*
とじる
*
とじる
*
とじる

こんにちは。川上です。

熊本も暑い日が増え、半袖で過ごせるようになりました。
こんな暑い時期にはがっつり食べたい時、スタミナをつけたい時、ありますよね。

荒尾市にある「とみた食堂」
ここでは唐揚げが人気という事で食べてきました。

ボリュームたっぷり、そしてスタミナがつきそうな唐揚げでした。そして中々他のお店では見かけない特徴的な唐揚げです。是非チェックしてみてください。


イオンタウン荒尾の近くにある水色のお店

本日ご紹介する「とみた食堂」があるのはイオンタウン荒尾の近く。大牟田荒尾線の道沿いです。

この鮮やかな水色の外観が目印。大きくとみたって書いてあるのも分かりやすいですね。


車はお店の前と、ぐるっと裏に回った敷地内に停める事が出来ます。


入り口に営業中の看板が出ていたら開店です。

おひとり様でも利用しやすい


中に入るとカウンター席、座敷、カウンターがあります。

おひとり様も多く、カウンターが一席一席区切られているのも嬉しいです。


お水、お茶、コーヒーはご自分で。コーヒーも自由に飲めるってサービス良すぎ!


とみた食堂では、定番の定食メニューは一通り揃っています。人気の唐揚げはお持ち帰りも。個人的にはカラアゲってカタカナで書いてあるところが味があってツボです。

カラアゲ定食を頼んだら唯一無二のカラアゲ出てきた

人気と言うカラアゲ定食を注文!


どん!

写真が下手でカラアゲ以外が目立っていますが


このカラアゲめちゃくちゃ大きいんです。


箸で持つとこんなに大きい。私のこぶしと同じくらい。ずっしりしています。


まずはお味噌汁から頂きます。具沢山。そして母親のお味噌汁を思い出すような優しい味。ほっとする。そしてめっちゃ美味しい。


カラアゲ定食なのに鯖の塩焼きも付いてました。そしてその後ろには高菜漬け。


十分な大きさ。付け合わせとは言い難いくらいです。


身はほろっと崩れます。脂が乗っていてこちらも美味!


すでにご飯泥棒です。つやつやのご飯がこんもり盛られている理由も分かります。


そしてメインのカラアゲ!付け合わせのレモンをたっぷりつけて頂きます。


カラアゲには、醤油ベースのタレにたっぷり掛かっていました。漬け込んであって衣にひたひたしみ込んでいます。衣は厚めで硬め。タレが掛かっていながらもカリカリ、と言うかボリボリと聞こえてくるほど。まず衣が美味しい!

衣を割って出てくる鶏肉はぷりぷりでジューシー。にんにくがたっぷり効いていています。濃いめの味付けでごはんがどんどん進む!

このカリカリとした衣や、しっかりとしたタレに浸ったカラアゲは中々出会えません。ここまで足を運ぶ価値ありです。

今日はスタミナをつけたい!がっつり食べたい!そんなときに是非行きたいお店でした。

とみた食堂

住所

〒864-0053 熊本県荒尾市西原町1丁目2−3

営業時間

11時30分~18時30分

電話番号 0968-64-0001

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

PUBLIC RELATIONS

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

熊高、済々黌、第一、第二、北高【狭き門】はどこ!?気になったからガチで測ってみた

PR

2022.08.25

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal