*
とじる
*
とじる
*
とじる

子飼商店街の「から王の唐揚げ」が移転…2軒隣に。

ライター:山田 山田

子飼商店街にある「から王の唐揚げ」。唐揚げ弁当250円とただでさえ安く買い物ができる子飼商店街の中でも指折りのコストパフォーマンスのお店で、お昼時には大行列ができるお店です。なんとその「から王の唐揚げ」が移転すると聞き足を運ぶと、2件隣に新しい店舗を準備されていました。近っ。


子飼商店街の人気店「から王の唐揚げ」気になる移転先は…

新しい「から王の唐揚げ」の店舗です。6月4月から営業開始するそう。場所はマルショク子飼店の隣です。

こちら、先日まで、旧店舗のあったマルショク子飼店の隣の店舗。すでに他のお店の看板が付いてました。

……お気づきでしょうか。

新店舗はマルショク子飼店の向かって左側。

旧店舗はマルショク子飼店の向かって右側。

移転先は、2軒隣。

……これ、移転する意味あります?

オーナーさんに話を聞くと、これまで店舗と作業場を別の建物に分けていたそうですが、1つの場所にまとめたそう。

メニューも今のところ変わらず、マルショクから出て右か左かの違いだけです」とのことでした。

美味しくてボリューム満点!それでいて安価な唐揚げ弁当に大行列!

これは、旧店舗でのある昼間の風景です。お弁当を買いに行ったら長蛇の列。近隣の方から大学生までずらーっと並んでいました。私もよく並んでいます。

お目当ては250円の「唐揚弁当」。唐揚げもご飯も大盛りにした「両方大盛弁当」でも330円というリーズナブルさです。

お昼のなると、いつも行列ができるので、もう子飼商店街の日常風景になっています!

新店舗は6月4日から!

新店舗での営業は6月4日から。メニューは変わりませんし、場所もほぼ変わりませんが、ちょっと広くなったお店での営業開始はちょっぴり楽しみです!

ボリューム満点でコスパも最高な唐揚げ弁当はおオススメですよ!!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の裏方。元地域経済誌記者やマーケティングのディレクターというガチ勢。将来の夢はヒモになること。

このライターが書いた他の記事

まさかの海外映画進出していた!最近見かけないパフォーマーの「ナニコレ?劇団」が今何してるのか聞いてきた

2019.08.24

9月14日限定で熊本県内のバス・電車が全部無料!

2019.08.20

穴場!城彩苑にある「ぎんなん」のランチビュッフェがコスパよし味よし!季節限定メニューも!

2019.08.19

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03