*
とじる
*
とじる
*
とじる

直径18cm!店内で鯉が泳ぐ新町の和菓子店「御菓子司しぼりや」のデカどら焼き!

ライター:山田 山田

和菓子ってなんだか、食べるとホッとしません?新町にある和菓子の老舗「御菓子司しぼりや」に直径18cmの大きなどら焼きがあると聞いて行ってきました!


新町の和菓子屋店

場所は新町。電車通りから一本入ったところにあります。ちょうど吉田松花堂(諸毒消丸)の裏手の道です。

中に入ると、木製のログハウスのような雰囲気がします。

正面のショーケースに商品がならんでいるのですが、見てほしいのは更に奥!

部屋の真ん中で存在感溢れまくっているこれ、なんだかわかります?

池なんです。

でっかい鯉が泳いでいます。眺めてるだけ落ち着く…。

和菓子屋さんで、こんな和の雰囲気たまらないですね…。

ここで食べたりは基本的にやっていないそうですが、ちょっと眺めていくだけで気持ちが落ち着きます。

本命のどら焼き

入り口のショーケースには羊羹や最中などの和菓子が並んでいます。うまっそう。

その中でもひときわ存在感を放つのが大どらやき(税込1188円)。見本品なので風呂に包まれていてわかりにくいですが、

直径18cmある、予約限定商品。

バスデーケーキ代わりに予約される方も多いという商品です。

こんな感じで盆に盛ってろうそくをつけると本当にお祝い感がします…(サイズ感わかりにくいですが…)

老若男女から人気のどら焼きをお祝いのときにも食べてもらえるようにと考えた商品だそうです。普通に目の前にあるとテンションが上がるサイズ感です。

お菓子司しぼりやでは、もともと、「城下町どら焼き」というどら焼きを出していますが、これもなかなか大ぶり。ちょっと小ぶりの「済々黌どら焼き」なんかもあります。

これを特大サイズにしたのが、この巨大どら焼きだそうです。

もちろん、あんこから自家製で、北海道から取寄せた最高級の品種「雅」を店内で炊いて練って、蜜漬けされています。上品な甘さがたまりません。

それだけこだわっているあんこだからこそ、他の商品も人気で、羊羹なんかもリピーターが多いのだとか。

老舗の味を特大サイズで

「御菓子しぼりや」は明治38年創業の老舗。それでも新しい商品を開発しながら美味しい和菓子を作り続けています。店主も「オーソドックスな和菓子を一生懸命作ってます」と話してくれています。素材はすべて国内産。味へのこだわりは職人の思いを感じます。

ちょっと変わったお祝いがしたいときに18cmもある巨大どら焼きを出してみると驚かれるかもしれませんよ!要予約なのでご注意を!

御菓子司しぼりや

住所

熊本市中央区新町4丁目1-39

営業時間

平日 10:00~18:30

土曜祝日 10:00~16:00

店休日

日曜、第3月曜日

電話番号 096-352-7638

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は睡眠で、朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

昔ながらの定食屋はハズレない!地域に愛される新南部の「タカラ食堂」

2020.12.03

アベックラーメンの人気の秘密と気になるあれこれを聞きに行ってきた

2020.12.02

どこまで知ってる?熊本市中心市街地の通りの名前と由来!下通界隈その1

2020.11.30

下通りにあった「麺屋宗運」が御領に11月28日移転オープン!さっそく濃厚な豚骨ラーメンを食べてきた

2020.11.29

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

PUBLIC RELATIONS

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal