*
とじる
*
とじる
*
とじる

真っ赤なのれんをくぐる勇気!城南のカレー屋「辛口カレー宮島」のカレーは辛口からしかない

ライター:山田 山田
キーワード:

城南町の国道266号沿いにあるカレー屋、「辛口カレー宮島」名前の通り、辛口カレーのお店。

メニューに「辛口カレー」しかないというなんとも珍しい辛口カレー専門店なんです。その辛さいかほどのものなのか、お邪魔してきました。


まず必要なのはのれんをくぐる勇気

まずはなんと言ってもこののれんが目に付きます。

こんなにでかでかと「辛口カレー」と書いてあると、入るのにだいぶ勇気いりません?辛いの好きの方にはたまらないんでしょうけど。

私は辛いのは苦手な方ですが、勇気を振り絞ってお邪魔してみました!

メニューは「辛口カレー」が基本

メニューを見ると、項目は「辛口カレー」と「SET」のみ。あとは、カツやハンバーグなどのトッピングが選べます。

甘口とか中辛なんて選択肢は、はなからありません。念の為にお店の方にも確認しましたが、辛口と…+100円でできる激辛しかないそうです。おーぅ。

ランチタイムには、お得なセットメニューや日替わりカレーもありました。

今回は日替わりカレーを注文しました。

記事的には激辛も頼んでみたいところでしたが、まずは王道である普通の辛口カレーで。

これは、どれくらいの辛さか調べるためで、決して激辛が嫌だったわけではありません。

具材の溶け込んだ旨味のあるカレー

こちらが日替わりカレー(税込650円)。この日は白身フライが乗っていました。

ゆで卵付きです。

具材が溶け込むまで煮込んでいるタイプでとろっとしています。

見た目は普通のカレーですが、辛口。どれだけ辛いのでしょうか。

ということで、ご飯と一緒にいただきます!

……。

……あ、食べられる。

ちょっとピリッとしましたが、辛いものが苦手な私でもスパイスの風味を楽しめるカレーでした!決して甘口とか中辛ではないのですが、しっかり素材の旨味を感じ、辛味もあります。

辛いのが好きな方は、激辛カレーにした方が良いかも知れません!

フライもサクッとあがっていて美味しくいただけました!今度はカツカレーとかも食べてみたい!

辛口カレーしかないけれど、美味しく食べれるお店

「辛口カレー宮島」は辛口カレーしかありませんが、辛いのが苦手な人でもスパイスを楽しめる、そんな辛さのカレー屋さんでした。

めちゃくちゃ辛いというわけではないので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

辛口カレー宮島

住所

〒861-4225 熊本県熊本市南区城南町東阿高1300−4

営業時間

11:00~21:00

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

たまにはゆっくりおばんざいで晩酌を!下通りにあるおばざいと小料理の店「梅と雲雀」で舌鼓

2021.08.01

中国料理店の酸辣湯麺は一味違う!東区戸島の「葉山亭」でジワッと辛いスープで汗をかく!

2021.07.31

カツカレーラーメンって何だよ!情報量が多すぎる近見のカレーとラーメンの店「天さんラーメン」

2021.07.30

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal