*
とじる
*
とじる
*
とじる

愛と優しさに包まれる!知ってよかった東区の隠れ家レストラン「創作料理 ざわわ」

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

忙しい毎日の中で、誰かに作ってもらった美味しいご飯を、のんびりと味わえる時間って最高に幸せ!

素材にこだわりぬいた贅沢なコース料理なのに、気取らずに食事ができ、そしてお値段もリーズナブルという、知る人ぞ知る、予約殺到の人気店が熊本市東区の住宅街にありました!


住宅街の中にひっそりとたたずむ隠れ家

お店の場所は、熊本市東区桜木の住宅街。

「こんな住宅街にお店があるの?」ときょろきょろしてしまうほどですが、こちらの小さな緑の看板が目印です。看板の下には駐車場もあります。

鮮やかな緑の木々に包まれたおうちのようなお店で、この光景を見るだけでも癒されます。

店内はゆったりとした空間で、一面木材なので、あったかくて優しい雰囲気。

ほっと心が安らぐような、くつろぎの空間です。

コース料理が1,350円ととってもお手軽!

メニューの方は、週替わりのランチやハンバーグ、お魚やお肉のコースがありますが、価格は1,350円〜2,500円ととってもお手軽です。週替わりの自家製雑穀ポークカレーをいただいてみました。

前菜は、自家製の酵素ジュースにサラダ、きな粉豆腐に煮物と、かわいらしい4種盛り。

酵素ジュースは旬の果物を使って作られているそうで、この日のジュースは柑橘系。とってもさわやかで美味でした。

そしてかぼちゃのスープ。

ほっくりしたかぼちゃの優しい甘みそのもの!といったスープで、食べるとほっとする美味しさです。

そしてメインのカレーがこちら!

こんもりと盛られた雑穀米に、とろっとろのカレー。

さらに、ナスやかぼちゃ、しめじ、いんげん、大根…とトッピングも華やかで、じっくり煮込まれたとろける豚肉も入っています。お米は,、美味しいお水で育った西原村の棚田米、野菜は主に、自家菜園で作った野菜を使われているそうで、素材から大事にされています。

じっくりと煮込まれたカレーは、野菜のうまみがたっぷり!辛さは控えめで、マイルドで優しい味です。玉ねぎを炒めるところから始まり、2晩かけて作られているそうで、本当に手が込んだ一品!付け合わせの大根もだし汁で煮てあったり、細かいところまで丁寧に作られたお料理に感激です!

デザートプレートが3種盛りで嬉しい!

このコースになんと、デザートまでついてくるという嬉しい内容!

デザートプレートは、フルーツとココアシフォン、プリンの3種類。

ココアシフォンはふわっふわで、とろとろの生クリームとの相性も抜群!プリンも優しい甘さの、つるんとした素朴なプリンで、お料理もデザートも、とことん優しい味!オーナーのお人柄が伝わるかのようです。

10年前のオープン当初から一貫して、「できるだけ健康に良いものを」と、安心して食べられるお米や野菜を使われているそうで、見えない部分にも力を入れられています。ログハウスのあたたかい雰囲気の中で、美味しく体に優しいお料理をのんびり楽しめる、何度でも通いたくなるお店でした!

創作料理 ざわわ

営業時間

ランチ 11:30~15:00(O.S.14:00)

ディナー 18:00~21:30(O.S.21:00)

※ディナータイムは、前日14:00までの予約制

定休日

日曜日

駐車場

あり

電話番号 096-331-9191

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

エアコン掃除が2,200円!?4月29日30日に八代であるKクリーンの決算大セールがすごい

PR

2022.04.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal