*
とじる
*
とじる
*
とじる

夏こそ食べたい本場オモニの味!ちょっと穴場の韓国料理「夢あり(Kum Ari)」

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

夏本場に差し掛かり、毎日うだるような暑さ…

そんな時は、さっぱりしたものも良いですが、あえて汗が噴き出るような辛い料理もいいですよね!子飼で、ちょっと穴場的な韓国料理のお店を見つけました。


外壁まっピンクの韓国料理店

こちらが、子飼橋の下の、大通りから外れたところにポツンとある「夢あり(Kum Ari)」。

外壁は鮮やかなピンクで、橋の上から見ても、ひと際目立つお店です。

お店は、玄関で靴を脱いであがるようになっていて、お友達のおうちにお邪魔したかのような、あったかい雰囲気です。

品数豊富なランチにびっくり!

ランチは1,500円(税込)で、海鮮チゲ・スンドゥブ・キンパの3種類から選ぶことができます。

こちらはスンドゥブのランチですが、ご飯やスンドゥブのほか、焼き物もついて、さらにキムチ、ナムルなど、小鉢がいっぱい…!!思わず、「うわぁ~!おいしそう!」っと声が出るほど。

スンドゥブは、できたて熱々で真っ赤なスープの色が食欲をそそります。

卵を割って、とろ~りとお豆腐と一緒に口に入れると…うん、美味しいっ!

豆腐のふわふわ感と辛いスープ、卵黄のまろやかさが調和して、これぞ韓国料理!顔に汗がにじみます。

こちらは、ジョンと呼ばれる焼き物で、昔は王様しか食べられなかった宮中料理なのだそうです。

この日は、ひき肉をエゴマの葉に包んだものとエビのジョンがありましたが、どちらも香ばしくて、お肉やエビのうま味たっぷり!王様気分を味わいながらいただきました。

すべて手作りで愛情たっぷり!

小鉢で提供されるナムルやキムチなど、既製品は一切使われておらず、お料理はすべて手作り!

店主は韓国の女性で、とっても優しくて、あったかいオモニ。昔から料理が大好きで、子どもが大きくなって手が離れたのを機に、お店を始められたそうです。提供されるゴボウ茶も手作りされているそうで、どれもこれもオモニの愛情がこもった料理ばかりです。

お店の横には、手の行き届いた畑があり、エゴマの葉は、こちらの畑でとれたもの。

野菜から手作りされているのは驚きです!!

テイクアウトもあり、チヂミ、海鮮チヂミ、キンパ、チャプチェなどを持ち帰りすることもできるので、おうちで家族や友人とゆっくり食べるのもオススメです。

料理が大好きなオモニが愛情を込めて作る手料理が味わえる、ちょっと穴場の韓国料理店。心も体もあったまるような、ほっこりできるお店でした!

夢あり Kum Ari 꿈 아리

営業時間

ランチ 11:30~14:00(L.O.)

ディナー 17:30~20:00

※ディナーは3,500円(税込)~

コース料理のため、予約をお願いいたします。

定休日

水曜日

駐車場

あり

電話番号 080-5604-0468

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

泊まりたくなる空間「だご汁茶寮 ここのつ」で上品なだご汁を食す幸せ

2021.07.20

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal