*
とじる
*
とじる
*
とじる

水前寺駅前にあるキャンプ場みたいなcafe&bar「CAMPL」でバターチキンカレーを食べると非日常感を味わえた

ライター:山田 山田

水前寺駅の前で見つけた謎のお店「CAMPL(キャンプル)」。中を覗き込むとテントが張ってあり、一見するとキャンプ用品のお店のように見えますが、れっきとした飲食店。室内でアウトドア気分を楽しめるこのお店で、ランチのバターチキンカレーを食べてきました!


場所は水前寺駅前

水前寺駅の前の通り沿いにあるこのお店が「CAMPL」。入り口にはCAFE & BARと書いてるんですけど、

このお店ね、一歩踏み入れてみると…。

こんな感じのお店なんです。

一面に人工芝が張ってあり、まるでキャンプ場かグランピング施設のようにテントが張られています。

もちろん、屋内です。

こんな感じで、テントの中に席があります。ハンモックなんかもあって、雰囲気は本当にアウトドア。

中にソファーがあるテントもあり、ゆっくり寛げそうです。

テント席以外にも、広々とした席もあります。ここではスクリーンで映画を見たりもできるそうですよ!

本当にキャンプ場のようなお店なので、子どもたちが走り回って遊んだりもするそうです。

気になるランチはバターチキンカレー

ということで、早速このアウトドアな雰囲気の中でランチをいただきましょう!

ランチメニューはバターチキンカレー(ドリンク付、税込1000円)の一本勝負。

こちらが自慢のバターチキンカレー。鮮やかなターメリックライスに、香りだけでも美味しいバターチキンカレーがかかっています。

「万人受けするカレーを目指した」ということで、辛味はほとんどありませんが、辛くしてほしい人は注文時に伝えると対応してくれるそうです!

8種類のスパイスを配合し、前日から仕込んで寝かせているというこのカレーはまろやかな味わいで美味しく食べられます!

我慢できずにデザートも!とろっとろのフレンチトースト

フレンチトースト(税込650円)もオススメだということで、デザートにいただきました!

クリームとアイスクリームが添えられていて美味しそう!

これがね、もう中までとろっとろ。

パンが溶けてるんじゃないかなってくらい柔らかいんです。

これにアイスとクリームを乗っけて食べると甘みも増してさらに美味しくなりますよ!

そもそもなぜにこんなお店にしたのか

それにしても、このお店、不思議な空間です。

昨年9月にオープンする際、「コロナ対策で仕切りをつけるなら、なにか面白い形でできないか」と考え、思い切ってテントを使い、内装もアウトドアテイストにしたことで、この非日常空間が生まれたそう。

壁のシャッターを開くと半屋外のようにも使えるため温かくなってきたら解放し風通し抜群の空間になるそうです。

ちなみに、店舗前ではホットドリンクやバターチキンカレーのテイクアウト販売もしていました!

中でゆっくり雰囲気を楽しんでも良し、テイクアウトして自宅で楽しんでも良し!ぜひ一度お立ち寄りください!

CAMPL

住所

〒862-0950 熊本県熊本市中央区水前寺1丁目5−10 濫觴11 1階

営業時間

11:00~22:00
(ランチは~15:00)

定休日

不定休

電話番号 07083106821

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は睡眠で、朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

肉料理中心の釣具店という謎の店「Single blade」のジャークチキンがスパイス効いてて中毒性高い

2021.02.28

4月開業の「アミュプラザくまもと」はトイレにめちゃくちゃこだわってるらしい

2021.02.26

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal