*
とじる
*
とじる
*
とじる

【熊本市中央区】国の重要文化財、熊本城の長塀に描きだされる、加藤清正からのメッセージは壮大で感動的!熊本初開催のプロジェクションマッピングに行ってきた!

ライター:ぎんじろう ぎんじろう

こんにちは ライターのぎんじろうです。

熊本で初開催!熊本城、長塀でのプロジェクションマッピングに行ってきましたので、リポートします。

このイベントは、開催中のくま博2023の特別イベントの一つで、開催場所は行幸坂から熊本市役所正面まで続く「長塀通り」。

行幸坂側を入り口とした、遊歩道が一方通行となり開催されていました。


入場前にお楽しみ!地面に広がるアートを堪能!

今回の催しの入り口にあたる行幸坂のたもと、加藤清正公の銅像の足元(通称三角公園)にも、「動きに合わせて足元の映像が変化する」インタラクティブな映像コンテンツがありました。

こちらは3分毎に変化する、「水、花、虎!」の3つのテーマがあるようで歩くと、ついてくるように映像が変化しました

水面が揺れたり!

花が咲いたり!!

「虎」がついてきたり!!!

どういう仕組みなのかさっぱりわかりませんが、歩くとその軌跡に映像が浮かび上がります。

大興奮で、もう決して小さくはない息子2人と、大はしゃぎで楽しみました。

3つのテーマすべて遊んで10分くらいのコンテンツなのですが、3巡位するほど遊びました。でも、正直ずっと遊んでいられる。

いざ!本命のプロジェクションマッピングへ入場!

定員は決まっていて、毎回入れ替えとのことでしたが、待つこともなく、すんなりと入場。

長い通りに観覧者は適度にばらけていて、私が参加した回は、ちょっと人が多いかな?といった印象でしたが、十分にゆっくりと4人横並びでみることができました。

人数上限に達したら、入り口の川を挟んだ熊本城よりのところに待機場が作られているようで、次回上映まで待機するようです。

過剰な混雑への対策が取られていると、お子様連れでも安心ですね。

堀に映り込む光の反射までもが演出! 光の結び ~加藤清正から現代に繋がる絵巻物~

清正の時代から現代までをつなぐ熊本の歴史を紹介する7分程度の映像のようです。

長塀を連呼していますが、実際には石垣を含んだ全体に映像が映し出されています。

ここでは、石垣を含んだ全体を長塀と呼ばせていただきますね。

3カ所に映像を映しだす起点となる部分がありました。

光と音、迫りくる映像は大迫力です。

時々3カ所の映像がつながり、長塀全体に迫力ある映像が展開されます。

加藤清正の戦いの様子が繰り広げられるシーンは、長塀がとてもうまく利用され、息をのむ迫力です。

槍の名手だったといわれる清正を象徴する長槍が塀いっぱいに突き抜ける演出は圧巻でした。

左右から突撃する両軍の勢いと騎馬戦の迫力が伝わり大興奮。

築城のシーンは石垣がまるでテ●リスのように組み込まれていく映像が面白く、その完成形が本物の長塀の石垣へと変わる演出は、実物の黒い塀と白い漆喰が映えて、思い切り引き込まれました。

このシーンはぜひ、現場でお楽しみください!

熊本城を囲む現代の街並みに移り替わっていくシーンは現在の城下町熊本の全体を感じることができます。

時代を超えて受け継がれる先人たちの苦労や思いを感じ、熊本城とともに生きる熊本をとても誇らしく思いました。

肥後六花に始まり

肥後まり、花手箱、肥後こま、おばけの金田など、熊本の伝統的な商品が紹介されていきます。

おばけの金田を知らなかった子供はとても面白がっていました。

「皆に託す」

最後に映し出されるこの言葉は、熊本の未来を本当に清正公に託された気がします。

堀の水面に映り込む光までも計算されたような映像は、とても幻想的で、あっという間の7分間。

おすすめの見どころを考えましたが…映像すべてが見逃せない一瞬一瞬の連続でした。

それでも敢えて上げるとすれば、やはり加藤清正公が戦いを制し、熊本城を築城するまでの前半部分でしょうか。圧倒され、引き込まれました。

通りのどこからでも楽しめるように設計されていましたが、中心は城見櫓前になるので、そこから見るのがおすすめですよ。

私は歴女でもなんでもありません。

いや、どちらかというと、加藤清正公の偉業など知らない方だと思います。

そんな私でも、今回のプロジェクションマッピングを見て、清正公にも熊本城にも興味が出てきました。

期間限定!残すところあと4日間!

このプロジェクションマッピングは10月末まで毎週土曜・日曜に開催されます。

残りはあと4日間!ぜひ、足をお運びください!

10月21日(土)

10月22日(日)

10月28日(土)

10月29日(日)

時間:18:30~20:40

ライター紹介

ぎんじろう

ぎんじろう

興味があればとりあえず始めて…形から入り道具をそろえるタイプ。 多趣味なのでものがあふれていますが、片づけは壊滅的に下手です。 声フェチでアニメ好き!夜な夜なアニメ視聴なので、割と慢性的に睡眠不足です。 ただ…睡眠時間が短くても影響なかった身体が、最近は言うことをきかなくなって困ってます。

このライターが書いた他の記事

【熊本市中央区】小さなお菓子屋さん pour toi (プフトア)で飲み物のようなシュークリームに感動!

2024.05.22

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

【熊本市中央区】歩行者専用信号の赤信号が残り半分だった場合、待つか地下に行くかどっちが早いか検証【鶴屋前】

2024.05.06

PUBLIC RELATIONS

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal