*
とじる
*
とじる
*
とじる

【ネコニハナタバしんしがい店】ネコ好きのご主人と県内のハンドメイド作家さんと共に築いた雑貨屋さんはほっこり素敵空間だった【熊本・ドライフラワー】

ライター:次郎 次郎

こんにちは、次郎です。

今回は街中で出会ったお店のお話。

この日は熊本では珍しく雨模様。空にはずっしりと雲がかかっていました。

晴れ続きも良いけど、たまに降る雨も良いですね。

そんな時こそ、傘をささなくて良い場所を歩きがちなんですが、そこで出会ったお店がネコとドライフラワーと雑貨のお店。

入店してみると、その素敵な世界観と作品たち、心が暖かくなるご主人のお店の話がきけました。


新市街アーケードに構えるドライフラワーと雑貨のお店

サクラマチ方向へ歩いてたら右手(セブンイレブンの真向かい)にあるのが今回のお店。


こちらはネコニハナタバしんしがい店。去年の11/23にオープンしたとのこと。

本店は南区にあります。

https://www.instagram.com/nekonihanataba77/

ベージュを基調としたお外観にこのゆるふわなフォントとイラストが可愛いの暴力。。。。

少なくともこの系統のお店は新市街には無かったよね。

入口付近にはいたるところにネコの置物がたくさん。

「こ、、、、、これは誘っているのか??」

そう認識した僕は入店を決意したのでした。

ジブリの世界ような素敵空間が広がる店内と作品の数々

男一人で多少心細いのですが、「いやいやそれは他人の目を気にし過ぎ、、、気になるなら動かないと勿体無い、、、」という自己暗示をしつつ、いざ入店。

わ〜〜〜〜〜!!!

すみません、でも本当に語彙力が溶けてしまいます、、、、

ジブリのオルゴール曲が控えめに響きわたる店内と、この雑貨とネコとドライフラワーに包まれた空間との相性は抜群。。

こちらは大きく2つのカテゴリーで商品(作品)を取り揃えています。

まず、ドライフラワー達。

色合いや、どの種類の花を使っているかで、季節感や雰囲気が結構変わるんだなぁ〜という気づきがありました


そうそう!!!こういう写真大好きなんですよ〜!!!!!

ドライフラワーを持つだけで一気にインスタグラマーらしいエモい写真になったり、

部屋に飾ることで日々の生活に彩を与えてくれます。

生花と違って管理がしやすいのも嬉しいよね。

卒業シーズン、頭物が華やかになる提案がここに。

(そっか、もうそんな季節なのか、、、、時間が経つのは本当に早いですね、、、)

その他色んな記念日にも大活躍すること間違いないですね。

お店の奥には階段があり、登っていくと、、、

さらに沢山の種類のドライフラワー達が!

花瓶も沢山あるニャ!

こちら2階ではワークショップも不定期で行っているということで、2000円でオリジナルのドライフラワー作品を作ることができるんだって!(開催日はインスタグラムでチェック!)

1階とはまた違って、この作業台の状態含めアトリエみたいな感じがしてエモいです。

作り方わからない!イメージができない!そんな方でも丁寧にお店のご主人が教えてくれるから安心してくださいね。

次に県内で活動する色んなハンドメイド作家さんによる作品たち、

マルシェとか期間限定で出店している光景は街中でもよくみるんだけど

個人作家さんの作品が通年置いているお店が新市街にできたのは珍しいよね。

こちらでは展示販売だけではなく、定期的に色んな作家さんとコミュニケーションができるように、来店イベントも開催しているんだって!

実を言うと、この日に来ていた作家さんも以前記事にさせていただいたカタルコーヒーさんに置いていた作品の作家さん(poco mossoさん)がいらっしゃってるとのことで店外に掲示があり感動して入店したのもあります。

「一方的に知っています!!!ありがとうございます!」と思わず声かけました。うれしい(泣)

あれ、、、??「革ったヤツはみんなトモダチ」、、、この作家さんはもしや、、、、、??

こちらもまた以前記事にさせていただいたGood食堂さんで飾られていた作家さんの作品でした!

知っている作家さんが2つもここで繋がるなんて、、、、!

推しに沿ったデザインも考えて頂けたりするのも

いやぁ、、、、これは嬉しい。。。。

それら数々の作品やドライフラワー達を紹介してくれているかのように店内色んな場所に顔を出すネコ達。。。

は〜〜〜〜〜〜〜(語彙力が溶ける音)

まとめ

このお店の名前の由来について訊いたところ、

八代でバラ園を育ていて、そこに野良猫がいっぱい住み着いていること。

それに加えてご主人がネコ好きであることから、

”ネコとバラを育てている”=”ネコニハナタバ”

という名前にしたんだって!

名前も可愛いし、名付けた経緯も凄く良い、、、

保護ネコ活動をしている団体の方の商品や、こちらのネココーヒーは障害者施設の方で作ったものをこうやってパッケージして置いているとのこと!

でも、その旨について店内のどこにも載せていないところに店主の温かみを感じ取ることができました。

南区の本店やマルシェがきっかけで知り合った作家さん達と共に作ったこちらのお店。

このように店内で制作活動ができ、来店された方にもその活動がみられる、

色んな依頼に柔軟に対応する環境が整っていてとっても素敵な発想だと思いました。

配置でいうと、お店入り口にその作業スペースを設けているところにその”想い”が感じ取れて凄く大好きです。

取材中も多くのお客さんが来店して活気づいていたネコ二ハナタバさん、2023年これからどのように盛り上がっていくかとても楽しみです!

ありがとうございました。また来ます!!

ネコニハナタバ しんしがい店

住所

〒860-0803 熊本県熊本市中央区新市街1-20

営業日時

11:00~19:00 

Instagram

https://www.instagram.com/nekonihanataba_s/

ライター紹介

次郎

次郎

熊本出身。写真撮影が趣味で、カメラマン業もやってます。おしゃれで可愛いカフェや、色んな街を巡り交流することが大好きです。

このライターが書いた他の記事

【クリスマスマーケット熊本】12月!煌めく熊本駅広場で出会ったおしゃれな人達を撮ってインタビューしてみたんだけど幸せな気持ちになった!【ストリートスナップ】

2022.12.24

【カタルコーヒー】コンテナタイプの小さなカフェ。ドライフラワーと田んぼを眺めながらいただくコーヒーは至福の時間でした【熊本・八代】

2022.12.19

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

PUBLIC RELATIONS

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal