*
とじる
*
とじる
*
とじる

こんにちは。東南アジア大好き羽田です。

下通アーケード近くに、「メコンフード」というガチなベトナム料理店が新しくオープンしたと聞きました。

ベトナム人スタッフさんが作る本気のベトナム料理が食べられるほか、ベトナム食材のショップも併設されているのだそう。←ひとつの文に3回もベトナムって入ってるし、もうゲシュタルト崩壊しそうな勢いでベトナム。

海外旅行に行けない今、是が非でもベトナム気分を味わいたい!!!ということで、さっそく行ってきました。


場所は駕町通と下通の間

「メコンフード」は2021年4月29日にオープンしたばかりの新しいお店。

場所は下通と駕町通りの中間に当たります。
電車通り側から来る場合、下通アーケードを通るならドン・キホーテ熊本下通店の角を左折。駕町通りからは、北熊の角を右折です。

赤ベースに黄色い星がどーんと描かれた、ベトナムの国旗が目印です。

外観は何だか細長い。向かって左がレストラン、右が食材店になっています。

細長く見えた店内は、奥に行くと意外と広めです。ランタンがたくさん飾られていて、異国情緒すごい。

メニューは米麺がメインで、バインミーや春巻もあります。

ソフトドリンクのほか、サイゴンビールにハノイビール、333などビールもありました!

二大巨頭、フォーとブンチャー。

さて今回は、新人ライター「くにも」くんと2名でおじゃましています。

どれもおいしそうだけど、今回はベトナム人スタッフさんの推しメニューをいただきました。

フォー・ボー(牛肉のフォー) 税込890円 

ブンチャーチャム(豚肉入りつけ麺) 税込850円 

です。あたりに立ち込めるベトナムの香り。

ニョクマムやナンプラーなどの調味料に、パクチーやバジルなどのハーブの香りが混ざり合って、もう完全にベトナム。

味も本気。

日本人向けにアレンジされたおしゃれエスニック系ではなく、手加減なしのベトナム感です。パクチーとかも容赦なく入っているので、苦手な人は先に伝えておくといいかも。

まずはフォー・ボーをいただきます。あっさりした米麺に柔らかい牛肉。やさしい味わいなのにしっかり肉の旨みが効いて、一気飲みしたいスープです。

くにも氏は、ベトナム料理ってよく分からないとか言っていたけれど

フォーをひとくち食べると

至福の表情。

どうやらかなりおいしかったみたいです。

なんかムダに韓流アイドルのオフショットみたいになってますが気にしないでください。

続いてブンチャー。

フォーより細い米麺を使ったつけ麺です。そうめんくらいの太さかな。

豚肉のハンバーグ、香ばしく焼いた薄切りの豚肉、野菜もたっぷり入って楽しいつけダレです。刻んだ唐辛子が入っているので、フォーに比べるとほんの少し辛味があり、奥深いおいしさでした。

しばらく海外旅行に行けなくてすさんでいたけれど、もう完全にハノイの街角でご飯を食べている気分になりました。

おうちでベトナム気分、したいなら。

おいしいフォーとブンチャーで充分にベトナム気分を味わったけど、まだベトナム成分が足りない!!という人は、併設の食材屋さんをのぞいてみましょう。

フォーやセンレック、クイティウなどの乾麺いろいろ。手軽なインスタント袋麺もあります。

調味料やお茶、コーヒーも所狭しと並んでいます。

中央に鎮座する冷凍ケースには、丸鶏・雷魚・ナマズ・カエルなどなど、手加減ゼロで押し寄せるベトナム食材の数々。

熊本に住んでいるベトナム出身の人たちは、ここに来れば懐かしい故郷の味に出会えるのかな。

おうちでベトナム気分が味わいたくて、色々買ってきました。

蓮茶に春巻きの皮(あみあみのやつ!)、モサモサした食感がクセになる青豆のお菓子。

あまり手に入らない食材がそろうので、ついたくさん買いたくなります。気軽に現地に行けない今、こういうお店があるのってうれしいですね。

まとめ

下通近くに4/29日に新規オープンした「メコンフード」。

ベトナム人スタッフさんが作る本格的なベトナム料理。豊富にそろう食材のお買い物もできて、異国情緒たっぷり。
いや異国情緒というよりは、ここはもはやリトルハノイ。熊本の街中にある小さなベトナム。

ベトナム好きな人は、ぜひ試してほしいお店です!

MEKONG FOOD(メコンフード)Tạp Hóa Miền Tây

所在地

熊本市中央区下通1丁目6−9

営業時間

平日:12:00〜21:00

土曜・日曜:10:00〜21:00

(状況により閉店時間が早まる場合あり)

定休日

不定休

Instagram

taphoamientay.mekongfood

電話番号 080-3949-4909

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

羽田さえ

羽田さえ

県外出身、1970年代生まれのライター。専門分野は旅行関係。巨木、仏像、おいしいもの、レトロなもの、じわじわくるB級系などが好きです。

このライターが書いた他の記事

ヤマザキ「ランチパック 熊本県産和栗と大阿蘇牛乳ホイップ」で秋の熊本フルーツサンド作ってみた

2021.09.11

ドレッドヘアのレゲエ農家!?錦町「まるふくファーム」の梨がおいしかった。

2021.09.03

和食屋が本気出した自販機!「磯鷸之庄(いそしぎのしょう)」で24時間おばんざい買えるってよ。

2021.08.24

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

PUBLIC RELATIONS

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal