*
とじる
*
とじる
*
とじる

本場宮崎でもなかなか食べられない、「びっくりするほど柔らかく、美味しい地鶏が食べられるお店がある」との噂を聞いてやってきた「宮崎発地鶏センター」。中心市街地から外れたところにある居酒屋さんですが、行ってみると、その人気っぷりも納得の美味しさで、隠れた名店を発見してしまいました。


熊本市北区のアットホームな居酒屋

宮崎発地鶏センターがあるのは、熊本市北区清水亀井町。

八景水谷駅から歩いてすぐ、熊本八景水谷郵便局のすぐ向かい側の赤ちょうちんが目印です。

お店は1階と2階があり、カウンターもテーブルも満席の人気っぷりです。

暖房とストーブがあり、冬でもぬくぬく。寒い夜でも快適に心地よく、美味しいビールを楽しめます。

地鶏専門店でありながらメニューが豊富

メニューでおすすめなのは、なんといっても地鶏炭火焼!

地鶏は100gから量を選ぶことができ、サラダ類やお刺身、揚げ物などの一品メニューも充実しています。

地鶏専門店でありながら、お刺身や馬刺しまで食べられるのも魅力です。

地鶏のシメに追い飯や、もつ鍋なども…

飲みものも、生ビールや瓶ビール、ハイボールに焼酎から、果実酒やカクテルまで、充実しています。

毎週水曜日限定でランチもあり、テイクアウトもできるので、おうちでゆっくり居酒屋メニューを楽しむのも良さそうです。

衝撃の地鶏の炭火焼!

早速、地鶏の炭火焼きをいただいてみることに…

熱々の鉄板の上に、焼きたての炭火焼。

手作りの辛みそとフライドガーリックもトッピングされていて、見るだけでよだれがでそう…

早速一切れ食べてみると…

やわらかぁ~~~~~っ!

地鶏の炭火焼というと、ある程度歯ごたえがあって、噛みながら焼酎を飲むようなイメージがあったのですが、めちゃくちゃ柔らかくてジューシー!!!

炭の香りもしっかりあって、塩加減も絶妙で、旨味たっぷり!どれだけでも入りそうな美味しさです。

これはビールも進みます。

さらに、チキン南蛮もとっても柔らかく、手作りのなめらかなタルタルソースが甘酢と絶妙に絡み合って、こちらもまた絶品!お肉の質感が全然違います。

さらに、驚くべきなのがエビマヨ!

くるんと丸まった小さなエビではなくて、ドーンと横たわる巨大エビ!
エビフライレベルの大きなエビを、エビマヨでいただけるのも、なんともまあ幸せなことです。

コラーゲンたっぷりの揚げ豚足や、手羽先のから揚げなどなど、どれもこれも美味しいものばかり!

そして、炭火焼を食べた後は、追い飯!

鶏の脂がしっかり出た鉄板でご飯を炒め、フライドガーリックを効かせたチャーハンとして提供されます。

これはもう、美味しくないわけがない!!!

鶏の脂が絡んだご飯は、シンプルながら最高の美味しさでした!

宮崎トップクラスの師匠直伝の味

こちらは、オーナーの串本さんと、スタッフの堀田さん。

店長はまだ若干21歳で、ピース姿も愛らしく感じますが、21歳とは思えないほどの落ち着きっぷり。

一体、ここの地鶏はなぜこんなにも美味しいのか、直撃してみました。

まず、使われている鶏は、血統もしっかりしたブランド地鶏である、みやざき地頭鶏。オスは筋肉質で固いため、メスの若い地鶏を使われているそうです。塩も炭火焼に適したものを2種類ブレンドしているそうで、香りをのせる炭にもこだわられています。

そして、一番大切なのは、焼くときの腕なのだそう。串本さんは、もともとお店をされていた、宮崎でナンバーワンになったという師匠について、みっちり3ヶ月間、地鶏の炭火焼のみを修業されたとのこと。色合いや火加減など、焼き方が難しい地鶏の炭火焼を徹底的に教わってこられました。その経験と、居酒屋で働いていた時の調理の経験も活かし、地鶏だけではなく、お刺身や揚げものなど、様々な料理を提供されています。

お店のお客様は、子ども連れで来られるファミリー層も多いとのこと。串本さんも、「一緒に飲もう!」と誘われたり、お客様からとてもかわいがってもらえているそうです。「大好きな料理ができて、お客様に喜んでもらえて、お客様と楽しく飲んだりもできて…幸せなことしかないです!」と、心の底から楽しまれている串本さん。

そんな串本さんが焼く地鶏だからこそ、なおさら美味しいんだろうなぁ、と思えるお店でした。

宮崎発地鶏センター

営業時間

17:00~22:00(L.O. 21:30)

毎週水曜日 12:00~14:00 ランチ営業あり

店休日

不定休

Instagramにてご確認ください

駐車場

なし

Instagram

https://www.instagram.com/jidori_center/

電話番号 080-6439-5379

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

これこれ、この味…!「しあわせ手料理 だいこん亭」のぬくもりのあるご飯が魂にしみる

2023.01.24

漢方茶も飲める!書家が営む斬新なバー「且座喫酒 桃(しゃざきっさ もも)」

2023.01.22

水害から2年半…人吉青井阿蘇神社に初詣に行ってきた

2023.01.05

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

PUBLIC RELATIONS

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal