*
とじる
*
とじる
*
とじる

1月末にオープンした熊本からあげ「とりまる」御船店のジューシーからあげ!

ライター:上野P 上野P

ボリューム満点で評判の「熊本からあげ とりまる」。

また、シャワー通りの先にあった「とりまる新市街店」がありましたが、1月19日を持って一時閉店。しかし、1月31日、御船町に新しい店舗がオープンしました!


御船町木倉に「とりまる」が出店!

お店の場所は上益城郡御船町木倉。国道445号線から、「ローソン 御船スポーツセンター前店」の手前の信号を曲がってすぐのところにあります。

持ち帰り専門店ですが、一応イートインテントも置いてあります。

豊富な唐揚げメニュー!

過去に熊本唐揚げ選手権で2年連続の金賞を獲得した名店!周辺にあまり惣菜店が見られない中、役場や公共施設、学校などが意外と密集しており、とても嬉しい立地で。

「とりまる」と言えば、カラッと揚げたてジューシーで大ぶりな唐揚げが特徴!単品だけでもおかずに最適ですし、お弁当もお腹一杯になれるボリュームが魅力。唐揚げオードブルも人気です。

午後2時過ぎに訪れたのですが、もう昼食の時間でもないにも関わらず、頻繁に車の出入りがありお客さんが集まっていました。

週数回は来られて毎度唐揚げを200g買って帰られるというご年配の女性もいて、早くも地域に愛されるお店になりつつあるようです。

おかずにもおつまみにもぴったりのからあげ!

お店の人気No.1でもある「塩からあげ」をいただきました。味も結構濃い目ですが、油はきつくありません。何個でも食べられてしまうクセになる味です。

一個のボリュームにも驚きます。ガブっとかぶりつくと揚げたてなのでアチチ!となりますが、それでも旨味が熱さにまさり、ついつい食べ進めてしまいます。

そしてこちらは人気のお弁当「ガチ盛り弁当」。

一個が大きな唐揚げが塩・醤油と3個ずつで計6個も!そのままでも十分味付けがしっかりしていますが、マヨネーズを付けると濃厚な味わいになります。ご飯も量も半端ではなく、盛り上がって蓋が締めにくい!初めからほぼご飯大盛り状態です!

醤油唐揚げも濃厚で、唐揚げ好きなら誰でも間違いなくファンになる味です。さすがは唐揚げ選手権連続金賞の実力店ですね!

街中店も店舗決まり次第出店予定!菊陽と長嶺にもお店あり!

新規出店でこの盛況ぶりを見ると流石は「とりまる」、御船でも評判は早くも上々のようです。

新市街店が一時閉店となりましたが、移転先が決まり次第出店ということなので、再びこの味がまた街中で会える日も遠くはないかとは思います。新市街店は店内で食べる定食も評判でした。

お店は菊陽店が本店で、長嶺店もありますので、詳しくはHPで確認を!

■熊本からあげ「とりまる」御船店■

住所:熊本県上益城郡御船町木倉166付近

営業時間:11:00~19:00

定休日:水曜日

電話:090-8354-1060

地図

お店のHPはこちら

お店のFacebookページはこちら

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03