*
とじる
*
とじる
*
とじる

阿蘇山という山はない!阿蘇五岳「根子岳」に登ってきた。

ライター:りかぞん りかぞん
キーワード:

「阿蘇山」という山はないって知っていましたか?

根子岳・高岳・中岳・烏帽子岳・杵島岳などを総称した呼称で、五つの岳を総称して阿蘇五岳と呼ばれます。

いつも見上げている山を見下ろしてやろうと登ってきました!

ただ山を登るだけの記事です。暇つぶしにどうぞ。


根子岳に挑戦!

遠くから見て「ギザギザ(猫みたい?)」が特徴の根子岳。

寝観音の顔の部分が根子岳。

猫が修行に行くという都市伝説がある根子岳。

高森町から登山ができ、片道2時間以内で山頂まで行けるので日帰り登山にはぴったり。

初めての人でも登れる、大戸尾根ルートから根子岳東峰を目指します。

日帰り登山と言っても、山をナメたらいけません。装備をきちんとして登りましょう。

飲み物(1リットルくらい)、食べ物(昼食やお菓子)、コンパスや地図、滑りにくい靴(登山靴など)、手袋、帽子は必須です。

携帯も電波が入る場所が多いので持って行きましょう。

初めての方は、絶対慣れた人と一緒に行ってください。なん度も言いますが、山をナメたらOUT。

登山口は

高森町から登ることができ、駐車場も整備されているので安心です。

途中に看板が出ていますので、見落とさないように進みましょう。

第一駐車場は登山口の近くにありますが、駐車場というより「斜面」ですね。

第二駐車場もあります。

こちらが第二駐車場です。トイレはありませんので、事前に済ませておくといいですね。

いざ!登山口へ。

早速、準備運動して根子岳山頂を目指して歩き出します。

登り始めは道路があります。

途中、牛さんが見送ってくれます。

放牧地を通り、登山口へ向かいます。放牧地の入り口には鉄のゲートがあります。

開けたら閉めてください。牛さんが出てしまいます。

しばらく行くと避難小屋と記帳所があります。

記帳所の箱の中を開けると、登山届があります。

ペンもありますので、必ずここで書いて登りましょう

下の部分は切り取りできますので、地図として持っていくといいですね。

ちょうど午前10時くらい。山頂まで約2キロ。往復4キロのコース。

お昼に登頂するスケジュールで登り始めます。

この丘の先に登山口があります。牛のフンもたくさんあります。

登山口に到着しました。

くぐって中に入ります。

ここまでが、わかりにくい!

登りはアキレス腱伸びっぱなし!

山には看板などはあまりないので、人が歩いた道や目印のリボンなどを見ながら登ります。

根子岳は短時間で登れますが急な坂道です、当たり前ですがずっと坂道です。

アキレス腱伸びっぱなしだし、膝も太もももガクガクしてくるので、木々やロープを掴みながら登っていきます。

半分くらい登ったところに看板があります。

この看板を見ながら、空白を埋める「大喜利」をして休憩するといいですね。

このようにロープを使い登っていきます。管理してくれてる方々、感謝いたします。

しばらく登ると、視界が開けて高森町が見えてきます。山頂はまだまだ先です。

登山道ではない方向には大きく×と書いてあります。間違えないように進みましょう。

黄色の矢印の方向が正しいルート。どうやって登るのか近くへ行くと‥

岩の裏に梯子がありました。

梯子の下は崖です。気を付けて登ります。

ここまで1時間ちょっとでしょうか。ひたすら前を見て進みます。

ここでアドバイス、「あとちょっとで山頂だ」と思わないこと。なかなかたどり着きません。

空気や景色、足元に咲く花や、お友達との会話を楽しみながら歩くことを勧めます。

ここまで来た人しか味わえない絶景が待っている。

山頂近くは高い木がなくなり、絶景が待っています。高森町を一望。

ツーリングをしているバイクのエンジン音がここまで聞こえます。

下山時に間違えないように看板があります。

他にも登山コースがあるようで、いろんな方面から登って来られていました。

山頂まであと少し、ギザギザのところまで来ました!

奥に見えるのは南阿蘇村あたりでしょうか。

この岩を渡ると山頂です。

わかりにくいですが両サイドは崖です。慎重にロープを伝って渡りましょう。

山頂まで約1時間30分ほどで到着しました。

この日はお天気が良く、5組ほどの方がいらっしゃいました。

奥の煙が出ている山が中岳でしょうか。外輪山が取り囲む風景を見渡すことができます。

ちょうどお昼になったので、お湯を沸かしてコーヒーと軽食を食べて下山します。山頂で飲むコーヒーは格別です!

下山は足元注意!

登りはアキレス腱伸びっぱなしでしたが、下りはつま先に力が入りっぱなしです。

登頂した喜びで気を緩めないでください。滑落事故の7割は下りに起きています。

滑りやすい足元をよく見ると、新芽を吹いた木々や小さな花が咲いています。

山頂での休憩も含め14時頃に下山しました。約4時間ほどの登山でした。

四季折々の景色が望める阿蘇五岳。根子岳登山でした。

ライター紹介

りかぞん

りかぞん

ふっかるです

このライターが書いた他の記事

【阿蘇市】夏だ!山に行こう。高岳・中岳に登ってきた!

2024.07.11

【菊陽町】禁断の深夜ラーメンに行ってきた。「深夜麺処the中中」

2024.07.05

【熊本市中央区】市役所裏にオープンした名古屋辛麺の鯱輪(しゃちりん)で暑さを乗り切るぞ!

2024.06.17

【人吉市】揚げすぎた!?いいえ違います。真っ黒なトンカツを「とんかつあおい」で食べてきた。

2024.06.13

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

PUBLIC RELATIONS

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal