*
とじる
*
とじる
*
とじる

父は陶器を焼き息子はピザを焼く!御船町の山の中にある「蜩窯」のカフェ「ヒグラシ」で窯焼きピザを堪能!

ライター:山田 山田
キーワード:

御船町の山中にある「蜩窯(ひぐらしがま)」。趣きある蔵で、父親は陶器を、息子はピザを焼いて販売しています。しかし本当にナビでもたどり着けない林道を越えた山の中にあり、たどり着くまでもちょっと大変な場所。それでも行く価値があるくらい素敵な雰囲気と美味しいピザが楽しめるお店ですよ!


たどり着くまでが大変!山の中の趣きある「蜩窯」

御船町田代にある「蜩窯」そして「CAFE & PIZZA ヒグラシ」。自然の中でただそこにいるだけで気持ちいいようなお店ですが、

なにより、たどり着くのが大変!場所は吉無田水源近くの山の中で、途中から林道を通るのでナビで向かうこともできません。ナビを信じて進み谷の向こう側に到着してしまうこともあるそうです。

西原村方面から向かうルートと、御船町・山都町方面から向かうルートがあります。吉無田水源を目指して、途中から看板が出ているのでそれに従って進みましょう!

今回は西原村方面から向かいましたが、途中までは難なく行けたものの、この看板から先が結構大変。

途中から舗装が痛いんでいる場所もある上、斜面なので車高が低い車だとガジガジっとなるでしょう。お気をつけて。

「この道であってるの…?」と不安になったら、その道で正解です。4~5分ほどで到着しますよ!なお、雪の積もった日は命がけになるので休業されるそうです。

まずは陶器をごらんあれ

蔵についたこの潜り戸から店内へ。めっちゃ雰囲気いい感じです。

するとまず最初に目につくのがこの陶器。もともとは窯元として創業したお店なので、自家製の陶器がずらっとならんでいます。

蔵も昔ながらの作りで立派な梁や柱が目に付きますが、実はこの蔵、もともと三角西港に建っていたもの。30年ほど前に道路の拡幅工事で取り壊されそうになった際、移築されたそう。今ではもう世界遺産に登録されていますから、絶対に無理なやつ。

振り返るとギャラリーからカフェにがらっと変わります。

薪ストーブがしっかり馴染んていて雰囲気も最高です。

自家製ベーコンをたっぷり!ヒグラシベーコンピザ

メニューはメインはピザのみで8種類!サイドメニューにサラダとデザートも1種類ずつあります。

ドリンクも合わせたセットにするとお得みたいです!

今回は自家製ベーコンを使っているというピザ「ヒグラシベーコン」をいただきました!

ピザは石窯で薪を使って一瞬で焼き上げる

ピザはこちらの石窯で焼いています。内部は約550℃。近づくと薪の燃えるいい香りがしました。

ここに、この自家製ヒグラシベーコンがたっぷり乗ったピザを投入します。

高温なので、焼き上がるまで約1分半ほどしかかかりません。

うおー!と叫びながら写真を撮っていたら本当にあっという間に焼き上がりました。

こちらが「ヒグラシベーコン」のピザ。ボリュームもなかなか!

短い時間で焼き上げているので、生地は薄めなのに表面は香ばしくて中は柔らかくモチっとしています。

トマトもフレッシュさが残りつつも、加熱されたことで甘みが引き立っています!

自家製のベーコンも桜のチップで燻製しているらしく風味豊か。ここまで来たかいのある美味しさです。

自家製のオイルで辛味も追加。そんなに辛くはないですが、味がグッと引き立ちますよ!

コーヒーを始め、水はすべて吉無田水源から引いている水。どうりでまろやかで美味しい。

もちろん、カップやそのほかの食器も全部自家製。陶器で飲むコーヒーはどこか格別な味がします。

テイクアウトも可!ゆっくり美味しいピザを召し上がれ!

カフェ「ヒグラシ」の渡邉さん。お父さんが陶器を焼かれ、渡邉さんはピザを焼いている焼き物親子。

地元の素材を使い、自然の中で薪窯を使って焼き上げたピザは本当に美味しかったですよ!

普段なかなか足を運ぶこともないような山の中ですが、口コミで土日は予約しないと入れないほど人気のお店。

テイクアウトもできるので、自然の中で食べてみても美味しいかもしれませんね!

蜩窯 PIZZA&CAFE ヒグラシ

住所

熊本県上益城郡御船町田代8450-375

営業時間

11:00~18:00(ピザ生地がなくなり次第終了)

定休日

木曜日
(積雪の日は臨時休業になるので要確認)

電話番号 096-285-2426

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

健軍神社参道沿いにある「HEIKEYA」でふわっふわの台湾かき氷を満喫!あまくてひんやり最高かよ!

2021.07.25

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

うどん出汁の氷入り!溶けても薄まらない五平太の「冷やしうどん」でひんやり満腹に!

2021.07.22

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

あか牛一頭買いの焼肉店「褐火(かっか)総本店」が7月10日銀座通りにオープン!会計の総額と同額の商品券がもらえるぞ!

2021.07.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal