*
とじる
*
とじる
*
とじる

あの心震わすヤマオカの極上ケーキが御船でも味わえる!「洋菓子の山岡」

ライター:ちえ ちえ

珠玉のケーキが食べられる長嶺の「パレメルヴェイユ ヤマオカ」。こちらの2号店となるお店が、御船町にオープンしました!久しぶりにケーキをいただいてみましたが、一口食べれば天にも昇るほどの美味しさ…!長嶺のお店とはまた一味違う、町のケーキ屋さんといった親しみやすい雰囲気で、これからますます人気が高まっていきそうです。


御船町にオープンしたかわいい町のケーキ屋さん

御船町に今年の7月にオープンしたばかりの、「洋菓子の山岡」。

長嶺の立派な店舗とはまた違って、こじんまりとした感じが、町の洋菓子さんといった雰囲気で素敵です。

お店に入ると、ショーケースの中にケーキやマカロン、箱菓子がずらりと並んでいます。

ケーキは長嶺店と同じものが置いてありますが、こちらの御船店では、気さくに話しかけてくださるお客さんも多いそうで、長嶺にはないアットホームな雰囲気もあるようです。

御船ならではの恐竜の化石クッキーや…

S・M・Lサイズがそろった恐竜の卵など、御船店限定の商品もたくさんあります。

箱菓子の包装紙も恐竜の柄だったり、恐竜大好きな男の子へのプレゼントにも良さそうです。

贈り物で知人に渡したところ、「とっても美味しかった!!これ、どこのお店で買えるの?」と大変気に入ってもらえたので、「今度は自分用に買いにきました」と言って、買いに来てくださるお客様もいらっしゃったそうで、さすがのクオリティです。

感動するほど美味しいケーキ

「どれにしようかなぁ」と迷う時間も贅沢で楽しい、ケーキ屋さんでのケーキ選び。

こちらのケーキは、ショートニングやマーガリンは使われておらず、フレッシュ生クリームや発酵バターなど、高品質の材料が使われているので、美味しいだけでなく、体にも優しいケーキです。

キラキラしたケーキがたくさんあって、どれも食べたくなりますが、ポンムバニーユをいただいてみました。

りんご風味のバニラムースとキャラメルクリームを使ったタルト。
一口食べると、ふわっとしたりんごの甘酸っぱさと、濃厚なキャラメルの風味が口いっぱいに広がって、

あまりの美味しさに感激!

キャラメリゼのカリカリした食感も楽しくて、何口食べても新鮮で飽きが来ず、最後までずっと幸せにひたれるケーキでした!

こちらの「私のテリーヌチョコレート」もおすすめとのことで、チョコレートにもこだわられています。

冬場はヴァローナのチョコレートを使われるそうですが、カカオの香りや風味がよく、とっても口溶けが良いのが特徴とのことです。

この時期だけ!おすすめのフレジェ

オーナーシェフの山岡さんから、「12月頃から出始めるフレジェがとにかく人気なので食べてみてください!」と言われ、後から長嶺の本店の方にお邪魔して、出始めたばかりのフレジェもいただいてみることに…

長嶺にある「パレメルヴェイユ ヤマオカ」はおしゃれで立派な造り。駐車場も広々としています。

華やかなショーケースを見てみると…

ありました!フレジェ!!

イートインスペースもあったので、早速その場でいただいてみることに…

薄いスポンジの間に、クリームとごろごろとした大きないちごがふんだんに使われていて、ルビーのようにキラキラ!

こちらのクリームは、クレームムースリーヌという、カスタードクリームとバターをホイップした、こくのあるクリーム。ここに隙間なくぎっしりと、その時期に美味しい旬のいちごがつめられています。

フォークで一口食べてみると……

あぁ~っ!

美味しすぎて泣きそう…!

もう本当に一口食べただけで、美味しくて幸せで、あまりの感動に涙が出そうでした!

華やかないちごのソースと、濃厚なのに、まったくしつこさがない上品なクリーム、そしてとってもフレッシュでジューシーな甘いゆうべにの美味しさが、200%の完璧なマッチング!

ケーキの底には薄いチョコレートの層もあり、これがまたサプライズ感と、味のアクセントにもなっていて、素晴らしい美味しさです!アーモンドパウダーが配合されている生地も、しっとりした食感で、全体をまとめてくれています。

最後の一口まで、大切に大切に…泣けるほどの幸せを噛みしめながら、ゆっくりと味わいました。

フランスでも修業されたオーナーシェフ

オーナーシェフの山岡さんは、朝から長嶺の工場でケーキを作られて、できたケーキを持って、毎日御船まで通われているそうで、日中は御船店のほうにいらっしゃいます。

もともとは大手企業でサラリーマンをされていたそうですが、会社を退職し、パンやケーキを運ぶバイトから、作り手の立場に…。熊本や東京の有名店で修業されたあと、本場フランスのニースとパリでも修業を積まれました。

店内にも、フランスでの修業時代の思い出の写真が飾られています。

山岡さんは幼いころ、ケーキ屋さんさえもない天水の小さな集落で、おばあちゃんと一緒にやきだごを作ったりされていたそうで、「素朴なお菓子だったけど、それがなによりも楽しくて、おやつを食べるのが幸せだった」と話されます。そんな原体験があるからこそ、「美味しいケーキを作って、町の人とのふれいあいも大切にして、みんなに幸せになってほしい」と、美味しく美しいケーキが作れるんだなぁ、としみじみ感じました。

現在でも、年に4回は東京に行き、いろんなケーキを食べ歩きながら勉強を重ねられているとのこと。そのあくなき探求心と、おばあちゃんとの思い出から始まったケーキ作りへの熱い想いに胸を打たれました。

御船にもお店がオープンしたので、まだヤマオカのケーキを食べたことがない方は、ぜひ一度、心震わす感動的なケーキをご賞味ください!

洋菓子の山岡

営業時間

10:00~18:00

定休日

火・水曜日

駐車場

あり

ホームページ

https://www.yamaoka1994.jp/

電話番号 096-282-2225

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

これこれ、この味…!「しあわせ手料理 だいこん亭」のぬくもりのあるご飯が魂にしみる

2023.01.24

漢方茶も飲める!書家が営む斬新なバー「且座喫酒 桃(しゃざきっさ もも)」

2023.01.22

水害から2年半…人吉青井阿蘇神社に初詣に行ってきた

2023.01.05

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

PUBLIC RELATIONS

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal