*
とじる
*
とじる
*
とじる

【天草女子旅】プチリトリートしよう。西平椿公園で原生林を散策!椿油を生搾り!天草西海岸の絶景と共に…【プレゼント有ります】

ライター:言 言
キーワード:

天性の飽き性、ライター言です。

いや〜飽きますよね〜現実に。(突然)

きっとワタクシだけではないはず。

その証拠に、日常と離れた環境で、普段あまりしない体験をする「リトリート」が今ちょっとしたブームになってます。

今回は、日本で最初に国立公園に指定された「雲仙天草国立公園」のエリア内にある天草市天草町大江で、日帰りリトリート体験ができる!ということで実際に体験してきましたのでレポしたいと思います!


西平椿公園でプチリトリートツアー!

やってきたのは天草の本渡のさらに先、天草下島の西の端にある「西平椿公園」。

こちらの公園は10ヘクタールの敷地に自生と栽培を含む2万本以上のヤブツバキが生息しています。

また、約150種類の多種多様な世界の椿が息づくゾーンもあるそうです。

さらにこちらの地域では、ヤブツバキの種子から取れる「椿油」の生産が昔から盛んに行われており今でも地域の営みとして受け継がれています。

今回はこちらの西平椿公園で、山や海の自然と触れ合いながら椿油作りの体験もできる!というプチリトリートツアーに参加したいと思います。

この地域で生まれ育ったという、ネイチャーガイドの木下さんに案内して頂きます!

それでは早速スタート!

自然そのものの原生林を歩く

早速公園の中を歩いていきます!

森の中を歩くだけでもう非日常。わくわく。

植わっているのはほとんど椿!椿ってこんなでかくなるんだ…と驚きました。

椿の花は12〜3月頃が見頃ですが、訪れた9月はちょうど実がなっている時期でした。

これが椿の実です。こちらを収穫し中の種を取り出して搾ることで「椿油」が作られます。

公園として開放されていますが、一部にはできるだけ人の手を加えずに自然そのままの状態で保護されている原生林ゾーンもあります。

椿だけでなく様々な樹木や植物が共存しています。

地元の方には「よりそいの森」と呼ばれているそう。

その名前の由来は、このように違う種類の樹木が寄り添うようにして自生していることから!

白い方がツバキ、黒い方がタブの木ですがピッタリとくっついて育っています。

夫婦円満や恋愛成就などのご利益に肖りたいと触れる方も多いそうですよ。ワタクシもベタベタ触っておきました。

森の中にある石は「高浜変成岩」と言われ、約1億年以上前の石なんだとか!

カクカクとした特徴的な石ですね。

地元では「蔵石(くらいし)」と呼ばれ、平たく加工しやすいため家屋の土台などで使用されたりと重宝されていたそうです。

今は公園化されていますが、元々はほとんどが民有地で20数名以上の地主さん達の協力でひらかれている園地なのだそう。

先祖代々守り継がれてきた森。

昔から御神木として大切にされてきた木などもありました。

折れた木から新たな芽が出ている

天然更新の森として、人の手がほとんど入っていない自然そのままの姿を見ることができ

歩いているだけで生命の息吹を感じました。

海が透明すぎる…天草海域公園

2010年4月の改正自然公園法の施行に伴い、従来「海中公園」とされていた名称が「海域公園」と改められました。

森を抜けると海!!!

いやめっちゃ海綺麗すぎる

透明度が半端ないです!上から見るとエメラルドグリーンで海外リゾートのよう。

遠くに見える岩礁は「大ヶ瀬(おおがせ)」。「小ヶ瀬(こがせ)」も南側にあります。

天草市指定の天然記念物で、大ヶ瀬は先程森にもあった変成岩類で出来ているそう。

ちなみにツアーを予約するとこのようにテーブルと椅子も設置してくれます!

ここで海を眺めながらゆったりすることも可能ですよ〜

さらにランチ付きコースだとここでランチを食べることも可能です!

﨑津の人気寿司店「海月」のちらし寿司弁当で、天草の海の幸がたくさん詰まったお弁当…最高です。

通称「ラピュタの木」

再び森の中に戻ります。

坂や階段で結構体力使います。痩せる…

ヒイヒイ言いながら登っていると「見てください!」と言われ顔をあげると…

な…

なんじゃこら!!!でっか!!!!!!

岩に木が…!!すごすぎます。

こちらは「あこうの木」。「ラピュタの木」とも呼ばれ、Instagramなどでも人気の映えスポット!

実は数年前までこちらは森の中に埋もれていたのだそう。

椿の成長のため光の調節をしようと森を整えていたところ発見され「なんだあれ!?」となったんですって。

こんな古代遺跡みたいなのが出てきたらびっくりしますよね…

以前までは登ることができたそうですが、今は手前まで。

ですが充分に迫力を感じます!

貴重な自然なので大切に守っていかなくてはいけませんね。

椿油の生搾り体験!

さていよいよ椿油の生搾り体験!

昔ながらのやり方に近い方法で実際に椿油を作ることができます。

椿の実の中には、このような種が入っています。

この種は固い殻で覆われているので、殻を石で割ると…

このような柔らかい中身が出てきます。栗みたいな感じですね!

いや本当に栗みたい。結構パサパサしてますがこれが油になるとは…

集めた中身をこちらの筒に入れます。

こんな感じ。

そしてこの油を絞るための器具にセットします!

このように力を加えて絞ると…

油が出てくる…!!!

ちなみに結構硬くて、握力が皆無のワタクシはなかなか苦戦いたしました…

こんなに取れました!生搾り油です。

あの栗のようなものから油が取れるなんて…これ最初に発見した人すごいですよね…

作った油は瓶に入れてお持ち帰りできます!ウレシイ!

保湿効果が高く、肌や髪などに使用すると良いそうですよ。

好みの香りを選んで混ぜることもできます!

私は天草のヒノキを使ったこちらのアロマにしました。

早速手につけてみましたが、油というとベタつきそうですが

思ったよりスーッと肌に馴染んでいきました!

ティータイム

最後は絶景ポイントでティータイム!

天草のお菓子と共に和紅茶をいただきます。

こちらの紅茶は、無施肥・無農薬の野放茶を発酵させたものだそうです。

優しいお味でリラックスできます。

落ち着く………

帰りたくねえ…現実に……

絶景と共に、素晴らしいリトリート体験ができました!

ガイドの木下さんからは天草下島の歴史や植物についてなど様々な興味深いお話を聞くことが出来ました。

普段できない貴重な体験ができ、リフレッシュできました〜

ぜひ皆さんも体験してみてくださいね!

行ってみたい!と思った方は

天草の特産品を約5,000円相当を抽選でプレゼント!

天草の魅力に関するアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で5名様に

天草の特産品詰め合わせ約5,000円相当をプレゼントします!(内容は写真と異なる可能性もあります)

プレゼント応募フォームは

↓↓↓

応募フォーム

西平椿公園

住所

〒863-2801

熊本県天草市天草町大江

ライター紹介

言

読み方はKoto。 犬とスイーツが大好きな洋服オタク。 いつも普段着だよ。

このライターが書いた他の記事

【熊本・あさぎり町】おかどめ幸福駅の名前の由来にもなった”幸福神社“こと「岡留熊野座神社」がセルフサービスすぎる。

2024.07.16

【熊本市東区】豊富なメニューでたすかる。健軍付近でランチ迷子になったらここに行こう。「麺酒菜 伍乃四〇」

2024.07.09

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【熊本市中央区】食べ飲み放題で2,500円!7月17日オープンの「おすすめ屋」はコスパ重視派におすすめ!

PR

2024.07.18

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

PUBLIC RELATIONS

【熊本市中央区】食べ飲み放題で2,500円!7月17日オープンの「おすすめ屋」はコスパ重視派におすすめ!

PR

2024.07.18

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal