*
とじる
*
とじる
*
とじる

卵と鶏のこだわりがすごい!「いぶし吟食堂」の卵の黄身がボフッと乗った親子丼ランチとプリンを食べに行ったら卵祭りになった

ライター:山田 山田
キーワード:

熊本市北区龍田にある「いぶし吟食堂」。こだわりはめちゃくちゃ厳選した「黒岩土鶏」のお肉と卵。卵をとじた後に、さらに1つ黄身を落とした親子丼と、同じく卵の黄身がまるっと乗った「地鶏卵の生プリン」を取材してきました!


とにかく卵を見てほしい

まずはこちらの「親子丼ランチ(税別800円、テイクアウトは税別700円)」をごらんください。

ここに今回は親子丼とプリン目的でしたが「せっかく取材に来てくれたから~」と

チキン南蛮が追加されました。おぅ、ボリューミー。チキン南蛮セットもあり税別1200円(テイクアウトは税別900円)、さらにはこの親子丼とチキン南蛮のセットもあり税別1600円です。

まずは親子丼。ふわっふわにとじられた卵の上に、卵の黄身がボフッと乗っています。

「いぶし吟食堂」で使われている卵はすべて有精卵。濃厚な味わいで「あ、卵ってこんな味だよね」って実感させてくれる美味しさ。

使用している卵も鶏肉も「黒岩土鶏」という宮崎県の森林飼育された鶏。各地から取り寄せ厳選を重ねてたどり着いたこだわりの一品です。

出汁の主張は少なく、卵も鶏肉の旨味がしっかりしていて優しい味わいながら、素材の味が生きていて美味しいんです。もも肉はキュッと引き締まっていて食べごたえも十分。

まずは少し、そのまま食べて、

上に乗った卵をぷちゅん!と。

たらーりと黄身が広がって、さらに味わい深く!この美味しさめっちゃ贅沢です!

続いて、チキン南蛮。甘酢の染み込んだ玉ねぎとにんじんに、自家製のタルタルソースがたっぷりかかっています。

野菜と一緒に、タルタルソースをたっぷり着けていただきます!

こちらはむね肉ですが、ヘルシーなのに鶏肉の味がしっかりしています。甘酢やタルタルソースに負けてない。

親子丼に負けじと、こちらも美味しい。

あまりにも「この鶏肉美味しい!!」と騒いでいたら、手羽先もだしてくれました。

手羽元までついているので、かなりデカイ。さらに味も濃くて激ウマでした。

デザートにプリンも

チキン南蛮とか手羽先とか思いのほか、たくさん食べてしまいましたが、デザートに目的のひとつだった「地鶏卵の生プリン(税別500円)」をいただきました。

まずはもう、見た目のインパクトよ!

まずは白い部分だけ食べてみたのですが、ミルクムースみたいな感じで、優しい甘みで、これはこれで美味しいのですが、プリン感は少ない味わい。

次に、親子丼のときと同じ要領で卵プチュンして一緒に。

生卵なのに、生臭さが全然なくて、卵の美味しさがそのまま感じられました。

これに、カラメルソースをかけると

「あ、プリンや」っとめっちゃ笑顔になります。笑いました。

そう、最初はミルク、生卵、カラメルとプリンの材料が別々に出てきた状態。合わせるとめっちゃプリンになるんです。

これをかき混ぜると完全に生プリン。生卵を使っているので、これはお店でしか味わえない美味しさ。

なにより、味が変わっていく変化がめっちゃ面白い。一度食べてみる価値がありますよ!

「この卵、たまごかけご飯にしたら美味しそう」と余計なことを言ってしまった

親子丼、チキン南蛮、手羽先、プリンと食べてお腹いっぱいになったのですが、「この卵めっちゃ美味いです!たまごかけご飯にしたら美味しそう!」と余計なことを言ったがために

「ありますよ」と出てきたのがこちら。たまごかけご飯セット~!(おかか)。

飲んだ後のシメにたまごかけご飯食べる人が多いらしいですが、デザートにプリンまで食べた食事のシメにたまごかけご飯を食べることになろうとは…!

食べ方はお好みですが、オススメは卵を黄身だけ乗せて醤油かけてプチュンしてかき混ぜる!

この「黒岩土鶏」の有精卵は殻が固く黄身が柔らかいので上手に黄身だけ乗せるのが難しいらしいですが「上手ですね」って褒められました。

普通にご飯と卵としょうゆだけでも最高に美味しいと思うのですが、

おかかとバターで炒めた焦がしネギが濃厚な卵と相性抜群過ぎて、あれだけ食べた後でも一瞬でなくなりました。

やっぱり、たまごかけご飯にしたら、最高に美味しかったです。

このこだわりの鶏肉と卵はぜひ一度食すべき!

お店を切り盛りするオーナーご夫妻が厳選した「黒岩土鶏」というお肉、そして卵は初めて食べましたが、本当に絶品でした!どんな食べ方でも美味しくいただけました!

店内にはピアノもあり、時折、オーナーが演奏してくださるそうです!

親子丼やチキン南蛮などのランチはテイクアウトメニューもあるので、ぜひこだわりと鶏肉と卵を楽しんでみてください!!

いぶし吟食堂

住所

〒861-8006 熊本県熊本市北区龍田9丁目4−41

営業時間

昼 11:30~14:30
夜 18:00~22:00
(緊急事態宣言中は11:30~20:00)

定休日

月曜日(祝日の場合、翌営業日)
ランチのみ木曜休み

電話番号 0962885277

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は睡眠で、朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

旧浜線の老舗ラーメン店「一福」の昔なつかしい味わいの豚骨ラーメン!半やきめしセットでいただきます

2021.05.17

SNSでも話題になっている産山村・扇棚田の田植えを見てきたら超絶景だった

2021.05.16

良いものはやっぱり良い!昔ながらのやり方で一番搾りのなたね油を作る益城町の「坂本製油」

2021.05.14

阿蘇の牛乳が美味しいのは分かるけどたくさんありすぎじゃない?ご当地牛乳5種類飲み比べてみた

2021.05.14

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ファンシードールがコンシェルジュサービスを始めたって。【読者プレゼントあり】

2021.05.03

無人島で文明的ソロキャンプ!電気の力で無人島もめちゃくちゃ快適だった

2021.04.30

PUBLIC RELATIONS

ファンシードールがコンシェルジュサービスを始めたって。【読者プレゼントあり】

2021.05.03

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal