*
とじる
*
とじる
*
とじる

Nゲージ

って知ってます?

Nゲージ(エヌゲージ)とは、レールの間隔(軌間)が9mmで縮尺1/148 – 1/160の鉄道模型規格の総称である。9mmゲージとも呼ばれ、アメリカなどではNスケールとも呼ばれる。レールの幅が9mmであることから、英語の9(Nine)の頭文字をとってNゲージと呼ばれる。

て言われても、みたことない人にはサッパリよね?

百聞は一見に如かずなので見ていただきましょう。

超リアルな、動く鉄道模型です。このジオラマが置いてあるのが、人吉駅前のホテル「天守閣」の1階。大きさは南九州最大級だそうで、県外からこぞってNゲージファンが集まってくるそうです。

鉄道に全く興味なくっても、じーっと見てると目が離せなくなるんですよこれが。

ハマった人は、これに数百万円使ってるとか…。


人吉駅前のホテル「天守閣」

お城をモチーフにした人吉駅。駅を背にして右手に見えるのがホテル「天守閣」

この建物の1階に、人吉の特産品を販売するお土産処があります。

店内に入ると、人吉球磨焼酎がずらり。店内を見渡すと

「レールワールド人吉」???

お店のカウンターを見ると

コンテナが積んであり、売ってある焼酎のボトルの中には

鉄道ボトルが!

「駅前の店」って感じの店内に、ドーンと置かれているのが

Nゲージのジオラマ。舞台はもちろん「人吉駅」。

南九州最大級とあって、圧巻ですよ。

そこを、自由に走り回る列車。たーだグルグル回るのを眺めるだけではないんです、実はその列車は自分で操れるんです

これ、なんかテンション上がる!初心者でもすぐに扱える簡単操作なので、すぐに列車を操縦できます。(車両は自分で用意せなんです)

上から見るとこんな感じ↓

駅舎や周辺の建物、そして車までもライトが点くんです。そのリアルさといったら

人吉駅前のお店を忠実に再現。車のブレーキランプ点いてるでしょ。

そのクオリティに、しばし目を奪われてしまいました。

構内や車庫も芸が細かい!しかもほとんどの建物がオリジナルってことは手作りなんです。

ジオラマ全体が、夢とロマンと地元愛にあふれていて、本当飽きないんです。その中を颯爽と走る列車たちをほんのちょっとお見せします。

なんなでしょーねこの感情…胸の鼓動が高鳴る

乗せるレールによって、トンネルくぐったり、駅構内に入ったりといろんなルートが楽しめます。

4人まで一緒に楽しむことができます。4レーンあるので。

伺った日も、お客さんがマイトレインを持ち込んで楽しんでました。

利用するには事前に予約が必要になります、こちらの「レールワールド人吉」のホームページに詳細があります。

興味のある方は、ご覧になってください!

人吉といえばキジウマですが…

ホテル天守閣には、めっちゃキュートなキジウマさんがいます。

ずんぐりむっくり体型のキジウマ。これ正面から見ると

キューピーちゃん!

可愛すぎる…。

まとめ

ほんのちょっとですが、初Nゲージ体験しました。男心をくすぐるつーか、なんかワクワクしてきて、童心に帰った気持ちになります。

分岐とか、熱くなりません?実際見たらアチーでございますよ、ほんとに。

人吉駅からこの距離なので、列車を降りたら直ぐ。

列車に乗ってきたら、その乗ってきた列車を運転してる気分を味わえますよ!鉄道ファンならずとも是非行って見てください。

ハマる気持ちわかるわぁ…。

ビジネスホテル天守閣

住所

熊本県人吉市中青井町321

電話番号 0966244180

ライター紹介

伊藤

伊藤

演劇の先生やったり、アニソンやメタルのDJやったり、バンドやったり、サブカル好き思春期47歳独身。健康診断で中性脂肪が赤信号だったので、たまにジョギングすることにした。やっぱり犬が好き。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

PUBLIC RELATIONS

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

熊高、済々黌、第一、第二、北高【狭き門】はどこ!?気になったからガチで測ってみた

PR

2022.08.25

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal