*
とじる
*
とじる
*
とじる

【くまもとの巨木】宇土の林に立つご神木「栗崎の天神樟」

ライター:羽田さえ 羽田さえ
キーワード:

熊本県内各地に存在する、巨木の数々。

深い森の奥深くに、ちょっとした木立の中に、そして時にはぽつんと一本だけ立っている、さまざまな巨木を訪ねます。

今回は宇土市にあるクスノキ「栗崎の天神樟」を見てきました。


栗崎の天神樟って?

「栗崎の天神樟」はその名のとおり、宇土市栗崎町に立つクスノキ。

場所は宇土シティモールから車で5分ほどのところです。

Googleマップで「栗崎の天神樟」と入れたら、無事にたどり着けました。

宇土市のサイトにある観光情報ページには「栗崎公民館を利用(5台駐車可能)」して良い旨の記載があるので、栗崎公民館に車を停めました。

巨木があるのは公民館の道向かい。観音様の祠を左手に、さらに奥へと進んで行きます。

あじさいがほんのりハート型でした。かわいい。

鳥居の向こうに階段が続き、その先に立っているのが「栗崎の天神樟」です。

階段は苔むしているので、雨の後などは滑りやすくなります。ご注意くださいませ。

まさに御神木

階段を上りきると正面に立っているのが栗崎の天神樟です。静かな木立の中に佇んでいます。

高さは約27.5m、幹の周りは約12.3m。昭和44年に県指定天然記念物に指定されました。

樹齢はおよそ400年以上と伝えられています。枝が大きく左右に広がり、東西33mもあるのだとか。
たった1本の木だけれど、森のような広がりがあります。

手前に小さな祠のようなものがありますが、一般的な神社にあるような拝殿や本殿のような建物はありません。

クスノキはまさにご神木、いや神様そのものなのかも。

幹は下の方から三つに枝分かれしています。大きく広がっているのはそのためかも。

三柱の神、という雰囲気。

巨木って基本的にはどれも人智を超える存在!という感じがするものだけれど、このクスノキは特に神秘的な雰囲気がありました。

「打越の天神樟」にも寄ってみました

ちなみに栗崎の天神樟から車で3、4分のところに、もう一つの巨木「打越の天神樟」があります。

突如として天神樟の多発地帯のようなので、クスノキ好きの皆様ぜひどうぞ。どちらもかっこいいです。

こちらは高さ約22メートルですから、栗崎に比べて一回り小ぶり。

それでも樹勢は良く枝ぶりも良い木で、見応えは充分です。合わせて訪ねるのもおすすめですよ。

*ご紹介する巨木は各自治体で天然記念物や文化財に指定されているもののほか、地元の人たちに長く大切にされてきた木ばかりです。
無理に登る、枝を折るなどの行為で木をいためることのないよう、お願いいたします。

栗崎の天神樟

所在地

宇土市栗崎町

ウェブサイト

https://www.city.uto.lg.jp/utomonogatari/q/aview/8/557.html

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

羽田さえ

羽田さえ

県外出身、1970年代生まれのライター。専門分野は旅行関係。巨木、仏像、おいしいもの、レトロなもの、じわじわくるB級系などが好きです。

このライターが書いた他の記事

【くまもとの巨木】大津町役場を見守り続ける巨木!新庁舎そばの大楠

2021.07.29

海の前の特等席「AKASE海岸」の貝汁とエビフライが控えめに言って最高だった

2021.07.26

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal