*
とじる
*
とじる
*
とじる

カフェ&キッズスペース併設!家族で楽しめる「ジャッカロープクライミングジム」

ライター:ちえ ちえ

昨年11月末に南高江にオープンしたばかりの「ジャッカロープクライミングジム」。カフェやキッズスペースがあり、子どもから大人まで、家族ぐるみでボルタリングが楽しめるクライミングジムに体験に行ってきました!


新しいクライミングジムが誕生!

ジムの場所は国道3号線から川尻方面へと向かう県道297号線沿い。こちらの黒い看板が目印です。

手前に駐車場があり、奥にジムがあります。

ジムの壁は、色とりどりのホールド(壁についている石)は、見ているだけでわくわくします!

壁はそれぞれ90度、105度、125度、天井まで登るルーフ、緩やかな傾斜のスラブの5面となっており、たくさんのコースが設置されています。

こだわりのカフェとキッズスペースが魅力!

こちらのジムには、カフェとキッズスペースが併設されています。

カフェのメニューはホッと一息つけるコーヒーから、元気いっぱい登るためのスポーツ飲料やエナジードリンクまで揃っています。

コーヒーを抽出するマシンが設置されており、厳選された豆で淹れたこだわりのコーヒーを堪能することができます。

カフェのほか、キッズスペースも…

ゆったりとくつろげるソファや座椅子のほか、ハンモックや黒板、絵本などもあり、子どもたちも楽しく遊ぶことができます。

こちらがオーナーの金子さん夫妻。5歳のお子さんがいるそうで、子どもに優しい設計も頷けます。

さらに金子さんは、元看護師という異色の経歴の持ち主!小児科・整形外科・リハビリ等の経験をもち、ジュニアスポーツシューフィッターの資格も持っているそうなので、安心して子どもを任せられます。

また、オーナー自らがデザインを手がけた、オリジナルブランドのTシャツ等も販売されています。

初心者でも登れる?実際に体験してみた!

子どもや初心者にも優しいジムということで、初心者代表として、実際にクライミングに挑戦してみました。

まずは初回登録をすませ、クライミング用のシューズを履きます。

そして、金子さんから基本的な説明を聞いて、実際にチャレンジ!

ボルタリングは、同じ壁でも違う難易度で楽しめます。難易度ごとに手足をおける石が違い、色や近くに貼られているシールの色で自分のレベルに合ったものを選んでいきます。

今回は、足の置き場は自由で手をかける場所だけが指定されている、7級以下のピンクのシールのコースに挑戦!

まず壁を見て、どのように登るのか、イメージを膨らませて、スタートの位置から登り始めます。

実際にやってみると、初心者でも意外と登れる!

少し難しいところでは、下から金子さんが「右足を緑のところに置いてみて」などと声をかけてくれて、その通りにやってみると、驚くほどスムーズ!ゴールのホールド(壁の突起物)を両手でつかんで3秒ほど保持すれば、コースクリアとなります。ゴールすると、爽快な達成感を味わえました。

クライミング後はカフェでゆったり。おいしいコーヒーを飲みながらくつろげるのも「ジャッカロープ」ならではです。

金子さんの話によると、体に負担をかけず、いかに楽して登るかを考えるのがクライミングの醍醐味だそうです。

まとめ

カフェ&キッズスペース併設で、子どもでも初心者でも楽しめるジャッカロープ。キッズスクールもあり、頭も体も使うクライミングは、子どもたちにも人気とのこと。初心者でも取り組みやすいコースも多く設置されているので、未経験の方も気軽に挑戦してみられてはいかがでしょうか。

■jackarope climbing(ジャッカロープクライミング)■

営業時間:10:00~23:00
定休日:無休 ※不定休あり
TEL 096-201-1218
住所:熊本市中央区南高江2丁目11-18
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

まだまだ夏!バーベキューもできる菊池の水遊びスポット「千畳河原大場堰」が爽快感ハンパない!

2019.08.17

水道町にある「ビストロ食堂Julienne(ジュリエンヌ)で彩り野菜たっぷりのこだわりの贅沢フレンチ!

2019.08.14

ビールの飲み比べもできる!東区小峯にオープンしたくつろげる素敵空間「cafe AZUR」

2019.08.11

安くておいしい!田崎市場開設時から50年以上愛され続ける大衆食堂「万榮食堂」

2019.08.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03