*
とじる
*
とじる
*
とじる

至福のひと時が過ごせる!桜町にあるイタリア料理の名店「Antico Castello(アンティコカステッロ)」

ライター:ちえ ちえ

記念日やお祝い事、自分へのご褒美などで、たまに贅沢な食事を楽しみたい時、どんなお店に行かれますか?桜町にある「Antico Castello(アンティコカステッロ)」は、熊本県産の食材をふんだんに使った本格イタリア料理をコースで味わえて、贅沢な時間が過ごせる素敵なお店です。


白い壁のおしゃれなお店

「Antico Castello(アンティコカステッロ)」は、市民会館シアーズホーム夢ホールから新町方面の電車通りへと抜ける道沿いの公園の横。街なかの喧噪から少し離れた落ち着いた場所にあります。

白い壁に気品のある看板と美しく飾られたお花が素敵です。「Antico Castello(アンティコカステッロ)」とは、イタリア語で「古い城」を意味するそうで、「熊本城のように長く愛されるお店にしたい」というオーナーの思いが込められています。

店内は奥行があり、テーブル席が並んでいます。

絵画やワインボトルも飾られていて、おしゃれで洗練された空間になっています。

パンやチーズも自家製!こだわりのコース料理

オーダーしたのは、お昼のコースのBronzo(ブロンゾ2,160円)。

前菜はイタリア産生ハム3種の盛り合わせ。

手前にあるのは鶏肉とドライトマトのロールで、添えられているのは自家製のリコッタチーズ。見た目も鮮やかで、自家製チーズがさっぱりして美味でした。

パンはフレッシュバジルを使った自家製パンで、香りもさわやかです。

続いてえんどう豆のスープ。スプーンですくって口に入れてみると、できたて熱々でびっくり!えんどう豆の素材そのものといった濃厚なスープで、いつまでも食べていたいほど美味しいスープでした。

そしてこの日のパスタは、たけのことアンチョビのパスタと、子牛のラグーソースから選べました。

たけのこのパスタは、パスタが隠れるほどたけのこがふんだんに入っていて、春らしい一品です。

子牛のラグーソースも、ソースがたっぷりで濃厚な味わいでした。

続いてメインは、鶏肉のグリルのサルサヴェルデ(緑のソース)。

こちらも香ばしく焼かれていて、おいしい!どれも一口ずつゆっくりと味わいたい丁寧な料理の数々でした。

デザートもたっぷりで幸せの余韻にひたれる!

デザートはなんとうれしい3種盛り!

フレッシュキウイのシャーベットにグレープフルーツのムース、フィナンシェの3点。焼き菓子もムースもシャーベットも味わえるなんて贅沢!特にキウイのシャーベットは、キウイそのものを食べているかのように味が濃くさっぱりしていて、甘さもほどよく美味でした。

飲み物は、コーヒー・紅茶・エスプレッソから選べて、食後もゆったりとくつろげるお店でした。

夜のコースも、3,780円からあるそうです。お料理も接客も丁寧なので、大切な人と大切な時間を過ごしたい時におすすめのお店です。

Antico Castello(アンティコカステッロ)

営業時間

ランチ 11:30~13:30オーダーストップ 14:30クローズ

ディナー 18:00~21:00オーダーストップ

定休日

日曜日

電話番号 096-327-9109

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

PUBLIC RELATIONS

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal