*
とじる
*
とじる
*
とじる

旧浜線の老舗ラーメン店「一福」の昔なつかしい味わいの豚骨ラーメン!半やきめしセットでいただきます

ライター:山田 山田
キーワード:

旧浜線沿いにある「一福ラーメン」。地元の人からも愛される老舗ラーメン店で、にんにくの効いた昔ながら熊本豚骨ですがあっさりしたスープが細麺に絡んだラーメンと、セットでついてくる半やきめしが人気のお店です。なんだかとっても懐かしい味わいのラーメンをいただいてきました!


旧浜線沿いのラーメン店「一福」

旧浜線沿いにある赤い看板が目印のラーメン店「一福」。イワサキエースのすぐ近くです。

前を通るたびにずっと気になっていたのですが、地元の方が大絶賛していたので、昔ながらの味を満喫しに立ち寄ってみました。

店内はお座敷とカウンター。昭和を感じる昔ながらの趣のラーメン屋さんです。

お店の人も温かくて優しいお店。

ラーメンは1杯600円。豚骨のほかに、みそラーメンもあるほか、ちゃんぽんや焼きそばも美味しそうです。

中華丼とかカレーなんかのご飯物も美味しそう。この雰囲気のお店はどれを選んでもハズレないと思っています。

麺類+半やきめしセット。+200円で半やきめしがついてきます。やきめし単品が600円なので、半分でも100円お得!

ということで、まずは王道でラーメンセット(800円)をいただくことにしました!

スープはあっさり豚骨、麺は細めの懐かしいラーメン

こちらがラーメンセット!もうね、ラーメンとやきめしのセットってそれだけでテンション上がります。

スープは豚骨で、にんにくも効いていますが、透き通っていてどちらかといえばあっさりめの熊本豚骨。

じわーっと身体に染み渡ります。

麺は細麺でもちもちしています。熊本でここまで細いのは珍しいですが、しっかりスープが絡んでくれています。

なんとなく、昔の屋台のラーメンを思い出す味わいです。

個人的には玉子の半熟具合が最高でした。とろとろに熟した黄身がたまりません。

一口でパクっといっちゃいました。

チャーシューも1枚が大きい!

箸で持ち上げると崩れちゃうくらい柔らかく煮込んであります。うんまい。

やきめしはパラパラとしっとりの中間くらい。

やきめしもやきめしで、昔ながらの懐かしい味わいで、どんどん進んじゃいます。

ラーメンのスープとの相性が良いので、交互に行くとなお美味しく味わえますよ!

昔ながらのラーメン店にハズレ無し

ということで、旧浜線沿いの老舗ラーメン店「一福」に行ってきました。

昔はどこの地域にもラーメン屋さんがあって、おっちゃんが配達とかしてくれてましたが、最近は少なくなりましたよね。

懐かしい味わいの豚骨スープが身にしみるラーメンを満喫できましたよ!

一福

住所

〒862-0963 熊本県熊本市南区出仲間5丁目2−8

営業時間

10:00~20:00(ランチ後閉めることも)

定休日

不定休

電話番号 0963784071

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

阿蘇でスプーンが曲がる不思議 信じられないスプーン曲げに挑戦!!

2022.01.29

ミニサイズでもボリューミー!1月17日オープンの「カツカレーの虎」は通常サイズで1kg超えのボリューム感

2022.01.17

年始めのスイーツはぜんざいで!「くさは餅本舗」のぜんざいは草餅に甘酒にチーズと悩ましい!!

2022.01.05

あか牛丼食べ比べ!阿蘇をひたすら回ってあか牛丼を食べ比べてみた

2022.01.03

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

2021年肥後ジャーナルアクセスランキング!今年熊本で熱かった話題はこれだ!!

2021.12.31

最高に楽しかった《人吉球磨復興モバイルスタンプラリー》メアリーのいきあたりばったり旅行記。

PR

2021.12.25

PUBLIC RELATIONS

最高に楽しかった《人吉球磨復興モバイルスタンプラリー》メアリーのいきあたりばったり旅行記。

PR

2021.12.25

年末恒例!ガソリンスタンド地獄の大渋滞にはまってるあなたに朗報&お年玉あげちゃう

2021.12.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal