*
とじる
*
とじる
*
とじる

お腹いっぱい食べたいときの定番!塩辛食べ放題の「あげたて」で期間限定「満福定食」と「本気盛り天丼」

ライター:山田 山田
キーワード:

熊本では言わずとしれた名店「あげたて」光の森、江津、流通団地にある天ぷらの専門店です。味の美味しさはもちろんなのですが「定食のご飯おかわり無料」と「塩辛のおかわり無料」のダブルパンチでどんな食いしん坊でも満足できるそのサービスが人気の秘密。今回は期間限定で「満腹定食」と「本気盛り天丼」なるメニューがあると聞いて、光の森合志店にお邪魔してきました!


通の食べ方を教えてやろう

熊本の食いしん坊たちが熱烈に支持するお店として外せないのが「あげたて」でしょう。今回は「あげたて」が大好きな肥後ジャーナルの山田と伊藤、ふたりで訪問しました。

名前の通り「あげたて」の天ぷらとご飯をお腹いっぱい食べさせてくれるお店です。

今回は期間限定の「満福定食」と「本気(マジ)盛り定食」を頂きました。

まず。山田が注文した「満福定食」のご飯が届きました。確かに大盛りって言ったけれどもさぁ…。

そして、あげたてといったら…

これ。手造りのいかの塩辛です。全席に置いてあって、いくらでも食べていいやつです。

「あげたて」を「あげたて」足らしめている所以のひとつです。

これがね、ご飯と相性抜群すぎて、何杯でも食べられるんですよ。「あげたて」にくるといつも丼系と悩んで定食にしちゃう理由がこの組み合わせの凶悪さ。

私は大体、天ぷらが運ばれてくる前にこの塩辛でご飯1杯食べてしまいます。

「満福定食」は、海老2本、豚バラ、豚ロース、ピーマン2個が付いてきます。「あげたて」で唯一の肉、えび、野菜が揃った定食です。

続いて、伊藤が注文した「本気盛り天丼」です。本気と書いてマジと読みます。どれくらい本気かというと、

乗っているのは穴子1本揚げに、海老2本、豚ロースです。単品で頼むと穴子1本で480円するのでどれだけ本気かお分かりいただけるでしょう。

とにかくふっくらしていて、美味しいんです。単品で480円ってなるとちょっと悩んでも天丼に乗ってると手が出しやすいのもポイント。

山田のイチオシは豚ロースです。なんなら単品で追加するくらい好きです。デカイくてボリューム満点で美味しいんです。

言われて気付いたのですが、私はほとんど塩辛でご飯を食べ続けているので、天ぷらがほとんど減っていませんでした。

天ぷらも美味しいんですけどね、塩辛美味しいんですもん。

塩辛以外にも天ぷら用の塩、ゆかりや高菜漬けなどあるので味変には困りません。

おかわり自由なので、食べ終わったらお分かりすればまたご飯もらえますし。

何度だっておかわりしていいんです。塩辛と白ごはんで無限おかわりできます。

ちなみに、通はご飯に乗せた塩辛に天丼のたれとお茶をかけてお茶漬けにして〆ます。

この食べ放題システムでお店は大丈夫なのか

長年の疑問「こんなに食べ放題して大丈夫なのか問題」について、副店長の松田さんに話を聞きました。

何度もおかわりさせていただいてありがとうございます。定食のご飯と塩辛食べ放題システムって結構たいへんだと思うんですけど、ぶっちゃけ大丈夫なんですか?

大変ですが、やっぱりお腹いっぱい食べてもらいたいですし、ご飯も大盛りついで笑顔になるお客さんのリアクションが嬉しくてやってるんですよね。

塩辛も安物じゃなくてかなり美味しいんですけど、ご飯以上にコストかかってますよね。

全部、お店で漬けてますよ!企業秘密の調味料でしっかり味付けしています。これもお客様に喜んでいただきたいので、頑張ってます!

白状すると昔、下通店がなくなったとき、私が頻繁に通ってえげつなくお代わりしまくって、なんなら時間無制限のビール飲み放題でしこたま飲んでいたので自分のせいじゃないかと思っていたんですけど…。

安心してください、違いますよ(笑) ちなみにビールの時間無制限飲み放題は当店限定でやっていますよ!

良かったぁー!安心してまたがっつり食べに来ますね!!

あげたてで お腹いっぱいに!

今更ながら熊本の誇る名店「あげたて」をご紹介しました。

定食のご飯おかわり無料と、塩辛の食べ放題で無限に食べ続けることができるので食いしん坊にはたまらないお店です。

私も10年以上通い詰めています!ぜひみなさんもあげたてで食べまくってくださいね!

あげたて 光の森合志店

住所

〒861-1112 熊本県合志市幾久富1726−1

営業時間

11:00~22:00

定休日

なし

電話番号 0962470073

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

健軍神社参道沿いにある「HEIKEYA」でふわっふわの台湾かき氷を満喫!あまくてひんやり最高かよ!

2021.07.25

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

うどん出汁の氷入り!溶けても薄まらない五平太の「冷やしうどん」でひんやり満腹に!

2021.07.22

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

あか牛一頭買いの焼肉店「褐火(かっか)総本店」が7月10日銀座通りにオープン!会計の総額と同額の商品券がもらえるぞ!

2021.07.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal