

小麦の香りと10種類の味が楽しめる!食パン専門店「VIKING BAKERY F」が10月19日(土)、桜町そばにオープン!

2019.10.17

秋だ!ビールの季節だ!下通の「KAEN」が毎日ビールフェスだと聞いて乗り込んできた!

2019.10.09

PUBLIC RELATIONS

【勝手に調査してみた!】街中にあるオシャレな看板っていくらぐらいするの??

2019.10.30

小麦の香りと10種類の味が楽しめる!食パン専門店「VIKING BAKERY F」が10月19日(土)、桜町そばにオープン!

2019.10.17

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal