*
とじる
*
とじる
*
とじる

荒尾の名店!魚介豚骨がめちゃくちゃ美味い「ねぎ屋」のねぎラーメンはこってりでも飲み干せるくらい食べやすい

ライター:山田 山田
キーワード:

荒尾市にちょっと変わったラーメン屋を見つけました。豚骨ラーメンなのですが、ネギが乗った「ねぎラーメン」を提供している「ねぎ屋」です。かなりの人気店でランチタイムにはいつも満席になるほど。そんな話を聞いたら食べてみないわけにはいきません!ということで、早速お邪魔してみました!


ねぎラーメンって何?

荒尾市増永にある「ねぎ屋」。赤い看板が目につくお店です。

裏手に回ると駐車場があります。ねぎラーメンってあんまり聞かないですけど、豚骨ラーメンにたっぷりの小ねぎと焼いた白ネギが乗っている「焼ねぎラーメン」が人気なのだとか。

熊本県内はもちろん、大牟田や久留米方面などの福岡からもお客さんが多いお店だそうです。

ラーメンは全6種類。全てにあっさりと、背脂をブレンドしたスープを追加したこってりがあります。

写真をみると、「ねぎ屋ラーメン」は白髪ねぎ、「焼ねぎラーメン」は焼いた白ねぎが乗っているようです。

ほかにも台湾ラーメンなんかも気になりますが、今回は人気No1という「焼ねぎラーメン こってり(税込750円)」を注文しました。

こってりスープは濃厚だけどクセがなくて食べやすい!

こちらが「焼ねぎラーメン」のこってり。スープがたっぷりで具材が見えづらいですが、とにかくねぎがたくさん乗っています。

スープは豚骨スープなのですが、魚介でダシをとっているそうで、熊本豚骨と比べると癖が少なくて食べやすいのが特徴。

こってりにすると背脂などをブレンドしたスープを追加しているそうですが、たしかにこってりしていて濃厚ながらくどさが全く無くていくらでも飲めます。

焼ねぎは柔らかくてスープが馴染んでいることもありとぅるっとぅる。

ねぎの味わいが豚骨スープといい感じで馴染んでいます。

焼ねぎだけではなく、小ねぎもたっぷりはいっています。ねぎラーメンの名は伊達じゃない。

ラーメンを食べる罪悪感もちょっとは言い訳できます。

麺を食べるときには、自然とねぎか絡まってきます。

豚骨が主流の熊本でも食べたことのない味わいで美味しくいただけましたよ!

人気店なのもうなずける美味しいねぎラーメン

お店の大将からは「いまもお客さん一杯で回らないから『美味しくなかった』って書いといて」と言われましたが、ごめんなさい、素直に美味しかったです。

あっさり系とんこつが好きな方にはおすすめのラーメンですよ!!

ねぎ屋

住所

〒864-0032 熊本県荒尾市増永2870−3

営業時間

11:00~14:30os(スープなくなり次第終了)

定休日

水曜日

電話番号 0968633884

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

うどん出汁の氷入り!溶けても薄まらない五平太の「冷やしうどん」でひんやり満腹に!

2021.07.22

おでんに白ごはんはあり?花立にある「おでんと酒 行平」でめちゃくちゃ染みた関東炊きおでんランチ!

2021.07.19

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

あか牛一頭買いの焼肉店「褐火(かっか)総本店」が7月10日銀座通りにオープン!会計の総額と同額の商品券がもらえるぞ!

2021.07.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal