*
とじる
*
とじる
*
とじる

並木坂を抜けた先にできてるでかいビルって何?潜入調査してきた!

ライター:山田 山田

並木坂を抜けた先に、いつの間にやら大きなビルができていました。以前、西部電気工業という企業の社屋があった場所です。

入り口も広いし、中を覗くとなんか竹が植えてあってオシャレ。表にお店もできそうな雰囲気だけど、このビルは一体何ができてるのでしょうか…。気になったので調べてきました!


並木坂の先に巨大ビル!!

上通りから、並木坂を抜けた先に大きなビルができてるんですよ。言われてみれば確かにずっと工事していたんですけど、気づけばなんか凄そうなビルが建っていました。

私が訪れたときはまだ工事していたんですけど、エントランスの外側もめっちゃ広いし石のベンチまで設置していました。

通りに面したフロアは何やらお店が入りそうな雰囲気。

前々から色んな噂がありましたが、明確に「これできる!」みたいなのって、まだ分かって無いんですよね…。

裏に回ってみると、庭も凄いのできそうなんです。

早速、肥後ジャーナル流取材術・その辺にいる人への聞き込みを始めたいと思います。

いかにも関係者っぽいスーツの人に聞いてみた

エントランスに、いかにも関係者っぽいスーツの人がいたので聞いてみました。「ここ、何ができてるんですか」って。

どうやら、上の階は企業のオフィスで、1階は商業施設が入るように交渉中で、広場は一般開放されるそう。めっちゃ詳しいので話を聞くいてみると

「私、ここSDK熊本ビルを建ててる西部電気工業の広報なんですよ」と自己紹介されたので「取材させてください!!!!!」とお願いしたら、なんと!中に入れてもらえました!!!

企業のオフィスとか見てもどうしょうもないと思ったんですけど、新しいビルって入ってみたいじゃないですか。実際、中に入ってみたらもう色々とすごかったんですよ、本当。

謎の新しいビルの内部は…

ということで、西部電気工業の阿南さんの案内で、中へ潜入!

まず、入った瞬間、エントランスに竹!!!芸能人が住んでる高級マンションみたい!!!(入ったことはない)。

エレベーターは秘密基地の入り口みたいで謎にかっこいい。

エレベーターの前に木材が積みっぱなしじゃねーか!!と思ったら、ベンチだそうです。光っていました。

そして、エレベーターを降りてもかっこいい。

廊下に突如現れる自然。木の床、ベンチ、植物。なにもうここで仕事したい。

トイレですらオシャレ。適当にパシャって撮っただけなのにもうホテルのトイレみたい。

オフィス部分もまだなにもないからか、メッチャ広い。

山田

勝手なイメージですけど、本当、東京のオフィスビルみたいです。赤坂とか虎ノ門とか。結構お金かけたのでは?

阿南さん

そうですね・・・金額は、ご想像にお任せします。弊社としては地域の活性化につながるよう、しっかりと計画してより良い環境のビルを建築しました。雇用も生まれるし、人の流れも活性化します。

山田

そういう真面目な話はよくわかりません。でも、これだけ立派なビルだと家賃も高そう…。どんな企業が入るんですか?

阿南さん

今のところJTBさん、理想科学工業さん、日本メックスさん、フジテックさん…

山田

大手企業がずらり!!熊本の企業は…あっ、RITA STYLE入ってるじゃないですか。肥後ジャーナルで紹介したので儲かったんですね、きっと。

阿南さん

RITAさんはもう入居されていますよ。

山田

…ちょっと覗いてみましょう。

さて、突撃しましょう。前取材したし突然訪問しても許してくれるはず。

あ、めっちゃオシャレやん。なんでオフィスの中にテント張ってるのかは謎ですが、オシャレすぎて嫉妬しそう。

しかも、これ、わかります?

窓から熊本城見えてる。特別感やばい。

1階は誰でも利用可能!

山田

まぁ、でもこれだけすごくても普段は働いている人以外入れないんですよね。雲の上の存在です。

阿南さん

1階部分は商業施設が入る予定ですし、庭部分は常に開放しています。ベンチもあるので休憩や待ち合わせに使っていただいていいですし、びぷれす広場のようにイベント利用もできるようにしていきます。街の賑わいに貢献できたらと思っています!

山田

確かに庭部分、めっちゃ広いですよね。屋根もありますし、過ごしやすそうです。

阿南さん

天井部分も景観を守るために木にしてるんです。近くには寺院もありますし、街並みも意識してるんですよ。

山田

めっちゃこだわってる…。ちょこちょこ遊びに行きますね!!

まとめ

ということで、並木坂を抜けた先にできているビルは、オフィスビルでした。

しかし、1階部分は一般にも開放され、休憩や待ち合わせ利用もOK!今後はイベントにも使われるそう。

お店が入る準備も進んでいるので、今後の展開が楽しみですね!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の裏方。元地域経済誌記者やマーケティングのディレクターという経歴のガチ勢。将来の夢はヒモになること。 特技は睡眠で、朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

毎日はしまき。お祭りじゃなくても食べられる!大江の路地裏の隠れた名店「キッチンとみや」

2020.08.05

昔は保育園!産山村の「焼きアーモンドカフェDABERIBA」でベーコンの塊に喰らいついてきた

2020.08.04

昔ながらの喫茶店で鉄板ナポリタンを食べるとタイムスリップした気になる 菊陽町の「喫茶AVENUE」

2020.08.01

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

三十路子連れ女が車について考えてみた #4 年の瀬に愛車が止まった。

2020.07.29

【飲食店経営者必見】「餃子屋弐ノ弐近見店」がオープンし弐ノ弐キッチンカーも誕生!その制作意図が熱かった

2020.07.25

パルコパーキング前にタイマッサージ&雑貨の店「nimroom(ニムルーム)」がオープン!天国かと思う時間を過ごしてきた

2020.07.23

「よかよか」各店のあか牛丼食べて10万円貰おう!~参加しない理由がそこにはない~

2020.07.18

PUBLIC RELATIONS

三十路子連れ女が車について考えてみた #4 年の瀬に愛車が止まった。

2020.07.29

【飲食店経営者必見】「餃子屋弐ノ弐近見店」がオープンし弐ノ弐キッチンカーも誕生!その制作意図が熱かった

2020.07.25

「よかよか」各店のあか牛丼食べて10万円貰おう!~参加しない理由がそこにはない~

2020.07.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal