*
とじる
*
とじる
*
とじる

「黙って座ればそば茶と豆腐のサービス」という看板を白川水源で見つけたので黙って座ってみた

ライター:山田 山田

春が訪れて暖かい季節になったかと思えば、ちょいちょい真夏のような暑い日がやってきていますね。ちょっと涼みたいなと白川水源に足を運んだところ「黙って座ればそば茶と豆腐のサービス」と書かれた看板を見つけたので、黙って座ってみました。


白川水源にある「水源茶屋」

看板を見つけらのは白川水源のすぐ近くにある「水源茶屋」。定食や軽食、お茶などがいただけるほか、お土産なども購入できるお店のようですが、気になるのはこの看板。

「黙って座ればそば茶と豆腐のサービス」です。

サービスという言葉に弱い私。タダより高いものはないと知りつつも、黙って座ってみました。

が、5分ほど黙って座ってみても何もサービスされませんでした。

あっ、これお店の人気付いてない…そう思い、今度は店内に入ってみました。

店内には、特産品を始めとするお土産類がずらり。

反対側のテーブルには、飲食コーナーが。「ここに座れば良いのかな?」と思っていると、店主のおじさんから声をかけられました。

「時間があったら座っていかんね、そば茶と豆腐ば出すよ」

はい、座っていきます。座っていきますとも。

実はお醤油屋さん!豆腐は試食!

はい!出てきました!そば茶と豆腐!それに昆布やらいろいろ!

たっぷり醤油のかかったお豆腐。実はこの「水源茶屋」は、お醤油屋さんらしく、この豆腐はその醤油の試食として提供しているそう。

豆腐そのものも美味しかったですし、お醤油も味わい深くて美味!

もちろん、醤油は店内でも販売されていて、試食で出されたのはこちらの「名水のたましずく」。

かつお、にぼし、こんぶなどのだしが効いただし醤油で、旨味が強い!水で薄めるとめんつゆとしても使えるそう。

県内外にリピーターの多い品で、この日はわざわざ宮崎県から買いに訪れた方もいました。

ちょっと一息つくにもぴったりのお店

白川水源にある「水源茶屋」。ちょっと一息つくにはぴったりの立地です。

気持ちのいい自然の中にあり、コーヒーは水源で汲んだ水でいれているそうで、すっきりした味わい。

そば茶とお豆腐のサービスは誰でもOK。黙って座らずとも店内に入ると元気いっぱいの店主が声をかけてきてくれます。

これからの季節、気持ちのいい白川水源。訪れた際にはちょっと寄り道してみても良いかも知れません!

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

人吉の「ちいさなちいさなパン屋さん」のメロンパン「スーパーメロン」がデカくて美味しかった

2021.11.19

唐突な海辺感!隠れ家っぽい菊陽町の「MATSU COFFEE」のビーチみたいなガーデンで珈琲パフェを満喫!

2021.11.16

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

火の国熊本の若人より熱い想いよ届け!故郷を愛する30歳の集い三益式(みますしき)が12/4に開催!!

2021.11.24

PUBLIC RELATIONS

「アダルトショップに行ったことがない人間は信用できない」ヨッピーが語る人生の哲学

2021.11.30

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal