*
とじる
*
とじる
*
とじる

阿蘇の「ASO MILK FACTORY」のレストランはチーズ好きにはたまらないお店だった!

阿蘇の大観峰に向かう途中にある大きな施設といえば、ご存じ「ローズガーデン はな阿蘇美」。

以前は施設全体を「はな阿蘇美」という名称で親しまれていた場所といえば、あっ!知っている!という方も多いのではないでしょうか。

その「はな阿蘇美」がASOMILKでお馴染み阿部牧場が運営するASO MILK FACTORYとして新しく生まれ変わりました。

今回はその「ASO MILK FACTORY」のレストランが5月にオープンしたと聞いて行ってきました!


めっちゃオシャレなレストラン

阿部牧場さんが運営されている「ASO MILK FACTORY」は、牛乳をはじめ、ミルクを使ったお菓子などのお土産やソフトクリームなどが食べられるカフェなどがあり、チーズ工房も併設されており、その横にレストランがあります。

自動ドアを入ると

落ち着いた雰囲気。

店内へ進むと、通路の横にチーズ工房が!出来立てのチーズが並んでいます。

ホールチーズにカチョカバロ。カチョカバロって吊り下げて作るんですね。

さらに進むと、開放感のあるオシャレな店内。

たまごの様な形の木に包まれたソファー席は落ち着きそう。

大人数でも座れるテーブル席もあります。

オシャレな階段を進むと

その先は

開放的な空間が。観光バスで来られた方も、みんなでお食事ができますね。

出来立てチーズを食べられるメニューで悩んでしまう。

反射して見えずらいですが、「季節野菜とひばりベーコンのウォッシュチーズかけ 1,500円(税込み)」やチーズフォンデュならぬ「ASO MILKフォンデュ」や個人的に気になる「からすみピスタチオのパスタ」などもあります。これは、チーズ好きにはたまらないメニューですね。

席につくと、ウェルカムミルクが出てきます。甘味がありコクがある牛乳で、グラスは牛乳瓶を加工して作られたオシャレなグラス。

このミルクを使ったチーズは間違いない。

ミルクを飲みながら、タッチパネルでメニューを選び注文します。

運ばれてくると、ウォッシュチーズを目の前でかけてくれます。

結構なボリュームでチーズがかかっています!食べ応えありそう!

「季節野菜とひばりベーコンのウォッシュチーズがけ」

フォカッチャとスープ、デザートも付いてきます。

チーズがとろーり。ひばり工房のベーコンとチーズの相性が抜群!

こちらは「阿蘇産アスパラガスと味噌チーズのピッツア」1,320円(税込み)

生地はモチモチでチーズもあっさりしていて食べやすい。

チーズがたっぷりかかっているので、ボリュームがありお腹いっぱいになりますよ。

まとめ

メニューもタッチパネル、会計も自動会計で人と触れ合わずにお食事ができます。電子マネーにも対応していましたよ。

帰りはこの通路を通ると、チーズ工房を見る事ができます。

お土産を買ったり、カフェでデザートを食べたりすることもできますよ。

イングリッシュローズガーデンを見て、レストランでランチをして、お土産を買って・・・と

新しい阿蘇の観光名所ですね。

クレヨンしんちゃんも、ASO MILKを飲んでいましたよ!

ASO MILK FACTORY

営業時間

レストランの営業時間:11時~15時 不定休

施設の営業時間:10時~18時

電話番号 0967-23-6262

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

ほっこりする家庭的なランチがいただける細工町の「ふみの台処」は優しい女将さんが迎えてくれる家のような店だった。

2022.11.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【抽選で40名様にお肉5000円分プレゼント】肉好きに朗報!!新阿蘇大橋周辺の肉LOVEエリアへ遊びに行こう!!

2022.11.20

PUBLIC RELATIONS

【いい肉の日】熊本のお肉事情を発表!焼肉で注文するとツウぶれる部位1位はあの部位!!

2022.11.29

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal