*
とじる
*
とじる
*
とじる

焼肉屋が昼間限定で始めたかき氷屋さん!水前寺の「きよのや」が作るふわふっわかき氷がたまらない!

ライター:山田 山田

暑い夏、かき氷って最高ですよね。近年、かき氷ブームで数々の創意工夫に富んだ絶品かき氷が増えていますが、今回新たにオープンしたのは鶏焼肉「清乃家」が昼間だけかき氷専門店として立ち上げた「きよのや」さん。抹茶をふんだんに使った「抹茶ティラミス」やパイナップルの皮に入った「まるごとパイン」など絶品揃いでした!


電車通りから入ってすぐ

「きよのや」は、電車通りを国府電停付近から入ったところ。熊本銀行水前寺支店の裏手にあります。

鶏焼肉のお店ですが、お昼の時間を活用して6月30日にオープンされました。

メニューは10種類ほどあり、どれもこれまでの料理人としての経験を生かして試行錯誤した力作ばかり。

見た目のインパクトが凄い「まるごとパイン」と「抹茶ティラミス」を注文してみました!

器がパイナップル!!!酸味がばっちり生かされた「まるごとパイン」

注文すると、手動でゴリゴリと氷を削って行きます。この際の絶妙な力加減で、ふわふっわのかき氷になるそうです。

覗き込むと、バッサリ両断されて果肉がくり抜かれたパイナップルの皮にどんどん氷が盛られていってました。

出てきました。とてつもなくパイナポー。

たっぷりソースが掛かって、パイナップルも添えられています。中にもソースが入っていますが、足りない時用に追加のソースまで添えられている嬉しさ。

写真ではなかなか伝えづらいのがもどかしくなるほどのふわふわ感。

氷は自家製のミルク氷。果実の酸味と喧嘩しないように、甘みを抑えているそうですが、さっぱりとしてて食べやすいんです。

これもかき氷!ふわふわの極地「抹茶ティラミス」

もう一つ気になったかき氷がこちら。「抹茶ティラミス」です。

これも立派なかき氷です。中にはちゃんと氷が入っています。

すくってみると分かるのですが、かき氷とクリーム、抹茶が交互に層になっているんです。

このクリーム、一工夫加えてふわふわにした特製のホイップクリームだそうで、確かにかき氷を食べているのに、本当にティラミスを食べているふわふわ感が味わえます。

溶け始めるとシェイクみたいになって、それも最高に美味しくいただけました。

「料理人ならではのかき氷」

かき氷屋さんが各地に増える中で、これまでの料理人の経験を生かした個性的なかき氷を作りたかったのだそう。

夜は鶏焼肉のお店に戻るので、かき氷は昼間限定。暑さが退く10月半ばまで営業していく予定で、旬の果物を使ったメニューの追加も検討されているそうです。

この夏は素材の旨味を生かしたふわふわのかき氷を、ぜひご賞味ください!

かき氷屋 きよのや

住所

〒862-0956 熊本県熊本市中央区水前寺公園1−5

営業時間

11:00~15:00(ラストオーダー14:30)

※夜は提供されません

定休日

月曜日+店主のお子さんのイベントがある日

電話番号 0963829800

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

阿蘇でスプーンが曲がる不思議 信じられないスプーン曲げに挑戦!!

2022.01.29

ミニサイズでもボリューミー!1月17日オープンの「カツカレーの虎」は通常サイズで1kg超えのボリューム感

2022.01.17

年始めのスイーツはぜんざいで!「くさは餅本舗」のぜんざいは草餅に甘酒にチーズと悩ましい!!

2022.01.05

あか牛丼食べ比べ!阿蘇をひたすら回ってあか牛丼を食べ比べてみた

2022.01.03

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

2021年肥後ジャーナルアクセスランキング!今年熊本で熱かった話題はこれだ!!

2021.12.31

最高に楽しかった《人吉球磨復興モバイルスタンプラリー》メアリーのいきあたりばったり旅行記。

PR

2021.12.25

PUBLIC RELATIONS

最高に楽しかった《人吉球磨復興モバイルスタンプラリー》メアリーのいきあたりばったり旅行記。

PR

2021.12.25

年末恒例!ガソリンスタンド地獄の大渋滞にはまってるあなたに朗報&お年玉あげちゃう

2021.12.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal