*
とじる
*
とじる
*
とじる

穴場感がすごい。ライブハウス「BAHIA」(バイーア)のスリランカカレーが絶品!

ライター:ちえ ちえ

「最近、おいしいカレーが食べられるお店を見つけたよ!」と知人から聞き、それは聞き捨てならん!とお店の名前を訪ねてみると、街にある「BAHIA」というお店だそう。街なかの有名なカレー店の名前は、大体把握しているつもりだった私ですが、ここは初耳!調べてみると、なんとライブハウスでスリランカカレーが食べられるそうで、ちょっと穴場感のあるお店に行ってきました!


古民家を改装したこじんまりとしたライブハウス

「BAHIA」の場所は、並木坂から入った坊主通り沿い。温石惣菜の角を曲がると、スリランカの国旗が見えてきます。

お店は2階で、こちらの細い階段を上った左手側になります。

2階に上がると、早速カレーのスパイシーな香りが鼻腔を刺激します。

店内は、古民家を改装して作られたとあって、しっとり落ち着いた、大人の雰囲気です。

アップライトピアノとドラムセットも置いてあり、夜はライブが行われることも。

カウンター席とテーブル席4席ほどのこじんまりとしたお店で、この空間で生演奏を聴けるなんて、どんなに幸せだろうと、想像するだけでもうっとりするほどです。

一口目から最後の一口までひたすらおいしい!

ランチメニューは、スリランカカレー、フライドライスカレー、ヌードルカレーの3種。辛さは普通で辛口相当ですが、マイルドにしたり、辛さを追加したりすることも可能です。

辛さは通常のヌードルカレーをいただいてみました。

大きなチキンにじゃがいも、ピーマンやナスを炒めた副菜付きで、ビーフンにも人参などの野菜たっぷり!

まずはカレーを食べてみると、スパイスの香りや辛さと、ココナッツミルクのまろやかさが調和して、絶品!可能であれば、今すぐスリランカに飛び立ちたい!これはもう、やみつきになる味です。

ビーフンと絡めてもおいしいし、チキンも柔らかく、副菜がまた、単独で食べても、カレーと混ぜて食べても美味。最初の一口から、最後の一口まで、ただひたすらおいしくて、大満足でした。

食後にはセイロンティーもついて850円(税込)。カレーはテイクアウトも可能です。

今年の9月からスタートしたスリランカカレーは大好評!

こちらが、おいし~いカレーを作ってくださる、スリランカ人のシェフです。

とあるお店で、「BAHIA」のオーナーである智佳子サガンさんと知り合ったご縁で、今年の9月から、こちらのお店でカレーを提供することになったそうです。

ちなみに、優しく丁寧な接客をされるオーナーの智佳子サガンさんは、なんとピアニストで、ライブでピアノを演奏されることも。

さらに、お店を営むかたわら、小説も執筆して出版されたという、多彩な才能をお持ちの方です。

ランチタイムは、お客様がひっきりなしに訪れるほど人気のお店。ライブがある夜は、生演奏を聴きながらカレーやお酒を楽しむことができるので、音楽がお好きな方は、ライブに行かれるのもおすすめです。

※固定電話不調のため、予約やお問い合わせ等は、下記の携帯番号にショートメールを入れてもらえれば、オーナーから電話されるそうです。

BAHIA

営業時間

ランチ 11:30~15:00(月・火・木・金のみ)

ディナー 18:00~22:00もしくは22:30

※ライブがある時は19:00~

定休日

水曜日

ブログ

http://blog.livedoor.jp/bahia1958/

電話番号 090-1369-5567

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal