*
とじる
*
とじる
*
とじる

【プレゼント有り】どぎゃん!こぎゃん!そぎゃん!熊本弁Tシャツば着てしこってきたばい!

ライター:山田 山田

みんな大好き熊本弁。熊本弁で話すことはもうそれだけで郷土愛。そんな熊本弁を熊本のグラフィックデザイナー松永壮さんがTシャツにしているという話を聞いて、製作・販売を手掛けているアミッグセカンドを訪ねてきました!今回はなんと読者の皆様にも熊本弁Tシャツのプレゼントがありますよ!!


熊本弁Tシャツを求めて

こんにちは、肥後ジャーナルの山田です。みなさん、普段って方言で話しますか?

私はよく話すのですが、100%熊本弁で話しているつもりが、出身が長崎なので「熊本弁と長崎弁が混ざってる」と言われることが多々あります。熊本に骨を埋める覚悟ですので、必死に熊本弁について調べていると「熊本弁Tシャツ」なるものを作っているお店があると聞いて、中央区大江にある「AMIG 2nd(アミッグセカンド)」にやってまいりました。

熊本県立劇場の近くにあるオリジナルプリントウェアのお店です。カジュアルなセレクトショップみたいな雰囲気のお店です。

早速、お店で見てみると「DEKETA SHICO(でけたしこ)」とか「BATTEN」とか書かれた熊本弁Tシャツが並んでいました。

他にも「NARUGOTSU NARUKEN(なるごつなるけん)」なども。基本はECサイトでの通販が中心で、もっと種類があるそう。

なんか、外国人が好きそうな「忍者」みたいな感じで、もっとデカデカ「ばってん!!!」みたいな字が描いてあると思いきや、かなりおしゃれな熊本弁Tシャツです。

この熊本弁Tシャツは、こちらの「アミッグセカンド」の代表・金子さんと熊本のグラフィックデザイナー・松永壮さんがコラボして作り上げたもの。

松永壮さんは、県内の様々な企業のロゴなんかをデザインされているグラフィックデザイナーで、テレビやラジオ番組にも登場されています。FMクマモトで放送されている「空飛ぶクジラ」でご存知の方も多いのでは。

方言Tシャツって聞くと、もうちょっと雑なデザインのイメージでしたけど、めちゃくちゃカッコいいですね。

ありがとうございます。もともと、「熊本好きをアピールできるようなカッコいい熊本Tシャツを作りたいね」と松永さん話が盛り上がり、数あるご当地Tシャツのような似たりよったりのものではなくて、地方の特徴を出していきたいね、と方言にスポットライトを当てて作り上げました。最初は自分たちで楽しみながら作っていたのですが、やりたいことが増えてブランド化したんです。

ECサイトを見ると、かなり種類がありますね!何種類くらいあるんですか?

デザインだけでいうと30種類ほどですね、少しずつ種類も増やしていて、これからも増えていく予定です。……山田さんも着てみます??

着ます。…サイズがあれば。

キッズサイズからXXLまで!家族で楽しめる熊本弁Tシャツ

うおおおお!サイズぴったり!どうでしょう、似合ってますか?

お、いつもよりオシャレに見えますね(笑)。

あぎゃん!こぎゃん!そぎゃん!このさりげない熊本弁がオシャレにプリントされているのが素敵です!!私、Lとかだと入らないのでなかなか探すの大変なんですよ。

キッズサイズの90から、大人サイズのXXLまであるので家族でも着てもらえるんですよ。うちも家族全員で着ていますし、オリジナルTシャツを作りにきた女性のお客様が家族で揃えたいって購入されたこともあるんですよ。

ちょうどお店に金子さんの奥さんと娘さん。

「ZUNDARE(ずんだれ)」のTシャツを着ていますが全然ずんだれてない。めっちゃおしゃれ。

ラインナップに物申したいことがある

正直、方言Tシャツはじめ、ご当地Tシャツってネタ感出てしまって普段遣いしづらいイメージなのですが、これだったらいつでもどこでも着れます。仕事中でもいけそうですよね。

熊本が好きな人に着てもらって、故郷熊本を誇りに思ってほしい、そういう思いで作っています。もう無難な無地Tシャツや安牌なブランドTシャツなんて着てる場合じゃないんです。もちろん、そういった物もいいけれど、熊本のものを着てほしいですよね。

ブランド物って、どこでも買えますけど、熊本のものって熊本でしか手に入りませんもんね。

そうなんです。それを表現するのに、方言ってベストなんです。

しかし、一つだけ文句を言いたいことがあります。

なんでしょう。

ぎゃん行ってぎゃん行ってぎゃんTシャツが無いんですよ!!この前記事にしたらめちゃくちゃ反響あったんです。あればぜひ着てやりたかった。

そのアイディアもらいます!!冬場には熊本弁のスウェットなども作っていく予定なので、もっと数も増やしていきたいんですよね。なんなら熊本弁Tシャツプレゼントするので読者の方にも

募集しましょう。

ということで…

身近な熊本弁がオシャレに着こなせる「熊本弁Tシャツ」。毎月新作を追加しているそうで、どんな熊本弁が欲しいのかアイディアも募集中。今回はお気に入りの熊本弁をリクエストしてくださった方から抽選で3名様に「熊本弁Tシャツ」をプレゼントいたします!!

熊本弁Tシャツのプレゼントに申し込む(8月24日締め切り)

※プレゼント申し込みは終了いたしました

抽選はいや!いますぐ欲しい!という方は、ECサイトですぐに購入できますので、こちらもぜひご覧ください!

眺めて見るだけでも楽しいですよ!

熊本弁Tシャツ「GOLD PINE」の通販サイトはこちら

AMIG 2nd(アミッグセカンド)

住所

〒862-0971 熊本県熊本市中央区大江3丁目7−5

営業時間

9:00~20:00(土曜日10:00~17:00)

定休日

日・祝

ホームページ

https://www.amig2nd.com/

電話番号 0963424418

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

海に鳥居があるならそこから入って参拝するのが当然だよね?永尾神社に海から参拝してきた

2021.09.17

「冷やしかしわそば」が美味しすぎる!暑い日にぴったり汁まで飲み干せるさっぱりそばを九品寺「川しま」で!

2021.09.15

こんな場所にお地蔵さん??洞窟の中にいる虚空蔵さんに会いに行ってきた

2021.09.14

ホットドッグ四ツ葉が9月18日から復活!一足先に試食させてもらったらおっちゃんの味だった

2021.09.14

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

PUBLIC RELATIONS

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal