*
とじる
*
とじる
*
とじる

南阿蘇で深呼吸しよ!!高血圧だと言われたので南阿蘇エリアをぐるっと回って深呼吸してきた

ライター:山田 山田
キーワード:

自然豊かな南阿蘇エリア。空気もきれいな癒やしのスポットが各所にあり、南阿蘇周辺の南阿蘇村、高森町、山都町、西原村の4町村では、「南阿蘇で深呼吸しよ!」というコンセプトで深呼吸推しの取り組みをしています。そこで、各町村の癒やしスポットを巡りながら、血圧を測ってきました。


高血圧と言えば深呼吸

深呼吸しながらこんにちは、肥後ジャーナルの山田です。先日、健康診断で高血圧と診断されました。

高血圧と言えば深呼吸。「南阿蘇で深呼吸しよ」というこの張り紙を見て、南阿蘇村、高森町、山都町、西原村の4町村で、マイナスイオンをバリバリ浴びながら、きれいな空気を肺一杯に吸い込んで血圧を下げようと思います。

※医学的根拠もなければ測定方法も適当なので参考にしないでください。

まず、はじめに訪れたのは西原村にある「白糸の滝」。白糸って言うくらいだからチョロチョロ流れているのかと思いきや、恐ろしいくらい水しぶきをあげながら流れ落ちています。なんでも近年、大雨の影響で水量が増え始めているそうです。

ということで、早速深呼吸をしながら血圧を測ってみましょう。

最高血圧171の最低血圧116。脈拍106。おっと最初からとんでもない数字を叩き出してしまいました。上なんて自己ベスト更新かもしれません。自然の中で深呼吸してリラックスしたのにどうして。

測定方法が適当なので正しい測定ができていない可能性も高いです。あと、ちゃんと通院していますのでご心配なく。

しかし、深呼吸して血圧下がったよ!!!って記事を書くつもりが最初から最高血圧更新とは…どうしよう…。

そこで、今回カメラマンとして同行していた編集長のムトーから一言。

「入りなっせ、血圧下がるかもよ」

全力で拒否したいところですが、いつも「ハイかイエスで答えろ」という指導を受けている私。なんとか逃げ出そうと近くにある「白糸の滝交流館 糸舞季」で確認。

「危ないので…」ということで、なんとか回避することができました。

なのになぜかずぶ濡れに。

ムトーが「下の橋の辺りなら安全に入れるらしかよ」というから素直に水遊びしたのですが、

まさかの自販機探しに行っていて写真は撮っていないという有様。「水入ったら寒いと思って」とホットを買ってくれていたので文句は言いません。

心身ともに清めたのできっと血圧も…

ちょっとだけ下がりました。これでもまだまだ高血圧ですが、意味はあったということにしましょう。

※繰り返しますが、医学的根拠もなければ計測方法も適当です。参考にしないでください。

白糸の滝の詳細な情報はこちら!

通潤橋の上で自然を感じながら深呼吸

続いてやってきたのは、山都町にある通潤橋。

正直、4カ所回ろうって言ってるのに1カ所目から水に落ちるというとんでもない目にあって満身創痍です。

通潤橋の放水で滝行でもさせられるのでは無いかと覚悟してやってきたのですが、この日は放水日ではありませんでした。本当に良かった。

ちなみに今回は、「道の駅・通潤橋」で山都町産のトマトジュースを買いました。血圧に良いとされるトマトを摂取して、自然の中で深呼吸。完璧ですね。

クセがなくて飲みやすい、美味しいトマトジュースでした。濃縮還元じゃないのって初めて飲んだかもしれません。もちろん高血圧にも安心の無塩・無添加です。

実は4月から通潤橋の上に登る道が開放されると聞き、今回は特別に許可を得て一足先に通潤橋上で深呼吸をして血圧を測りたいと思います。

石段を上り、通潤橋の付け根まで進みます。もうゼェゼェ言ってます。

そして、たどり着きました通潤橋の上。重要文化財ゆえ、柵や手すりを付けるわけにはいかないため、普通に怖いです。通常は放水の前後の時間帯のみ開放され、入場料が必要となりますので、勝手に入らないようにしましょう。

改めて、通潤橋の歴史と山都町の自然を全身で感じながら深呼吸。

また記録更新しました。いやもう石段登って息切れしてるし仕方ないですよね。

通潤橋の上には、4月2日から入れるようになり、放水の時間前後で見学できますので皆様もぜひ!

通潤橋の詳細や放水スケジュールこちら!

高森で一番はやく咲く!?高森阿蘇神社裏の桜の木

続いて、訪れたのは高森町の「高森阿蘇神社」。取材時点で3月上旬。まだ桜は蕾の時期ですが、ここにはこの辺りで一番早く咲く桜があると聞き、ではせっかくなのでそこで深呼吸してやろうとやってきました。

裏に回ると、この看板があるので案内通りに進むと……

山道!!!!!今日はずっと山の中にいる気がします。普段運動不足の私にとっては苦行でしかありません。体感で1時間(実際は10分~15分)ほど登ると

……行き止まり。ずっと一本道だったのに何故……。

振り返ると、そこには立派な桜の木がありました。残念ながら、まだ咲いていませんでした。樹齢400年以上とされ、この辺りで一番早く花を咲かせるそうです。

花は咲いていないけど花より団子というくらいなので、高森町に立ち寄ると毎回キロ単位で買ってしまう「丸福高森店」の唐揚げを食べながら景色を眺めます。

食べたら思いっきり深呼吸してー

測定開始!!

もうダメだこりゃ。

しかしながら、高森阿蘇神社の桜までの道のりはマイナスイオンたっぷりで、気持ちよく歩くことができました!

高森阿蘇神社の詳細はこちら

最後は南阿蘇村で深呼吸!

続いて南阿蘇村へ。なんだかんだで免の石に行ったことがなかったので、そこで深呼吸しよう!と受付を済ませにあそ望の郷くぎのにある「アクティビティセンター南阿蘇」で受付を済ませます。

入場料を支払うと、タオルとマップが貰えます。

免の石に登る登山口へ。

また山道かよ!!

と軽く絶望。受付時に「パキパキ歩いていくと1時間くらいですよ」と言われましたが、それはおそらく普段からトレッキングを楽しんでいる方のパキパキ。運動不足な上に、すでに水に落ちたり山道進んだりして足がバキバキな私が登るとどうなることやら。

ちなみに、あそ望の郷で「熊本トマトコーラ」を見つけたので購入しています。トマトの力は偉大なのだ。

途中、いい感じでマイナスイオンを感じる巨岩を見つけたので、そこで飲みました。トマトがたっぷりはいっているので、コーラなのにヘルシーな甘みで美味。

その後、「そろそろ中腹なのでは?」というくらいで「←免の石登山入り口」という看板を発見。まさかの入り口にすらたどり着いていなかった。

帰ろう。

入り口の向かい側にある「鳥の小塚公園」も素晴らしい深呼吸スポットで、免の石のミニチュアもあるので、ここで深呼吸することにしました。

この絶景ならきっと血圧も下がるはずです。

ほら!!!!!!!

※繰り返しまくっていますが、医学的根拠もなければ計測方法は適当なので参考にしないでください。

せっかくなので、近くにある観音桜展望台にもやってきました。季節的に少し早かったのですが、きっともうすぐ一面の桜を目にすることができるでしょう。

今日はここが最後ということで、

思いっきり深呼吸して、

一日の集大成となる血圧を計測。初っ端から水に落ち、高いところに登り、山を登りと散々な一日でしたが、血圧良ければ全て良し、です。

最高血圧140、最低血圧91、脈拍121と本日もっとも低い血圧を記録しました!!!

やっぱり、深呼吸って大事ですね!!!

※最後にもう一度言いますが、医学的根拠もなければ計測方法も適当なので参考にしないでください。

免の石の詳細はこちら

観音桜の詳細はこちら

南阿蘇で深呼吸しよう!!

ということで、南阿蘇村、高森町、山都町、西原村を1日で周り、思いっきり自然の中で深呼吸してきました。

血圧はまあ測る環境にもよるのであれですが、気持ちは確かにリラックスできました。意外と1日でぐるっと回れるんですね。

年度の変わり目で慌ただしいこの時期、たまにはゆっくりと自然の中を回って深呼吸してみてはいかがですか?

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

ビッグイベント目白押しの「阿蘇フェスティバケーション」初日に行ってきた!この夏は阿蘇で遊びまくろう!

2022.07.09

いきなり団子を陣太鼓で作ったら美味しいのでは?「いきなり陣太鼓」を作ってみた

2022.05.05

南阿蘇で深呼吸しよ!!高血圧だと言われたので南阿蘇エリアをぐるっと回って深呼吸してきた

2022.03.31

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

PUBLIC RELATIONS

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

熊高、済々黌、第一、第二、北高【狭き門】はどこ!?気になったからガチで測ってみた

PR

2022.08.25

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal