*
とじる
*
とじる
*
とじる

【くまもとの巨木】阿蘇のパワースポット!?高森殿の杉

ライター:羽田さえ 羽田さえ

熊本県内各地に存在する、巨木の数々。
深い森の奥深くに、ちょっとした木立の中に、そして時にはぽつんと一本だけ立っている、さまざまな巨木を訪ねます。

今回は阿蘇郡高森町にある高森殿の杉(たかもりどんのすぎ)です。
テレビや雑誌でも紹介され、縁結びの効果があるパワースポットとして評判の木です。

巨木好きなら一度は見たい殿の杉。ともかく出かけてみました。


高森殿の杉への行き方

高森殿の杉があるのは高森町高森、南外輪山の中腹です。Googleマップも対応しています。
高千穂方面に向かう265号線の「高森町村山」交差点の脇にある小さな道を左折します。
看板が出ているので見逃さないように!

駐車場に車を停め、歩いて向かいます。

辺り一帯は放牧地のため、注意書きが掲示されています。
もし禁止事項にあてはまる場合は、立ち入らないようにしましょう。

と、さっそく駐車場の裏手に牛さんを発見。微妙に目線くれました。

入口は牛さんが出られないような作りです。消毒液も置かれています。

上り坂を200メートルほど進むと、左手に大きな杉の木立があります。

ここから下りていきます。

それほど険しい道ではありませんが、段差があり木の葉や枝なども落ちています。
すべらないようご注意を。

高森殿の杉とご対面!

見えました。天然記念物、高森殿の杉です。

幹の周りが10メートルを超える、一対の大きな杉です。

全景を写真におさめたい場合は、広角レンズがあったほうが良いかもしれません。

樹齢は400年超。凛とした美しさと力強さをあわせ持っています。

静けさの中に強い生命力、あるいは意志のようなものを感じます。

土に向かってうねうねと伸びる枝もダイナミック!
パワースポットかどうかは分かりませんが、ずっと眺めていたくなる不思議な木です。

角度によって表情が全く変わるので、お気に入りスポットを探してみてくださいね。

見上げても、てっぺんまで写真におさめるのは苦労します。まさに巨木。

まとめ

高森殿の杉は、独特のフォルムが美しい、静寂の中にも躍動感のある巨木でした。

牛さんのほか雄大な山なみなど、周辺に広がる阿蘇の美しい風景とあわせて楽しめますよ。

阿蘇エリアは熊本市内などの平野部に比べて気温がぐっと低くなります。
冬場は暖かくしてお出かけください。

*ご紹介する巨木は各自治体で天然記念物や文化財に指定されているもののほか、地元の人たちに長く大切にされてきた木ばかりです。
無理に登る、枝を折るなどの行為で木をいためることのないよう、お願いいたします。

高森殿の杉(たかもりどんのすぎ)

所在地

熊本県阿蘇郡高森町高森3341-1

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

羽田さえ

羽田さえ

1970年代生まれのトラベルライター。結婚を機に熊本へ移住し、普段は中央区をうろうろしています。おいしいもの、レトロなもの、じわじわくるB級系も好き。

このライターが書いた他の記事

【熊本プチ歴史散歩3】玉名市・高瀬地区で菊池川の水運の歴史をたどる

2020.01.27

【くまもとの巨木】大津町「天神森の椋」は冬でもかっこいい椋の巨木

2020.01.06

【くまもとの巨木】阿蘇のパワースポット!?高森殿の杉

2019.12.15

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

PUBLIC RELATIONS

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

ダムと発電所と私 菊池川水源の発電所や竜門ダムに特別に入れてもらった

2019.12.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal