*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本地震から4年。待ちわびたJR豊肥本線の全線再開もあって、注目度が上昇中の阿蘇。
そんな阿蘇をドライブ中に見かけた、ちょっと不思議なたい焼き屋さんに寄ってみました。


名前のインパクトがすごい

赤水から阿蘇駅方面へ向かって57号線を走っていると、

コスギリゾートの手前あたりに気になる看板があります。

「山から鯛が釣れる」。なんかすごい名前。

たい焼き屋さんのようですが、正式名称は「阿蘇のたい焼き 山から鯛が釣れる」なのだそうです。

お店の名前のクセがすごいけど、いつもお客さんがいるしおいしそう。寄ってみることにしました。

駐車場は10台分くらいあります。

たい焼きに、オス・メスがあります

お品書きを見ると、たい焼きの「雄鯛」「雌鯛」の文字が。

たい焼きにオス・メスって何事でしょう?黒あんと白あんとかの味の違い?焼き場を見てもよく分からず。

店主の宇野さん(笑顔がステキ)にうかがってみると、↑これが雄鯛でした。雄と雌はサイズの違いなのだそう。

一般的にイメージする大きさが「雄鯛」、ひとまわり小さいのが「雌鯛」です。

ひとつで小腹を満たしたい時は雄鯛、いろいろな味を食べてみたい時は雌鯛の小豆あんと白あん、カスタードを全種類買ってみる、なんていうのもアリですね。

まずは雄鯛から、たい焼きを実食!

薄紙の袋でいただけます。鯛の絵柄がかわいい。

型の外側部分まで、パリパリの薄皮が広がっています。

まずは雄鯛のつぶあん(税込160円)をいただきます。薄めの皮は表面がパリっとしているけれど、思ったより柔らかそう。

割ってみると、フチまでぎっしり小豆あんが詰まっています。

表面はパリパリしつつ、中は意外なほどもっちりした食感。しっかり小麦の風味がして、食べごたえがあります。

中のあんは、小豆の粒がはっきり立っていて、ほどよい甘みです。しっぽ部分までしっかり入っていました。

雌鯛はさらに柔らかめな印象

雄鯛に比べ、さらにふわふわなのが雌鯛のカスタード(税込120円)。

バニラビーンズ入りのなめらかなカスタードクリームが、惜しげもなくたっぷり詰まっています。

適当にかじりつくとあふれ出すくらいの勢いで入ってました。
カスタードは人気なので、お昼すぎにはなくなってしまうことも多いそう。確実に欲しい場合は予約がおすすめです。

また、今回は焼き立てのあつあつをその場でいただきましたが、お土産にする場合などは、容器に入れてもらうこともできます。

冷めてもしっぽやヒレ部分まで固くならない、しっとりと柔らかい食感の生地になるよう工夫しているのだそう。
最初に割ってみた時に、思ったより柔らかいと感じたのはそういう訳だったんですね。

ふっくらした食感を生かすために、自宅で温める時にはオーブントースターより電子レンジが適しているといいます。テイクアウト派の皆様は参考になさってください。

まとめ

「阿蘇のたい焼き 山から鯛が釣れる」のたい焼き。

2016年10月にオープンして、まもなく4年。熊本地震からの復興へ進む阿蘇で、コロナ禍にも負けず元気にがんばっているお店です。

名前のインパクトにつられて行ってみたけれど、しっかりおいしいたい焼きをいただけました。

冷めても美味なので、すぐに食べない時でもOK。阿蘇へ出かけたら、ぜひ寄ってみたいお店です!

阿蘇のたい焼き 山から鯛が釣れる

所在地

熊本県阿蘇市乙姫1154−1

定休日

火曜

営業時間

11:00〜17:00

Facebookページ

https://www.facebook.com/yamakara.taiga.tsureru/

電話番号 090−9725−1963

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

羽田さえ

羽田さえ

県外出身、1970年代生まれのライター。専門分野は旅行関係。巨木、仏像、おいしいもの、レトロなもの、じわじわくるB級系などが好きです。

このライターが書いた他の記事

【くまもとの巨木】今が見頃!下田のイチョウが紅葉真っ盛り

2020.11.15

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

PUBLIC RELATIONS

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal