*
とじる
*
とじる
*
とじる

桜が咲いて散っても、私はずっとここで待ってる ~合志市御代志駅 移転オープン~

ライター:ひらの ひらの
キーワード:

合志市御代志の熊本電鉄御代志(みよし)駅がリニューアルされました。今回はその全貌をお伝えします。


10月10日に新しくオープン

ニュースなどでも話題になっておりましたが、熊本電鉄御代志駅がリニューアルオープン。御代志は合志市の真ん中に位置するという事でこれからも様々な商業施設が出来たりと、まだまだ開発が進むようです。今回はお先に完成した駅を見てきました。

旧御代志駅。

こうやって見ると、レトロで簡素。長年お世話になりました。

線路もなくなりました。藤崎宮駅方面に200mほど移転しております。

まずはここ、天郷食堂の前に横断歩道が出来ました。

「天郷食堂」の350円のラーメンが美味!!!61年間守り続けた伝統の味 | 肥後ジャーナル – 熊本の今をお届けするメディアサイト (higojournal.com)

まだまだ作業中の雰囲気ですが、もう駅は出来上がっております。

渡るとこんな感じ。ここから車もロータリーに入るようになっております。

入ってすぐに一般車乗り降り場が二つ。

そしてタクシー乗り場。

その左側には自転車やバイク置き場になっておりますが、仮という事なので、屋根などが付いたりするのかもしれませんね。

そしてバス停1が「菊池方面」。

その奥が「熊本駅方面」

綺麗で屋根もあり、雨が降っても濡れなくて済みます。

こんな感じに広くなっております。前の駅では、送迎の車で混雑することがありましたが、スマホなどで連絡を取り合えばスムーズに乗降場で乗り降り出来ますね。

長時間は止めれませんが、真ん中に駐車場もあります。

マナーを守って使用しましょう。

菊池電車に乗る

こちらも立派になりました。

出発を待っている菊池電車。

菊池電車と言えば、自転車を持ち込めるサービスがある事をご存じでしょうか?

年末年始・団体利用時・悪天候などの場合は曜日に関係なくお断りされる場合ありますが、無料で月~土9:00~15:30と、(日祝)終日は自転車を乗せられます。都会から遊びに来た友達にびっくりされた事に、びっくりするくらい住民には当たり前の事でした。

こんな感じです。

駅の入口。自動販売機あり。

自転車を乗り入れる場合は駅内は推して通行してください。

そして今回御代志駅は有人駅となりました。定期更新などが出来るので、とても便利ですね。

雨風もしのげるスペース。

そしてお手洗いもとても機能的で広くなりました。

多目的トイレにはベビーチェアーやベビーシートもあります。入った時よりも美しくを心がけて使用しましょう。とてもありがたいですね。

そうそう、駅の窓から見えるこちらは、春になると桜が満開になります。そんな季節の移り変わりを観れるのも、楽しみです。

夜の御代志駅

夜もこんなに明るく、帰宅時間が遅くても怖さがなくなりました。

向って左側から電車に乗ります。

私が小さな頃は木で出来た掘立て小屋のような駅で線路が菊池まで続いておりました。それが、こんなキラキラな駅になるとは、生きているといろんなことがあるなぁと思いました。せっかく立派な駅が出来たので、皆さんマナーを守っていつまでも美しく使用しましょう。

今後

まだまだこのような計画があります。とても楽しみですね。

合志市ホームページ 合志市ホームページ (koshi.lg.jp)

御代志みらい HOME – 御代志みらい (miyoshimirai.jp)

御代志駅

住所

熊本県合志市御代志

ライター紹介

ひらの

ひらの

ひたすら映画を見ながらひたすら洋服を作る女。水のある所が大好きです。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【抽選で40名様にお肉5000円分プレゼント】肉好きに朗報!!新阿蘇大橋周辺の肉LOVEエリアへ遊びに行こう!!

2022.11.20

【11/23限定】市房ダムの湖底に今なら立てる!!

2022.11.19

PUBLIC RELATIONS

【抽選で40名様にお肉5000円分プレゼント】肉好きに朗報!!新阿蘇大橋周辺の肉LOVEエリアへ遊びに行こう!!

2022.11.20

【11/23限定】市房ダムの湖底に今なら立てる!!

2022.11.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal