*
とじる
*
とじる
*
とじる

上通りの気になるパン屋「1度はたちよってみたいメロンパン屋」に立ち寄ってみた

ライター:羽田さえ 羽田さえ

上通りのアーケード街に看板だけが出ていてお店が見えない「1度はたちよってみたいメロンパン屋」。
気になっている人も多いかもしれません。名前のとおり一度たちよってみることにしました。


マニアックな立地にある隠れ家メロンパン屋

メロンパン屋看板

上通りのアーケード街を歩いていると見かける「一度はたちよってみたいメロンパン屋」の看板。
チーズタルトの「フランベ」の隣にあるメロンパン専門店です。

メロンパン屋入口
上通側の入口からは、お店は全く見えません。看板を頼りにビルの奥へと進みます。

メロンパン屋外観
突き当たりを曲がった先にお店があります。

メロンパン屋ベンチ
ベンチがあるので、買ってすぐにその場でいただくこともできますよ。

看板メニューのメロンパンを実食!

メロンパン屋メニュー
迷ってしまうほど豊富なメニューがあります。
まずは看板メニューの「焼きたて“匠”メロンパン オリジナル」(税込200円)を購入。

メロンパン1
ザクザクとした外側は香ばしいクッキー生地で、甘い香りとカリカリの食感が楽しめます。
国産のきび砂糖やアーモンドプードルが使われているのだとか。

メロンパン2
中はふんわりもっちりしたブリオッシュ生地になっていて、優しい甘みが広がります。
食感は軽めなのに密度は濃くボリュームがあるので、女子のおやつならひとつで充分かも。

ダークホースの焼きカレーパンも絶品

カレーパン1
メロンパン専門店らしいメニューの中で、異彩を放つのが「焼きチーズカレーパン」(税込250円)。
甘いものが苦手な方を誘って出かけるなら、これがおすすめです。

カレーパン2
サクサクしたパン粉の食感に、たっぷりトッピングされた濃厚なチーズの風味が加わって、食べごたえあり!
中のカレーはマイルドですが、スパイスの味わいも感じられる本格派です。

まとめ

メロンパン1
ビルの奥でこっそり営業している「一度はたちよってみたいメロンパン屋」。

ベーシックなメロンパンからクリーム入り、カレーパンまで豊富な品揃えも魅力です。
一度と言わず、また立ち寄ってみたくなるお店でした。

■一度はたちよってみたいメロンパン屋 上通店■

住所:熊本市中央区上通町5−6村上屋ビル1F
電話番号:096-288-1664
営業時間:10:00~19:00
定休日:無休(年末年始休みあり)
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

羽田さえ

羽田さえ

1970年代生まれのトラベルライター。結婚を機に熊本へ移住し、普段は中央区をうろうろしています。おいしいもの、レトロなもの、じわじわくるB級系も好き。

このライターが書いた他の記事

【くまもとの巨木】ひまわりと一緒に楽しめる 北区北迫町の「寂心さんの樟(じゃくしんさんのくす)」

2019.08.06

【くまもとの巨木】 まるでトトロの世界!菊池市の「村吉の天神さん」

2019.07.29

2月にできた噂の焼き芋専門店「ミツイモタイム」九品寺店のあまーい焼き芋!

2019.04.24

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03