*
とじる
*
とじる
*
とじる

2017年に紹介したグルメ記事の中でもう一度食べたいご飯7連発

ライター:上野P 上野P
キーワード:

上野Pです。好きな食べ物は炭水化物と肉と塩と砂糖です。

ダイエットに挑戦中ですので、しばらくご飯が自由に食べられません。

余りにも悲しいので、2017年に私が書いたグルメ記事の中から激ウマでお勧めなご飯を7連発お届けしたいと思います。

「どれだけ空腹が満たされるか?」が基本的に絶対条件でございます(あくまでも個人的主観)


(1)大盛り激安弁当店おーるふれんど

【280円弁当】大盛り激安弁当店おーるふれんどのコスパが最高すぎて毎日でも食べたい

「おーるふれんど」さんの激安弁当、280円と思えないくらいのボリュームと美味しさです。

しかも、「弁当に大盛りはありません!だって初めっから大盛りだから!」という名言も頂きました。

お昼時の店内は常に学生の弁当待ちで一杯のお店です!

(2)熊本の有数な大盛り食堂の店「お食事処まんまどんな」

メガ盛りやギガ盛り定食まである熊本の有数な大盛り食堂の店「お食事処まんまどんな」

大盛りを超える、メガ盛りや、遂にギガ盛りまで・・・

ご飯も僅かな金額で、漫画みたいな超大盛りにもできます!私のオアシスのようなお店ですね。

現在、まんまどんなさんには、肥後ジャーナル記事が貼ってあるそうです!

(3) 博多鉄板よかろうもん

夏バテにはスタミナ抜群の博多鉄板焼肉がオススメ!博多鉄板よかろうもん

博多発祥の鉄板焼きですが、ざく切りのキャベツをお肉と一緒に焼き上げて頂きます。

たっぷりと塩胡椒を効かせて、鉄板ジュウジュウな状態で運ばれてきます

これに辛味噌を混ぜて戴くとさらに美味しく・・・もう唾が溢れてきそうです。これをつまみに生ビールが飲めたら最高です!!

(4)「ビアホールMAN」はお店もオーナーさんも凄い!

熊本初のビアホール「ビアホールMAN」はお店もオーナーさんも凄い!

営業40年になる熊本初のビアホールと言われる「ビアホールMAN」さん。

ここの「スペアリブ」は超絶品!骨付リブなのにほろほろと柔らかく、ビールのおつまみとして、夕飯のおかずと考えても最高の一品でした。

また“プロレス”に非常に造詣が深いオーナー。お店のSNSを見ると、この間は元人気プロレスラーの「長州力」さんがお店でパーティーを開いたようです!

(5)創業40余年!老舗喫茶の神髄がここにある!「喫茶ペコ」

創業40余年!老舗喫茶の神髄がここにある!「喫茶ペコ」

こちらのお店も、私と同じ時期に誕生した喫茶店。老舗喫茶店は本当にご飯が美味い!

一見普通のワンプレートランチなのですが、肉と野菜の絶妙なバランスなど、細やかなバランス調整が光っています。

熊本の老舗喫茶は侮れないと気づかせてくれたお店です!

(6) 本格ベーコンのお店「ブタノトリコ・まる」

タレント“丸井純子”さんの素敵な本格ベーコンのお店「 ブタノトリコ・まる」

RKKなどを中心に活躍をするタレント「丸井純子」さんの手作りベーコンのお店。

ご自身で作られた分しかないので、商品の量は少なめです。それだけに手間暇掛けた美味しいベーコンが購入できます!

また、こちらのベーコンを使った料理メニューを提案ということで、“お食事試食ランチ”が不定期で開催されています。

(7) 米白餅本舗の「おっきないちご大福」が販売開始

師走といえば“いちご大福”?米白餅本舗の「おっきないちご大福」が販売開始

最後にはデザートを!米白餅本舗さんの「おっきないちご大福」です。

今回はいちごの品種も変えられてレベルアップ!

見た目のインパクトも素晴らしく、SNSに投稿すると話題になること間違いなしの最強和スイーツですね!

厳選7選の激ウマグルメまとめ!如何でしょうか?

もちろん、私が紹介したお店は記事の中のごく一部。

個人的な主観でお店を厳選しましたが、他にも様々なグルメを紹介しています!他の過去記事も読んでいただけると幸いです。

来年も美味しいグルメをお腹いっぱい!をポリシーにお届けして参ります!!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal