*
とじる
*
とじる
*
とじる

【球磨郡球磨村】3億年の神秘が目の前に!リニューアルした「球泉洞」に行ってきた!

ライター:川上 川上
キーワード:

こんにちは。川上です。

肥後ジャーナルでたびたび登場する球磨郡球磨村の「球泉洞」

「球泉洞」が“恋人の聖地”に認定!熊本県内で3件目!

球磨村の山あいに突如現れた宮殿。7つのドームを探す謎ミッションにオラわくわくしてきたぞ!

令和2年7月4日に発生した豪雨の影響で休業。昨年、1年9ヶ月ぶりにリニューアルオープンしました。さらに、今年の4月には新たにアウトドアグッズの店舗もオープン!

遅ればせながらリニューアルした「球泉洞」へ行ってきました!


リニューアルした球磨郡球磨村「球泉洞」

本日は球磨郡球磨村にある「球泉洞」にいます。改めてこんにちは。

肥後ジャーナルで最後にご紹介してから約4年、リニューアルオープンされてから初の訪問です。

「球泉洞」の目玉となる鍾乳洞は、九州本土では最大級の大きさ。リニューアルの際に鍾乳洞内の照明も少し変更し、以前と比べて雰囲気が変わっているそう。

「球泉洞」はとても広く、敷地内には鍾乳洞以外にも大きなショッピングスポットがあります。熊本豪雨の際には、この施設も被害を受けたそうです。こちらも大幅にリニューアルされました。

地球の神秘が目の前に!鍾乳洞を探検!

まずは、鍾乳洞から行ってきます!

実は、鍾乳洞の中へ入るのは初めてなのでどきどき。

まず、長いトンネルを進みます。

暗い!

怖がりなのでひとりだとちょっと不安になり、恐る恐る進みます。

そして、涼しい!

この日は暑かったので何も考えずに半袖だったんですが、ちょっと寒いほど。鍾乳洞の温度は一定で、1年中16℃なんだそうです。

しばらく歩くと鍾乳洞の入口に到着。

めっちゃ神秘的

まるでテーマパークのアトラクションのようですが、これがホンモノだと思うとなんだか不思議な気持ちになります。

もう気分は探検家。早速、探検していきたいと思います!

言葉が出てこないくらいの迫力です。

この鍾乳洞は3億年前の地層からできてるんですって。3億年って…想像がつかない。

その時代は、まだ日本も大陸から離れる前。ハワイでできた石灰岩が太平洋プレートに乗って流れてきたそうです。その後、日本が大陸から離れたタイミングでついてきてこの鍾乳洞になったんだとか。

ってことは、ここはハワイってことでOK?

炭酸ガスが溶けた雨水が石灰岩に流れ込み、数十万年かけて石灰岩を溶かしたことで鍾乳洞になったそうです。雨水は、その後球磨川に流入しました。つまり、ハワイと球磨の自然の恵みによって完成したということですね!なんだかロマンを感じます。

鍾乳洞の中には、天然でできた石橋も。え?なんで?もう神秘的が過ぎる。

鍾乳洞のスポットには説明があるので、専門的なことを知らなくても楽しめます。

鍾乳石にもそれぞれ名称が付けられていました。なにが違うんだろう?と聞いたところ、原料は同じ石灰岩でも、場所や状況によって形成の過程が異なるため名称が変わるそう。

説明を聞いて理屈は分かるんですよ。でも現実離れした空間を目の前にすると、異次元を探検しているかのような気分になります。

とにかく自然の神秘って凄い!

往復1kmの大冒険でした!これだけでもとても広く感じましたが、今回のルートは球泉洞にある鍾乳洞のほんの10%くらいだそうです。

ほんとはもっと広く、色々な鍾乳石があるそうです。もっと奥まで見れる『探検コース』もありますが、こちらは専任のスタッフさんがいる場合のみ参加できます。タイミングが合えば、ぜひこちらも参加したいですね!

球泉洞の鍾乳石の種類はとても多く、日本でも1番だそうです。さらに、1年に1回調査が行われていて、今後も新しいものが発見される可能性が高いとのこと。もしかしたら、数年後にはもっと色んなものが見れるようになるのかもしれませんね。

鍾乳洞見学のあとは食事にお買い物に…

球泉洞は鍾乳洞以外にも色々楽しめるので、こちらもご紹介します!

食堂『幸盛亭』

まずは、食堂『幸盛亭』。こちらは球泉洞リニューアルより前の令和3年5月にオープンした食堂です。

豪雨災害の復旧作業や支援をしてくださった方々に、温かい食事を提供したいとオープンされました。人気メニューは野菜たっぷりのちゃんぽんだそうです。

地域の食や特産品『フレンドアンテナショップ』

敷地内の端にある建物は、地元の企業が連携して球磨地域の特産品を販売しているアンテナショップ

お酒やお菓子、工芸品に加えて、球泉洞オリジナルのドレッシングやサイダー、ラスクもあります。

食パンとはちみつの専門店『ひなた』

『幸盛亭』の隣にある建物、森の香房の中には3店舗が入っています。

建物の外まで良い香りが届く、食パンとはちみつの専門店『ひなた』

リニューアル前にあった『森のパン屋』の人気メニューの食パンをブラッシュアップした食パン2種類と、球磨村で作られたはちみつが購入できます。

ひなたの食パン800円

私も食パンを頂きました!

ふわっふわの食パンは、小麦の甘い香りがたまりません。耳まで柔らかく、噛めば噛むほど甘みを感じます。ほんのり塩味も感じられてお食事用としてもおすすめです。

ソフトクリームCafé『花香房』

こちらは『ひなた』の向かいにあるソフトクリームCafé『花香房』

球泉洞オリジナルのソフトクリームや、鹿児島にある伊佐牧場の牛乳を使ったソフトクリームに加え、季節限定スイーツがあります。

お店の奥には、季節の花々を楽しめる花のテラスもあります。こちらで食べることも可能。コクのあるミルクとキャラメルが濃厚ながら口当たりはさっぱりしたソフトクリームは要チェックです。

2023年4月1日オープン『森の香房 モンベルコーナー』

最後にオープンしたのがこちらの『森の香房 モンベルコーナー』

こちらにも球泉洞のオリジナルグッズが販売されています。

イチオシはTシャツだそうですよ。デザインが可愛いので普段も着れそうです。

リニューアルした球泉洞

リニューアルした「球泉洞」。神秘的な鍾乳洞に、バラエティー豊かなショップなど色んな楽しみができるスポットでした。

特に鍾乳洞は、実際に目で見て迫力を感じて頂きたい!ぜひ、お休み日に遊びに行ってみて下さいね!

球泉洞

住所

熊本県球磨郡球磨村大字大瀬1121番地

営業時間

9:00〜17:00

※16:45までの受付

定休日

7月26日~11月末まで無休
※12月~5月末までは水曜日が定休日

ホームページ

https://kyusendo.jp/

Facebook

https://www.facebook.com/kyusendo320080/

Instagram

https://www.instagram.com/kyusendo/

電話番号 0966-32-0080

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

【サクラチル】開花宣言はするけど落花宣言はしないので肥後ジャーナルがやれば初になるかもしれない。想像をはるかに超えた境地に行き着いてしまった。

2024.05.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

【熊本市中央区】歩行者専用信号の赤信号が残り半分だった場合、待つか地下に行くかどっちが早いか検証【鶴屋前】

2024.05.06

PUBLIC RELATIONS

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal