*
とじる
*
とじる
*
とじる

子飼商店街の「から王の唐揚げ」が移転…2軒隣に。

ライター:山田 山田

子飼商店街にある「から王の唐揚げ」。唐揚げ弁当250円とただでさえ安く買い物ができる子飼商店街の中でも指折りのコストパフォーマンスのお店で、お昼時には大行列ができるお店です。なんとその「から王の唐揚げ」が移転すると聞き足を運ぶと、2件隣に新しい店舗を準備されていました。近っ。


子飼商店街の人気店「から王の唐揚げ」気になる移転先は…

新しい「から王の唐揚げ」の店舗です。6月4月から営業開始するそう。場所はマルショク子飼店の隣です。

こちら、先日まで、旧店舗のあったマルショク子飼店の隣の店舗。すでに他のお店の看板が付いてました。

……お気づきでしょうか。

新店舗はマルショク子飼店の向かって左側。

旧店舗はマルショク子飼店の向かって右側。

移転先は、2軒隣。

……これ、移転する意味あります?

オーナーさんに話を聞くと、これまで店舗と作業場を別の建物に分けていたそうですが、1つの場所にまとめたそう。

メニューも今のところ変わらず、マルショクから出て右か左かの違いだけです」とのことでした。

美味しくてボリューム満点!それでいて安価な唐揚げ弁当に大行列!

これは、旧店舗でのある昼間の風景です。お弁当を買いに行ったら長蛇の列。近隣の方から大学生までずらーっと並んでいました。私もよく並んでいます。

お目当ては250円の「唐揚弁当」。唐揚げもご飯も大盛りにした「両方大盛弁当」でも330円というリーズナブルさです。

お昼のなると、いつも行列ができるので、もう子飼商店街の日常風景になっています!

新店舗は6月4日から!

新店舗での営業は6月4日から。メニューは変わりませんし、場所もほぼ変わりませんが、ちょっと広くなったお店での営業開始はちょっぴり楽しみです!

ボリューム満点でコスパも最高な唐揚げ弁当はおオススメですよ!!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の裏方。元地域経済誌記者やマーケティングのディレクターという経歴のガチ勢。将来の夢はヒモになること。 特技は睡眠で、朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

今だから話せる”寿屋” 懐かしいあのお店の話を創業者の寿崎肇さんに聞いてきた

2020.01.05

【受付終了】肥後ジャーナル福袋を抽選でプレゼント!「取材に来てくれる券」や特選グッズが盛りだくさん…?

2020.01.04

2019年の人気記事ベスト10を一挙紹介!今年のブームはアレ!!

2019.12.31

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

PUBLIC RELATIONS

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

ダムと発電所と私 菊池川水源の発電所や竜門ダムに特別に入れてもらった

2019.12.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal