*
とじる
*
とじる
*
とじる

首を90度以上曲げてでも見たいもの、見えたもの、大切のしたいもの ~東区秋津 中無田熊野座神社の銘水~

ライター:ひらの ひらの
キーワード:

毎日毎日暑い日が続きますが、クーラーの部屋に籠ってばかりでは不健康だなあと思い、涼しくなる良い水を探して「中無田熊野座神社」(なかむたくまのますじんじゃ)に行ってまいりました。


場所は熊本市東区秋津3丁目

ひらけたところにあるとても風通しのいい場所にありました。私が神さまなら、嬉しい場所だな、なんてと、突然の神さま目線。

拝殿もすっきりとしていて綺麗です。

とても広々としていています。およそ400年前に近くの嘉島町の浮島神社を分祀されたそうです。分祀(ぶんし)とは同一祭神を、新しく別に神社を設けて祀ることです。

神社にある大きな大きな木には、見えますでしょうか。沢山のセミの抜け殻が。沢山の命がここから飛び立ったと思うと、この木に母のような優しさを感じます。

冷たくて美味しい水

中無田熊野座神社の銘水です。

とても美しいです。

鳥居の手前にじゃんじゃんと湧き出ております。

風の強い日でしたので風切り音が入ってますが、水の繊細な音が聞こえたでしょうか。

ジョギング途中の方、沢山持ち帰る方、がぽつりぽつりと来られておられました。清掃も行き届いており、とても気持ちの良い場所です。自然の力で勢いよく湧き出しています。

との看板。

少しですが、私も入れて、美味しいお水を頂きました。ありがとうございます。8月14日(日曜日)8時半~9時半、8月28日(日曜日)の8時半~9時半は清掃をされるそうなので、その時間の水汲みは出来ないそうです。そのようなお知らせの看板も気にかけて行かれてくださいね。

待つ人待つ鳥

神社の横にこんなカメラを設置されている男性がいらっしゃいました。

かっこいい…

何を撮っていらっしゃるか聞いてみました。

「アオバズクです。見えるですか、あそこですよ。」

大きな木を見上げます。

あ!いました。かわいい丸っこいシルエットです。かわいい!鳥網フクロウ目フクロウ科アオバズク属に分類される鳥だそう。揺れる木の枝にふさふさの毛が見えました。

「よー撮れた写真がこれですよ。」と男性に見せて頂きました。

く、首が!かわいい!すごい!フクロウは首を90度以上回せる鳥。なので、「首が回る」は「資金が回る」という事で商売繁盛のシンボルとされているみたいですね。

「こういうシャッターチャンスを狙ってるんですが、ここのはなかなか撮れんですねー」と話されていました。青葉の萌える頃に渡来することからアオバズクと言うそうで、冬は東南アジアで過ごすそうです。長旅だなぁ。かわいい子たちの無事を願います。

この木の中にお父さん、お母さん、兄弟でいるのを見ました。大きな木に巣を作ることから、おのずと神社の木に居る事が多いようです。昔は当たり前のようにいる鳥だったようですが、大きな木が少なくなってきたことから、生息数は減ってきているのではないかという事。

(別の場所で撮れたという素晴らしい瞬間)

男性にどのくらいここにいらっしゃるんですか?と尋ねると、「ずうっとです。」というお答えが。「お名前を伺ってもいいですか?」と尋ねると「それは、ははは。」と教えて頂けませんでした。ずうっと神社にいて、ずうっとアオバズクを見守っているって、もしかして氏神様かもしれない、この男性。と思いながら

沢山水分取ってお気をつけて!ありがとうございました!と、お別れしました。

風の強い、夏の午後の出来事。セミの鳴き声が聞こえなくなった頃、ここの鳥たちや暑さを紛らわしてくれて水の勢いをまた愛おしく思い出すでしょう。

*ゴミを捨てない、来た時よりも美しくを心がけてください。

中無田熊野座神社

住所

熊本市東区秋津3丁目4−38

駐車場

ありませんが、車を置けるスペースはあり。

譲り合って、ご近所の迷惑にならないようにお願いします。

ライター紹介

ひらの

ひらの

ひたすら映画を見ながらひたすら洋服を作る女。水のある所が大好きです。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

寒いから大掃除したくない。そんなあなたにKクリーンからの朗報です。

2022.12.08

【いい肉の日】熊本のお肉事情を発表!焼肉で注文するとツウぶれる部位1位はあの部位!!

2022.11.29

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal