*
とじる
*
とじる
*
とじる

こんにちは。川上です。

茶色いごはんは間違いない!

『今日はちょっと頑張らないと』そんな時に味方になってくれるのも茶色いごはん。

そんな茶色のお弁当が買えるお店が、熊本市南区御幸西無田町にある「DOKOSA(どこさ)」。早速ご紹介します。


広々駐車場!南区御幸西無田町の「DOKOSA(どこさ)」

本日は「DOKOSA(どこさ)」をご紹介します。お店があるのは、熊本市南区御幸西無田町、「丸重本舗 御幸笛田店」から近くの田迎木原線沿いです。

「DOKOSA(どこさ)」はとにかく駐車場が広い!

大型トラックやダンプも楽々停められます。

お店に入る前からお弁当の美味しそうな匂いが漂ってきます。お腹が反応してぐーぐー鳴るので早速中へ入りましょう。

お店はテイクアウト専門ですが、お弁当を待つお客さんのためにテーブルや椅子も完備されています。そんな気遣いが嬉しいですね。

作り置きもありますが、ほとんどの方がこの場で注文して出来上がりを待っていました。

メニューは壁に貼ってあり、写真付き。

茶色!

揚げ物やお肉、カレーなど茶色のお弁当が並んでいます。

肉×肉!ボリュームたっぷり【ビーフ&チキンこんび】

お弁当を買ってきました!まずはこちらから。ビーフ&チキンこんび。早速オープン!

ビーフ&チキンこんび880円

見ているだけでよだれが出そうなビジュアル。ご飯がほとんど見えないくらいぎっしりとビーフとチキンが乗っています。

ビーフは薄切りで柔らかく、甘辛のタレがしっかり絡んでいます。さらに野菜も乗っているのがありがたいですね。

レモンが乗っているので、重くなることなく食べられます。

こちら側はチキン。カリカリとした衣に包まれたチキンは、カレーみたいなスパイシーな味付けで食欲を掻き立てられます。

どちらも濃い味でご飯が進み過ぎる。昼からも頑張れるがっつり飯です。

品数優勝!【海苔弁】

海苔弁600円

次は、定番人気の海苔弁

かなりボリューミーな海苔弁です。たまご焼き、磯部揚げに揚げ物もたくさん!タルタルもたっぷり乗っています。色んなおかずが乗っていて大満足です。

ジューシーなチキンとタルタルがたまらない!【チキン南蛮】

3つ目は人気メニューのチキン南蛮

チキン南蛮弁当680円+タルタル増量30円

追加でタルタルを増量できるので、タルタル好きの方はぜひ増量を。

チキン南蛮弁当は元々からタルタルが多いので、増量すると溢れちゃっています!

チキンにたっぷりとタルタルを絡ませて…これはたまりませんね!

タルタルはサラサラ系で、たまごに加えて玉ねぎたっぷり!あっさりしているので、こんなにたっぷり掛かっていてもぺろりと食べれます。

チキンはぷりっぷりでジューシー。

がっつり茶色飯なら「DOKOSA(どこさ)」

熊本市南区御幸西無田町にある「DOKOSA(どこさ)」

揚げ物やお肉がたっぷり入ったがっつり茶色のお弁当が人気のお店です。

今回は3種類のお弁当をご紹介しました。どれもボリュームたっぷりで大満足でした!ぜひ行ってみて下さいね。

DOKOSA(どこさ)

住所

熊本県熊本市南区御幸西無田町624-1

営業時間

10:30~14:00

定休日

土曜日・日曜日・祝日

ホームページ

https://dokosa.jp/

Instagram

https://www.instagram.com/dokosa_kitchen/?hl=ja

電話番号 096-379-9900

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

【熊本市中央区】4月14日オープン!出汁のプロによるラーメン屋「おだしと麺 むら平」の本気が凄すぎた。

2024.04.15

【阿蘇郡高森町】大自然の中で自分の”やりたい!”を開放!「奥あそフルーツガーデン」で多種多様な体験にチャレンジ!

2024.04.13

【球磨郡湯前町】ド迫力の龍神様がいる「龍神ハナグリ石神社」で大自然に癒されました。

2024.04.09

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal