*
とじる
*
とじる
*
とじる

10/17新メニュー登場!「肉肉うどん」の期間限定かき揚げうどんとカキフライが最高だった

ライター:羽田さえ 羽田さえ
キーワード:

朝晩めっきり冷え込んできた今日このごろ。

アツアツのうどんが恋しい季節になってきました。

ある日の午前。突然立ち上がったのは、肥後ジャーナル編集部内でぶっちぎりの寒がり、伊藤。

伊藤

今日はなんかこんな感じのうどん食べたい

羽田

伊藤さん、こんな感じっていうか、それ完全に「肉肉うどん」です

と言うわけで、やってきたのは

「肉肉うどん 平成さくら通り店」。

気合を入れすぎて若干フライングして来てしまい、「準備中」の立て札が出ていました。11時の開店と同時に入ります。

駐車場はお店の前のほか、店舗裏に第二駐車場・さらに少し離れたところに第三駐車場もあり、57台分確保されています。


肉肉うどん 平成さくら通り店へ。

入り口でしっかり手を消毒して

全48席の店内へ。カウンター席を中心に

テーブル席もあります。

座敷に座りました。

今回お話をうかがったのは、「肉肉うどん」などを展開している「株式会社ファインフーズ」麺事業統括部長の西川さんです。

伊藤

こんにちは。寒くなってきたので、アツアツのうどんが恋しくて肉肉うどん食べに来ました。

ちなみに僕の推しメニューは揚げもちうどんです。

西川さん

いつもありがとうございます。

ちなみに僕の推しメニューは肉えび天うどんなんですが、実は10/17からの期間限定メニューがあります!!

いかがですか?

伊藤

食べたい!是が非でも食べたいです!

「かき揚げうどんセット」を実食!

ということで、うどんと大きなかき揚げ、高菜おにぎりがセットになってボリュームたっぷりの「かき揚げうどんセット」税抜810円をいただきます。

まずはアツアツのうどん。

もちもちした食感。つゆが黒っぽいので味が濃そうにも見えるけれど、実際にはあっさり目です。おだしの風味がしっかりしていて、ほんのり甘い。

すうっと溶けていくようなやさしい味わいの後から、ぴりっと生姜がきいてきます。

さらに刺激が欲しい人は、卓上のスパイスで味変もできます!入れすぎに注意しましょう。

かき揚げは、うどんのおだしに浸すのはもちろん、添えられている塩で食べてもOK。

っていうか、かき揚げのサイズ!!

大きいだけでなく、えび、玉ねぎ、人参、しめじ、エリンギ、春菊と具だくさん。

いろんな食感も楽しくて、食べごたえがあります。少しずつ箸でちぎると良さげ。

伊藤

はい、替玉します!

肉肉うどんでは、ラーメン屋さんみたいな替玉が税抜100円でできるんです。

しかも、うどんだけでなくそばもOK。店員さんにお願いして

今回はそばをチョイス。茹でたてのおそばに、生姜もおかわりできました。うどん屋さんなのに替玉、おすすめです。

「カキフライ定食」も外せない

肉肉うどんに白ごはん、大きなカキフライ3つがセットになった「カキフライ定食」税抜920円。こちらもとってもおいしそう。

うどんには、ごろごろとした肉がたっぷり!!柔らかくて、あぶらの甘みを楽しめるお肉です。

揚げたてのカキフライには、タルタルソースをたっぷりつけて

サクっからのジュワっ。受け止めるのはもちろん、白ごはん。

そして今日イチの笑顔です。旬を迎える広島産のカキ。おいしくいただきました。

生姜たっぷりのうどんを食べ終わる頃には、すっかり体もあたたまりました。体の冷えを感じる寒がりさんは、肉肉うどんへ向かいましょう。

10/17(土)から、3種類の期間限定メニュー販売開始!

3種類の期間限定メニューは、10/17(土)から発売開始。

今回いただいた、かき揚げうどんとカキフライのほかに

「国産ホルモン煮込み定食」税抜900円もあるのだそう。

柔らかな国産ホルモンに、うどん(またはそば)と白ごはんがつきます。

寒い時でも芯からぽかぽかするように、体をあたためてくれる生姜。

あたたかいうどんに生姜がたっぷりのった肉肉うどんは、風邪をひきやすくなる季節にこそ食べたい一杯です。

そして期間限定メニューは今だけ。

今回おじゃました「肉肉うどん 平成さくら通り店」の他、「嘉島店」・「清水バイパス店」でも食べられます。

みなさまもぜひお近くの肉肉うどんへ!

肉肉うどん 平成さくら通り店

所在地

熊本市南区江越2-15-30

営業時間

11:00~22:00(21:30ラストオーダー)

定休日

不定休

Instagram

kabusiki_nisikawa

駐車場

あり(57台分)

電話番号 096-285-5828

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

羽田さえ

羽田さえ

県外出身、1970年代生まれのライター。専門分野は旅行関係。巨木、仏像、おいしいもの、レトロなもの、じわじわくるB級系などが好きです。

このライターが書いた他の記事

海の前の特等席「AKASE海岸」の貝汁とエビフライが控えめに言って最高だった

2021.07.26

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

あか牛一頭買いの焼肉店「褐火(かっか)総本店」が7月10日銀座通りにオープン!会計の総額と同額の商品券がもらえるぞ!

2021.07.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal