*
とじる
*
とじる
*
とじる

【西原村】畑でとれた新鮮野菜で旬をめいっぱい感じる美味しい食事を…「畑のキッチン ORTO(オルト)」

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

オーナーご夫妻が、自分たちの田んぼや畑で育てたお米と野菜を使って、美味しい料理を提供されている「畑のキッチン ORTO(オルト)」。

美しい景色を眺めながら、安心できる素材で作られた至福の料理を堪能できる、心と身体がリセットされるような癒しのスポットですよ!


自然に抱かれる…抜群のロケーション

「畑のキッチンORTO」があるのは西原村役場近く。

広々とした景観の良い場所に佇むお店です。

「畑のキッチン」の名の通り、お店のすぐ向かい側に畑があり、今は冬野菜などが育てられています。

オーナーの国本さんが、おじい様の代にされていた畑と田んぼを譲り受け、一から野菜づくりを始められたそうです。

お店で使われる野菜とお米は、すべてオーナーさんご夫妻が作られているもの。

すぐそばでとれた大地の恵みを、そのままダイレクトに味わえるのはとっても贅沢!

店内は、広々とした空間にテーブル席が並んでいます。

壁や天井を塗る作業も、オーナーさんたち自ら手掛けられたそうで、内装まで手作りというこだわりっぷり!

窓からは畑や阿蘇の雄大な山々を眺めることができ、癒しのひとときが過ごせます。

安心素材を使った美しいランチ

ランチメニューは、以下のコースが用意されています。

・お肉料理のコース 2,200円(あか牛、肥後あか鶏、肥後あそび豚からチョイス)

・手打ち生パスタのコース 2,100円

・天然酵母ピッツァのコース 1,950~2,150円

・阿蘇の赤コース 4,400円(前日までの要予約/2名様から)

今回は、お肉のコース(肥後あそび豚の窯焼き)をオーダーしてみました。

まずは、目にも麗しい前菜9種盛り。

自家製ピーナッツ豆腐や、ナスのチリソース、お芋のケーキやきのこのバジルソテーに豚肉のリエット、柿のクリームチーズ和えなど、旬を感じさせてくれる上品な前菜が9種も楽しめます。

ひとつひとつ丁寧に作られていて、どれもこれも美味しかったのですが、特に感動したのが自家製ピーナッツ豆腐!

香り高いピーナッツが贅沢に使われている濃厚なピーナッツ豆腐で、本当に絶品でした!

続いてメインは、肥後あそび豚の窯焼き。

彩りも美しい野菜が大胆に添えられていて、野菜ひとつひとつが美味しい…!

豚肉も驚くほどやわらかくて、しっとりとしています。

あそび豚の窯焼きやピッツァは、こちらの珪藻土でできた石窯で焼かれているそうで、うまみや水分を逃さずに焼けるので、表面は香ばしく、中はしっとりとした仕上がりになります。

お米もご自身の田んぼで作られたものだそうで、野菜やお米からすべて手作りという、ありがたい食事です。

そして最後はデザートの盛り合わせ。

アイスクリームにお芋のケーキ、りんごの赤ワイン煮に梨の白ワイン煮、コーヒーゼリーにラスクなど、たくさんのスイーツが、ちょっとずつ食べられるのが嬉しい限り!

さらにコーヒーもオリジナルブレンドで、自家焙煎されているそうです。お米や野菜からスイーツやコーヒーにいたるまで、すべて手作りされているというのも、なかなかお目にかかれない貴重なお店です。

野菜やコーヒーの販売も

さらに店頭では、畑でとれたばかりの新鮮な野菜や、自家焙煎のコーヒー、手作りのスイーツなども販売されています。

お米やお芋やバターナッツなど、秋を感じさせてくれる旬の野菜がたくさん並んでいました。

オリジナルブレンドのコーヒーや焼き菓子も販売されていて、お土産まで買って帰れるのも嬉しいですね。

冷蔵ケースの中には、やきいもチーズケーキや手作りのクリームチーズなども…。
愛情込めて作られたお菓子類も購入することができます。

オーナーシェフの国本さんは、南阿蘇の「イロナキカゼ」で料理の勉強をされたそうで、お料理は本当に絶品!

その上、使われているお米や野菜は愛情込めて手作りされているという、本当に素敵なお店でした。自然や大地の恵み、そして美味しい料理に癒されたい方はぜひ、足を運んでみてくださいね!

*ランチの予約は、11:00、11:30、12:15、13:00、13:30以降の時間で予約可能。

ディナーは完全予約制となります。

畑のキッチン ORTO(オルト)

営業時間

11:00~14:00
15:00~20:30

定休日

毎週水曜日、第3・第5火曜日

駐車場

あり

電話番号 096-279-1077

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

【熊本市中央区】炊きたての土鍋ご飯×旬の魚を心ゆくまで堪能できる!「魚飯時(さはんじ)」の旬の贅沢御膳

2024.06.05

【熊本市西区】マグロタワーが圧巻の「マグロノドン」が内容もパワーアップして5月30日堂々移転オープン!

2024.05.31

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【熊本市南区】疲れてんなー最近…そうだ!ハイテンションな「香り」の伝道師に習おう!

PR

2024.06.18

熊本のご当地サイダーで熊本のハイボールを作ったら最強の1杯を見つけた

PR

2024.05.31

PUBLIC RELATIONS

【熊本市南区】疲れてんなー最近…そうだ!ハイテンションな「香り」の伝道師に習おう!

PR

2024.06.18

熊本のご当地サイダーで熊本のハイボールを作ったら最強の1杯を見つけた

PR

2024.05.31

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal