*
とじる
*
とじる
*
とじる

客の要望から生まれた「まつや食堂」の持ち帰り弁当が、美味しくて満足感たっぷり!

ライター:かなこ かなこ

熊本の飲食店応援企画!

新型コロナの影響で心配事は尽きませんが、人間の活力源となる食事の時間は、嬉しくて幸せな時間であってほしいと切実に願う今日この頃。

今回、北区山室にある「まつや食堂」に行ったところ、美味しくてお手頃価格でボリューム満点の持ち帰り弁当に出会いました。早速ご紹介しますね!


北区山室の飛田3丁目交差点にある「まつや食堂」

「まつや食堂」は、北区山室の飛田3丁目交差点にあります。

初めて行く際は駐車場が分かりにくいですが、第1駐車場に加え、大型車OKという広々とした第2駐車場が近くにあるので探してみてくださいね。

店内は昔ながらのアットホームな雰囲気。常連客も多いようです。

カウンター席やテーブル席のほか、お座敷スペースもあります。

入り口には、新型コロナ対策として除菌スプレーが設置してありました。

客の要望から生まれた持ち帰り弁当はこちら

現在、双子姉妹で営業している「まつや食堂」。昭和52年に伯母が創業した「松屋」の味を守り、引き継いだものなんだそうです。

「まつや食堂」のメニューは、常連客の熱い要望から生まれたものが多いんだとか。

もちろん店内でも食事ができますが、新型コロナの影響があり、最近はお持ち帰りメニューの注文が増えているそうです。近隣の会社や病院などからのまとまった注文も多いよう。

「まつや食堂」の持ち帰りメニューは、ほかにも数多くありますが、その中でもお客様の要望から生まれたというお弁当が下記の通り。

・350弁当(税込350円)

・まつや弁当(税込540円)

・やきめしコンビ(税込590円)

・焼肉コンビ(税込690円)

・野菜炒めコンビ(税込690円)

常連客の好みやご要望を聞きながら、ひとつひとつを形にして出来上がったお弁当で、これら全てに「からあげ」が入っているのが特徴的。

常連客の要望として必ず入る「からあげ」!!!どんなものなのか気になりますね。

「まつや弁当」を注文しました

こちらが双子の妹の川野真里さん。明るくて気さくで、笑顔が素敵な方でした。

今回、私が注文したのは「まつや弁当」(税込540円)!!!

出来上がった「まつや弁当」を川野さんに持って頂いたんですが、まず驚いたのはこのボリュームです!!!写真から伝わりますか?

お弁当箱にぎっしり詰まったおかずとご飯。持ってみたらずっしりと重い!!!出来立ての状態ではすぐに蓋が閉まりませんでした…蓋が持ち上がってしまうほどのボリューム感。

めちゃくちゃ空腹の状態で、車中で良い香りを漂わせながら、「まつや弁当」を持ち帰りました!

持ち帰ってすぐに実食!

食欲をそそる香りに我慢が出来ず、帰宅後すぐに、まだ温かさの残る持ち帰り弁当を実食!

まずは、気になる「からあげ」から。

口に入れると気持ちがよい音がするほど、ほんっとに皮がサクサク!!!持ち帰る間に少しだけ冷めていても、皮はパリッパリで美味しい!!お肉は柔らかくてジューシー。付け合わせのマヨネーズと一緒に食べても最高でした!

香ばしい香りの「やきそば」は、昭和52年創業当時から守り続けてきた変わらない味なんだとか。

シャキシャキの野菜に、甘めの味付け。昔ながらの懐かしい味にほっこりとしました。子どももすごく好きそう!

付け合わせの塩コショウはお好みで。塩コショウをかけると、ガツンとインパクトのある味に様変わりして、驚くほどの変化を楽しめました。

玉子焼きは分厚く、甘めの優しい味でした。

まとめ

食事の時間が楽しみになるような「まつや食堂」の持ち帰り弁当。新型コロナの影響で困っている人に活用してもらいたいと川野さんはおっしゃっていました。

持ち帰り弁当は、17:30まで受取りが可能。注文後ひとつひとつ手作りしているため、受取り時間は注文時に確認してくださいね。単品メニューの持ち帰りもOK。オードブルも予算や用途に応じて対応可能だそうです。

ボリューム感たっぷりで美味しい!めちゃくちゃ空腹時に食べましたが、本気でおなか一杯に!

また食べたくなるお弁当でした!!!

まつや食堂

営業時間

11:00~15:00

※持ち帰り弁当は、17:30まで受取OK

定休日

日曜日

駐車場

第1駐車場:5台

第2駐車場:10台(大型車OK)

住所

熊本県熊本市北区山室5-6-22

Facebook

https://www.facebook.com/matsuya3454757/

Instagram

https://www.instagram.com/mari_matsuya

電話番号 096-345-4757

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

かなこ

かなこ

経営情報誌の記者、業界新聞の営業を経験した後、一般事務職、専業主婦を経て現在に至る。 長いこと東京に住んでいたが、やっぱり熊本が好きで戻ってきた、二児のママライター。 好奇心旺盛な行動派。趣味はドライブと温泉。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

今どきソフトクリーム100円!御船町「お弁当うぃずっと」のワンコイン弁当を買いに行ったら配達を手伝うことになった

2020.11.01

三十路子連れ女が車について考えてみた #6 洗車して、銭湯で背中を流し合ったような気分になった話。

2020.10.31

PUBLIC RELATIONS

今どきソフトクリーム100円!御船町「お弁当うぃずっと」のワンコイン弁当を買いに行ったら配達を手伝うことになった

2020.11.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal