*
とじる
*
とじる
*
とじる

子飼商店街の「から王の唐揚げ」が移転…2軒隣に。

ライター:山田 山田

子飼商店街にある「から王の唐揚げ」。唐揚げ弁当250円とただでさえ安く買い物ができる子飼商店街の中でも指折りのコストパフォーマンスのお店で、お昼時には大行列ができるお店です。なんとその「から王の唐揚げ」が移転すると聞き足を運ぶと、2件隣に新しい店舗を準備されていました。近っ。


子飼商店街の人気店「から王の唐揚げ」気になる移転先は…

新しい「から王の唐揚げ」の店舗です。6月4月から営業開始するそう。場所はマルショク子飼店の隣です。

こちら、先日まで、旧店舗のあったマルショク子飼店の隣の店舗。すでに他のお店の看板が付いてました。

……お気づきでしょうか。

新店舗はマルショク子飼店の向かって左側。

旧店舗はマルショク子飼店の向かって右側。

移転先は、2軒隣。

……これ、移転する意味あります?

オーナーさんに話を聞くと、これまで店舗と作業場を別の建物に分けていたそうですが、1つの場所にまとめたそう。

メニューも今のところ変わらず、マルショクから出て右か左かの違いだけです」とのことでした。

美味しくてボリューム満点!それでいて安価な唐揚げ弁当に大行列!

これは、旧店舗でのある昼間の風景です。お弁当を買いに行ったら長蛇の列。近隣の方から大学生までずらーっと並んでいました。私もよく並んでいます。

お目当ては250円の「唐揚弁当」。唐揚げもご飯も大盛りにした「両方大盛弁当」でも330円というリーズナブルさです。

お昼のなると、いつも行列ができるので、もう子飼商店街の日常風景になっています!

新店舗は6月4日から!

新店舗での営業は6月4日から。メニューは変わりませんし、場所もほぼ変わりませんが、ちょっと広くなったお店での営業開始はちょっぴり楽しみです!

ボリューム満点でコスパも最高な唐揚げ弁当はおオススメですよ!!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は睡眠で、朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

ほろほろの骨付き鶏もも肉がまるっと乗った「チャングプラント」のスパイシーなチキンレッグカレー

2021.01.28

そば湯が飲みたくて立ち寄った菊陽の「そば居食家 郷」で本格的な天ぷらとざるそばを食べてきた!

2021.01.24

水前寺駅前にあるキャンプ場みたいなcafe&bar「CAMPL」でバターチキンカレーを食べると非日常感を味わえた

2021.01.23

熊本県内2店舗目!「資さんうどん 戸島店」が2月11日オープン!

2021.01.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ぼっち「リアルすごろく」で大津町・南阿蘇村・高森町を回ったら熊本弁かるた貰った

2021.01.11

三十路子連れ女が車について考えてみた #8 中古車探しの最初の難関。“認定中古車”って一体なに。

2021.01.05

PUBLIC RELATIONS

ぼっち「リアルすごろく」で大津町・南阿蘇村・高森町を回ったら熊本弁かるた貰った

2021.01.11

三十路子連れ女が車について考えてみた #8 中古車探しの最初の難関。“認定中古車”って一体なに。

2021.01.05

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal