*
とじる
*
とじる
*
とじる

益城町を震災前より元気に!「クママルシェ」が5月13日(日)に開催!

ライター:山田 山田

益城町で「クママルシェ」開催!

5月13日(日・母の日)に、上益城郡益城町の益城ファーマーズヴィレッジ ファムで、益城町や県内各地のお店が出店する「クママルシェ」が開催されます!時間は10時から16時。

お店の出店だけでなく、益城町のダンススクールによるキッズダンスなどのイベントも開催!そしてくまモンも駆けつけて、イベントを盛り上げてくださるそうです!!

このクママルシェは益城町と熊本市に住む30代の母親たちが、益城町の復興を目的に結成した「しあわせの輪」が主催されているそう。

金銭的な支援ではなく、自分たちだからこそできる支援がしたい。考えた末に「益城の魅力を町の外へ発信して、震災前より活気のある、愛される町にしよう!」と活動してきたそうです。

益城の魅力を伝える「クママップ」を配布!

「しあわせの輪」のみなさんが、第一弾のプロジェクトとして進めているのが、益城のお出かけMAP「クママップ」。子連れで行けるお店や、美しい景色を伝えるビュースポット情報、さらには益城町に伝わる昔話まで、町の魅力を伝える情報がたっぷりつまった手作りの情報誌です。


昨年の9月から、約7カ月間、ママさんたちが、自分たちの足で「益城の良いところ」を調べてしっかりと取材したそうです。

そして、クママルシェでは、このクママップの完成お披露目会を兼ねて、会場内の事務局で無料配布するそうです。
「一人でも多くの方に、クママップをお渡ししたい。できれば顔を見て、益城町の話をしながら手渡したい」という思いから、マルシェ内で配布するそう。
「益城町の魅力を知っていただき、これからたくさん益城町にお出かけして欲しい」そんな思いがこもったクママルシェとクママップ。

震災から2年が経ち、県内も多くのエリアで復興が進んでいますが、益城町を含む被害の大きかった地域ではまだまだ道半ば。震災を忘れないためにも、そして復興を応援する意味でも5月13日は、クママルシェに足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

詳細はFacebookイベントページでも公開しているそうなので、こちらもぜひチェックしてください!!

もちろん、一番大切なのは、益城町を楽しむ気持ちですので、思いっきり楽しみましょう!!

■クママルシェ vol.1■

開催日時:2018年5月13日(日・母の日) 10:00〜16:00
※雨天決行・荒天中止
場所 益城ファーマーズヴィレッジ ファム
熊本県上益城郡益城町宮園804-1
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は睡眠で、朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

地魚がデカイし美味いしたまらない!津奈木町「かんなり」の地魚定食

2021.05.05

山の中をバイクで好き放題走れる!山都町の山奥にある「御所オートランド」に原付で行ってきた

2021.05.05

【熊本クイズ】この場所どーこだ?写真だけでどこなのか全部分かったら熊本マスター!

2021.05.04

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ファンシードールがコンシェルジュサービスを始めたって。【読者プレゼントあり】

2021.05.03

無人島で文明的ソロキャンプ!電気の力で無人島もめちゃくちゃ快適だった

2021.04.30

PUBLIC RELATIONS

ファンシードールがコンシェルジュサービスを始めたって。【読者プレゼントあり】

2021.05.03

無人島で文明的ソロキャンプ!電気の力で無人島もめちゃくちゃ快適だった

2021.04.30

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal