*
とじる
*
とじる
*
とじる

まるで異国を訪れたかのような癒しの空間!中国茶専門店「茶坊 玉蘭」

ライター:ちえ ちえ

連日の暑さに、気力・体力ともにそがれていくような気さえする今日この頃。今回は、日頃お疲れの方も心身ともに充電できるような、癒しの中国茶専門店「茶房 玉蘭」をご紹介したいと思います。


お店に入るとそこはもう別世界

こちらが中央区薬園町の浄行寺交差点すぐそばにある「茶坊 玉蘭」。緑に囲まれた風格のある看板と入口です。

3号線沿いにありながら、中に入るとそこは喧噪から離れた別世界!古民家と赤いちょうちんが、台湾の九份を思わせるような雰囲気です。

お庭の見える席や、畳敷きのテーブル席があり、古民家ならではの居心地のよい空間に癒されます。

お茶は、こちらのテーブルで丁寧に淹れてもらえます。

ランチ&お茶のメニューがこちら!

こちらがランチメニュー。メインを選ぶことができ、それに万頭、水餃子、スープ、小皿、お茶、デザートまでがついて1,000円もしくは1,100円とお得な内容です。

お茶はこちらのメニューの中から選べます。紅茶・黒茶・青茶などがあり、健康効果や味のコメントもついているので、選ぶ時の参考になります。「今年の夏は一段と猛暑になりそうです。健康に留意し、乗り切って下さい!!」というあたたかいメッセージまで…!思わぬエールに、「えぇ、乗り切りますとも!」とこちらも気合いが入ります。

絶品ランチに感激!

心に汚れはなけれど、内臓が汚れている気がした私は、内臓の汚れを落とす効果があるという「四川野生苦丁茶」と「豚角煮」をオーダー。

お茶はガラスの容器に鮮やかな黄緑色の茶葉。飲んでみると、多少の苦味はあるものの、それすらさわやかに感じられるほどの飲みやすさ。

やかんでお湯ももらえるので、お茶は数杯楽しめます。

こちらがランチセット。万頭にふわふわ卵のスープ、水餃子、麻婆豆腐、大根のなます、きゅうりまで、小鉢類もたくさん!

豚角煮はお箸を通すとほどけてしまうほどの驚異的な柔らかさ!あっさりとした味付けで仕上げられているので、暑い夏でも食が進んでしまうおいしさです。脂身もとろける食感で、それはもう絶品でした!

デザートに杏仁豆腐までついてきて、幸せここに極まれり!

まとめ

街なかにありながらも、落ち着いた雰囲気で料理とお茶が楽しめる「茶坊 玉蘭」。健康に良いお茶が楽しめて、気持ちもリフレッシュできるオススメのお店です。皆様も癒しの空間で、ゆったりとした贅沢なひとときを楽しんでみられてはいかがでしょうか。

■茶坊 玉蘭■

営業時間:11:30~15:30 夜は予約のみ
定休日:月・水・日曜日
TEL 096-344-5658
住所:熊本市中央区薬園町1-9

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

【西原村】元気をチャージできる「萌の里」のひまわり畑!今なら切り花お持ち帰りも

2024.07.08

【合志市】お肉には自信あり!あの有名焼肉屋の新しい挑戦「とんかつ きく富」が6月28日(金)オープン

2024.07.03

【高森町】東京ドーム約1個分の広さ!!時間無制限で狩り放題のブルーベリーの楽園「アソブル」が7月13日(土)オープン!

2024.06.30

【南阿蘇村】まるで絵本の世界!森と溶け合える癒しのひとときが過ごせる素敵なカフェ・ギャラリー「緑の小箱」

2024.06.29

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

PUBLIC RELATIONS

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal