*
とじる
*
とじる
*
とじる

南阿蘇でネギもりもりのオシャレたこ焼き発見!「万福小屋どんぶらこ」のたこ焼きがとろふわでたまらない!

ライター:山田 山田
キーワード:

南阿蘇っておしゃれなお店が多いですが、たこ焼き屋さんまでおしゃれなお店を発見!熊本県道28号熊本高森線で沿い、久木野に差し掛かる手前くらいにある「万福小屋どんぶらこ」。たこ焼きを中心としたお店なのですが、ふらっと立ち寄るとトロトロふわふわのたこ焼きに溢れんばかりのネギがこんもりで、めちゃくちゃ美味しい!お店の雰囲気もとてもレトロな感じで大満足のお店でした!


県道沿いのレトロな小屋で

俵山トンネルをくぐり南阿蘇を進んでいくと右手に見えてくる「万福小屋どんぶらこ」。

なんだかレトロな感じがするお店ですが、たこ焼きのお店なんです。南阿蘇でたこ焼き屋ってあんまりないよなぁと思いながらお邪魔してみました!

たこ焼き3種類と、トルティーヤで巻いたオリジナル商品の「多幸巻」なるものがあるそうです。

「ネギマヨたこ焼き」がリピーターも多いという話を聞いたので、お願いしてみました!

テイクアウトが基本ですが、店内で食べていってもOK!

その店内もめちゃくちゃレトロだしオシャレだし良い感じ!

とにかくネギの量が凄い

こちらが「ネギマヨたこ焼き」。8個入りで600円です。

もうね、まずで見た目のインパクトですよ。ネギの量がすっごい。想像していた倍くらい乗ってる。

たこ焼きも1玉がけっこう大きいのに、端の方しか見えへんて!

持ち上げるとボロボロ落ちていくのですが、それでもこのネギ感。

新鮮でシャキシャキしていて、たこ焼きはもちろん、ソース、マヨネーズとの相性もばっちりです。

表面はしっかり焼けていて、中はかなりとろとろしています。だしもバッチリ効いていて美味。

たこはもちろん、たこ焼き自体が大きいので食べごたえも十分です!

人が集まる地域のお店

店主の山口さんは、神奈川県から南阿蘇村に移住してこのお店を始めたそう。

気さくな人柄で、地域の人とも打ち解け、観光客よりも地域の方が多いお店なんです。

たこ焼きの他にも、焼き芋や、

野菜なんかも置いてあります。他にもハンドメイド雑貨なども並んでいましたよ!

たこ焼きを待つ間、眺めていても面白いです!

美味しいたこ焼きはぜひネギたっぷりのネギマヨで!

南阿蘇村のたこ焼き屋「万福小屋どんぶらこ」。

たこ焼きの美味しさはもちろん、観光向けの多いエリアにあって、地域に根付いた雰囲気のお店でした。

ネギがたっぷり乗った「ネギマヨたこ焼き」はリピーターが多いのもうなずける一品でしたので、ぜひお試しください!

万福小屋どんぶらこ

住所

熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰4510-4

営業時間

10:00~17:00

定休日

第1・3水曜日、木曜日(祝日の場合は営業)

電話番号 080-6452-0111

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は睡眠で、朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

良いものはやっぱり良い!昔ながらのやり方で一番搾りのなたね油を作る益城町の「坂本製油」

2021.05.14

阿蘇の牛乳が美味しいのは分かるけどたくさんありすぎじゃない?ご当地牛乳5種類飲み比べてみた

2021.05.14

国道沿いにポツンとある「コロッケの店みふね」のお弁当がコロッケ以外も揚げ物たっぷりボリューム満点で大満足!

2021.05.13

あっ、求めてたのこれ 滝室坂にある「お食事処たきむろ」がおふくろの味過ぎて感動した

2021.05.12

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ファンシードールがコンシェルジュサービスを始めたって。【読者プレゼントあり】

2021.05.03

無人島で文明的ソロキャンプ!電気の力で無人島もめちゃくちゃ快適だった

2021.04.30

PUBLIC RELATIONS

ファンシードールがコンシェルジュサービスを始めたって。【読者プレゼントあり】

2021.05.03

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal