*
とじる
*
とじる
*
とじる

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター
キーワード:

約160年前、安政時代に創業し「銅銭糖」を製造・販売している大津町にある超老舗和菓子店「浪花屋本店」。「銅銭糖」は、大津町の郷土菓子。「浪花屋本店」は現在の店主が7代目を引き継いで約8年。引き継いだ当初は危機的な状態だったお店を立て直し、「銅銭糖」を新しい時代のスイーツにすべく奮闘されています!


「銅銭糖」は硬い?実は本来は柔らかいスイーツだった!

お店の場所は菊池郡大津町室。旧57号線沿い、大津町の室郵便局の斜め向かい側にあります。

数年前に店舗をリニューアルし、おしゃれな明るい外観となっていました。

浪花屋本店では落雁菓子の「銅銭糖」と「阿蘇乃雪」の2種類を製造・販売しています。

店内に並ぶのはさまざまなパッケージの「銅銭糖」。

今では、くまモンのイラストが入ったものもありますが、「銅銭糖」の包装紙は昔から変わらない黄色の包み紙です。

「銅銭糖」の名前の由来は、かつて旅人が財布代わりに下げていた「銅銭」に形が似ていることから。

「銅銭糖」は、白あん・黒あんの2種類があり、あんこに、砂糖・もち粉・水を使って作られるシンプルな和菓子ですが、形成が難しく丁寧に手作業で作る必要があるそうです。

生地は、ホワイトだけでなく色が鮮やかな桃色や、優しい緑色のものもあります!

店主によると、「銅銭糖」は硬いお菓子だと誤解されていることが多いそう。本来は柔らかい食べやすいお菓子なのですが、日持ちすることから、製造されてから時間の経った「銅銭糖」を口にする方が多く、乾燥して硬くなったものの印象が強いのだとか。本来の美味しさを知るには購入して翌日までに食べると、柔らかく食べられるそうです。

約50年ぶりの新商品!キンカンの上品な甘みを生かした「銅銭糖」

当代の店主は、約50年ぶりに「銅銭糖」の新商品を開発。淡い黄色がさわやかな「きんかん銅銭糖」と、淡い紫が美しい「いも銅銭糖」の2種類。「いも銅銭糖」は大津町名産のからいもを餡に使ったもので、冬季限定の商品です。

「きんかん銅銭糖」の餡は、地元大津町の「たかはま農園」の金柑を使用!美味しいフルーツ金柑をシロップ漬けにして、じっくり時間をかけ白あんに練り込んだ逸品です

歴史を糧に新しい試みを続ける「浪花屋本店」

7代目店主である古庄さとこさんは、地元小学校などの出前授業で「銅銭糖」作りの実演を行い、大津町の歴史菓子を守り伝える活動も行なっています。

道の駅大津でも出来立てを購入できますが、本店にならぶ「銅銭糖」も美味しいですよ!

浪花屋本店

住所

熊本県菊池郡大津町室1037

営業時間

8:30~18:30

定休日

不定休

ホームページ

http://dousentou.com/

SNS

Facebook

電話番号 096-293-2503

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

県立大学のそばにある「puu cafe and lunch(プー カフェ アンド ランチ)」でインテリアショップのようなオシャレなお店内でランチしてきた!

2023.01.26

益城町にオープンした「油そば専門店 men × abura」でガッツリ食べてきた!

2023.01.09

多良木町の行列のできるラーメン屋「麺屋 日之出」の1月限定メニュー濃厚味噌魚介つけ麺を食べてきた!

2023.01.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

電気があればなんでもできる!ドローンで電線つなぐ瞬間に立ち会ったよ!

2023.02.08

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

PUBLIC RELATIONS

電気があればなんでもできる!ドローンで電線つなぐ瞬間に立ち会ったよ!

2023.02.08

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal